症例写真

鼻の穴の内側から外側の途中にかけて切除するデザインで小鼻縮小した症例写真

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、小鼻が横に広がっていて、鼻の穴が大きいのが悩みとのことで来院されました。
また、正面から見て、鼻の穴が目立つのも悩みとのことでした。
診察させていただいたところ、確かに小鼻が大きく、横に広がり気味でした。
カウンセリングでコンピューターシミュレーションし、話し合った結果、小鼻(鼻翼)縮小手術をすることになりました。
術式は、鼻の穴の内側から鼻翼の外側の途中にかけて余分な皮膚と皮下組織を切除するデザインで行いました。
最大幅は約6mmずつで余分な皮膚と皮下組織を切除して、吸収糸(溶ける糸)で皮下組織を中縫い縫合した後、皮膚の表面を青色透明のナイロン糸(非吸収糸)で丁寧に縫合しました。
術後は、広がっていた小鼻が内側に入り込み、鼻の穴が小さくなりました。
また、正面から見て鼻の穴が目立たなくなり、患者様には大変満足していただきました。
小鼻の外側を上の方まで切ってしまうと、傷跡が非常に目立ってしまいます。
そのため、鼻の穴の内側から小鼻の外側の途中までの切開で行い、傷跡はほとんど目立たない状態になりました。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

■術後の経過:正面

手術前
手術前です。
鼻の穴の内側から外側の途中にかけて余分な皮膚と組織を切除するデザインで小鼻(鼻翼)縮小手術をすることになりました。
手術直後
手術直後です。
吸収糸(溶ける糸)で中縫いした後、青色透明のナイロン糸で表の皮膚を縫合しています。
6日後
6日後です。
抜糸をしました。
抜糸した直後は傷跡がやや赤いですが、近くでジロジロ見られない限りはそれほど目立ちません。
抜糸した翌日から傷跡を含めてメイクすることができます。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。
傷跡の赤みもほぼ完全に引いており、ほとんど目立ちません。

■術後の経過:下から

手術前
手術前です。
手術直後
手術直後です。
6日後
6日後です。
6ヶ月後
6ヶ月後です。

■術後の経過:斜め

手術前
手術前です。
手術直後
手術直後です。
6日後
6日後です。
6ヶ月後
6ヶ月後です。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

    ※効果には個人差があります。

    文字サイズ
    小 中 大