症例写真

2回に分けて切除縫縮した二の腕の入れ墨の症例写真

ビフォー・アフター

右腕

Before After(2回目手術後6ヶ月)

左腕

Before After
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の方で、二の腕にイニシャルの入れ墨が入っていました。
色は黒、赤、黄、緑が入っており、黒に関してはレーザー治療でもある程度薄くすることができるのですが、完全に消すことは不可能で、イニシャルの文字が読めなくなるほど薄くはできないし、赤、黄に関してはほとんどレーザーは効果がないので、外科的な治療をすることになりました。
外科的な治療は、切除縫縮、剥削、皮膚移植がありますが、この方の場合は二の腕の皮膚にある程度のゆとりがあり、2回に分ければ切除縫縮して1本の目立たない傷にすることが可能であったので、切除縫縮を選択しました。
外科的治療の中ではこの方法が最も目立たないので、切除縫縮できる方はなるべくこの方法でするようにしています。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
女性の二の腕にイニシャルの入れ墨が入っています。
2回に分けて切除縫縮することになりました。
1回目手術直後
1回目の手術直後です。
めいっぱい切除したところ、約8割切除することができました。
1回目手術後3ヶ月
1回目の手術後3ヶ月です。
3ヶ月で入れ墨の周囲の皮膚が伸びて、2回目の手術ができるくらいになりました。
2回目手術直後
2回目の手術直後です。
残りの入れ墨を全て切除することができました。
2回目手術後6ヶ月
2回目の手術後6ヶ月です。
1本のあまり目立たない傷になりました。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大