症例写真

患者様の希望でかなり幅の広い平行型二重を作った症例写真

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、幅の広い平行型二重を希望されていました。
診察させていただいたところ、過去にアイプチやメザイクなどを繰り返し、まぶたに何本もシワができていましたが、二重のラインは安定せず、左右非対称の目になっていました。
患者様は、「不自然になってもいいので、できる限り二重の幅を広くしてください」というご要望でした。
とは言っても、あまり幅を広げ過ぎると、綺麗な二重のラインにならず、目頭側と目尻側のラインが途切れる中途半端な二重になってしまうので、ある程度二重のラインがはっきり出る最大限幅広い二重を作ることになりました。
手術は皮膚を切除せずに、二重まぶた全切開法で行いました。
眼窩内脂肪は適量切除し、ROOFは切除しませんでした。
術後は希望通りのかなり幅の広い平行型二重になり、患者様には大変満足していただきました。
私自身は、この幅広い平行型二重は不自然だと認識してるし、もっと狭く自然な二重を作るほうが良いと思っていますが、美的感覚というのは千差万別であり、このような二重が美しいという感覚の方もいるというのが現実です。
患者様が「絶対に後悔しない」とおっしゃる場合は、このような超幅広平行型二重を作ることもあります。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
患者様の希望で、かなり幅の広い平行型二重を二重まぶた全切開法で作ることになりました。
手術直後
手術直後です。
強い腫れがあります。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
1ヶ月後
1ヶ月後です。
まだ少し腫れていて、二重のラインの下の皮膚がぷっくりしています。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
完全に腫れは引きました。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大