ボディの施術について

乳頭縮小手術や陥没乳頭修正手術の後、いつから運動していいのか?

乳頭縮小手術や陥没乳頭修正手術希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、

いつから運動していいですか?

とご質問いただきます。

乳頭縮小手術や陥没乳頭修正手術をした後は、乳首に傷があり、細い糸で縫合された状態になっています。

創部が落ち着くまでの間は、乳首を擦られたりすると、痛みがあります。

また、手術して1週間くらいの間は、全身の血行が良くなるようなことをすると、創部の血流が良くなり過ぎて、痛みが出てくることがあります。

そのため、手術して1週間くらいの間はジョギングや激しい筋力トレーニングなどの、全身の血行が良くなる運動はしないのが無難です

1週間経過すれば、ある程度運動していただいて大丈夫ですが、1ヶ月くらいの間は、創部に負担がかからないように、乳首が強く圧迫されたり、擦られたりするよいたな運動は避けてください

症例写真
■乳頭縮小

Before After(4ヶ月後)
Before After(4ヶ月後)

■陥没乳頭

Before After
Before After

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大