顔の施術について

狭い二重のラインがある状態で手術によって二重の幅を広げると元の二重はどうなるか?

二重まぶたのカウンセリングのときによく、「元々、狭い二重のラインがあるのだけど、二重の手術をして二重の幅を広げると元の二重はどうなるか?」と質問されます。

元々の狭い二重が、天然のものか、埋没法によるものか、切開法(ミニ切開法あるいは全切開法)によるものかと、二重の幅を広げる場合に、埋没法で行うか、切開法(ミニ切開法あるいは全切開法)で行うかによって6通りパターンがあるのでまとめました。

天然の狭い二重を埋没法で広げる場合 目を閉じた状態の二重の幅で、少し(1~2mmくらい)広げる場合は、元の二重のラインはほとんどなくなることが多いが、それ以上広げる場合は、元のラインがなくなる場合と残る場合があり、残る場合は三重になることがあるが、それほど不自然になることはなく、満足する人が多い。
天然の狭い二重をミニ切開法あるいは全切開法で広げる場合 どれだけ広げるかに関わらず、元のラインはほとんどなくなることが多い。
埋没法による狭い二重を埋没法で広げる場合 目を閉じた状態の二重の幅で、少し(1~2mmくらい)広げる場合は、前の埋没の糸を取っても取らなくても元の二重のラインはほとんどなくなることが多いが、それ以上広げる場合は、前の埋没の糸を取れば元のラインは残らないことが多く、取らない場合は元のラインがなくなる場合と残る場合があり、残る場合は三重になることがあるが、それほど不自然にならないし、満足する人が多い。
前の埋没の糸を取る場合は、1年以内に当院で行った埋没は取れることが多いが、それ以上経っている場合や他院で行った埋没(特にS川美容外科)に関しては取れないことがある。
ただし、ミニ切開あるいは全切開すれば取れることが多い。
一般的に埋没の糸を取るのは、単に埋没法を行うよりも腫れることが多いので、2回目の埋没法のときでも1回目の埋没の糸は取らないことが多い。
埋没法による狭い二重をミニ切開法あるいは全切開法で広げる場合 どれだけ広げるか、埋没法の糸を取るか取らないかに関わらず、元のラインはほとんどなくなることが多い。
埋没法の糸は可能であれば取ってしまいます(無料)。
ミニ切開法あるいは全切開法による狭い二重を埋没法で広げる場合 これは元に戻りやすいのであまりお勧めではありません。
仮にやったとすると、目を閉じた状態の二重の幅で、少し(1~2mmくらい)広げる場合は、元の二重のラインはほとんどなくなることが多い。それ以上広げる場合は、元のラインがなくなる場合と残る場合があり、残る場合は三重になることが多い。
ミニ切開法あるいは全切開法による狭い二重を、ミニ切開法あるいは全切開法で広げる場合 どれだけ広げるかに関わらず、元のラインはほとんどなくなることが多い。
元の切開線の上を切開することになるが、元の切開線は目立たなくなることが多い。

以上のようにまとめましたが、これはあくまで幅を広げるのは高須クリニックでベテランの医師が正しい手術をした場合に関しての結果予想です。また、まぶたの厚み、元の二重の形、目の開き具合によって若干結果に個人差があり、全ての結果がこのようになるとは限りませんので、あくまで参考にしてください。

症例写真

■二重まぶた・埋没法

(1週間後)

もともと目を閉じた状態で6mmの二重があり、目を開けると1.5mmの幅の二重が見えていました。12mmの位置で埋没法で二重を作りました。

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

■二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)


(3ヶ月後)

元々、狭い平行型二重の方。埋没法でも幅の広い平行型はつくれるのですが、広い二重だと元に戻りやすいということと、切開した方がはっきりした二重になるので切開法を選択。それほどまぶたの腫れぼったさはなかったので、全切開法ではなく、よりダウンタイムの少ないミニ切開法で行いました。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大