顔の施術について

鼻や顎にシリコンプロテーゼを入れると、レントゲンやCT、MRIに写るのか?歯医者や人間ドック、脳ドックでバレるのか?

鼻や顎のシリコンプロテーゼ希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「鼻にシリコンプロテーゼを入れると、レントゲンに写りますか?」「鼻や顎にシリコンプロテーゼを入れた場合、歯医者さんでレントゲンを撮ったときに写りますか?」「私は毎年人間ドック(脳ドック)で頭のCTとMRIを撮るのですが、鼻や顎にシリコンプロテーゼが入っていると写りますか?」などとご質問いただきます。

私の答えは、「高性能のレントゲン、CT、MRIで、たまたまシリコンプロテーゼが入っている鼻や顎にターゲットを絞って撮影すれば、写る可能性はありますが、そのことによって、何かの病気の診断や治療の妨げになることはまずありません」です。

レントゲン、CT、MRIは、体の中の病気を調べるために、放射線や磁気を用い、体の中を写し出す装置です。シリコンは空気ではないので、高性能のレントゲン、CT、MRIでシリコンが入っている部位を撮影すれば、写る可能性はあります。逆にいえば、高性能ではないレントゲン、CT、MRIで撮影した場合や、シリコンプロテーゼが入っている鼻や顎がターゲットになっていなければ、写らない可能性があります。ただし、鼻や顎のシリコンプロテーゼが入っている部位にターゲットを絞ってレントゲン、CT、MRIを撮影することはそうそうありません(たまたま鼻や顎を強烈にぶつけて、救急病院で骨折疑いで撮影するときくらいです)。

歯医者さんで歯の治療をするときに撮影するレントゲンの場合は、通常の治療する歯にターゲットを絞って撮影するレントゲンの場合、シリコンプロテーゼは写りません。セファログラムなどの一部の特殊なレントゲン撮影の場合、シリコンプロテーゼが写る可能性はありますが、シリコンプロテーゼが写ることが診断や治療の妨げになることはまずありません。人間ドックで頭部のCTやMRIを撮影した場合は、顎のシリコンプロテーゼは撮影範囲内に入っていないので写ることはありません。鼻のシリコンプロテーゼはわずかに写る可能性はありますが、あくまで頭部をターゲットにして撮影しているので、気づかれないケースがほとんどです。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大