顔の施術について

鼻のL型シリコンプロテーゼ、鼻中隔延長手術のリスク、トラブル、鼻先が固定されて動かなくなる?!


他院で入れられていたL型シリコンプロテーゼ

鼻のL型シリコンプロテーゼや鼻中隔延長手術の欠点、リスク、副作用、トラブルの1つに、鼻先が固定されて、動かなくなるということがあります

本来、鼻というのは、上半分(眉間~鼻根部~鼻背の途中)は硬い骨でできており、下半分(鼻背の途中~鼻先)は軟らかい軟骨でできています

そのため、鼻先をつまめば横に動くし、指で鼻先を押し上げればブタ鼻になります

しかし、L型シリコンプロテーゼは、鼻根部~鼻背~鼻先~鼻柱まで入る一体型のプロテーゼであるため、鼻先が固定されてしまい、鼻先をつまんで横に動かしたり、指で押し上げてブタ鼻を作ることができなくなります
鼻中隔延長手術は、鼻中隔から鼻先までを、2枚重ねの耳介軟骨、肋軟骨、鼻中隔軟骨、死体軟骨、豚軟骨で固定させてしまうので、L型シリコンプロテーゼと同じように、鼻先をつまんで横に動かしたり、指で押し上げてブタ鼻を作ることができなくなります。そのため、L型シリコンプロテーゼを入れた人や、鼻中隔延長手術を受けた人は、笑ったり、表情を作っても、鼻先が上下に動かなくなり、やや人工的な不自然さがでてしまいます。

また、L型シリコンプロテーゼを入れた鼻や鼻中隔延長手術を受けた鼻の鼻先は、指でつまんだり、押しても動かないため、美容整形したことが見抜かれてしまいます(L型シリコンプロテーゼや鼻中隔延長手術をしているっぽい鼻の人がいたら、鼻先を弄ってみれば、素人でも一発で分かります)。鼻先が固定されて、鼻の美容整形をしたことがバレるのが嫌な人は、I型シリコンプロテーゼや鼻先の耳介軟骨移植をすることをおすすめします。

I型シリコンプロテーゼは鼻先までは入らないため、鼻先が固定されて動かなくなることはなく、鼻先の耳介軟骨移植は鼻先に耳介軟骨を置いて鼻先を出したり下に下げるだけなので(オンレイグラフト)、鼻先が固定されて動かなくなることはありません。

従来のL型プロテーゼ 鼻先の皮膚に負担がかかる。鼻先が上にあがってブタ鼻になりやすい。笑ったときに鼻先があがらないので不自然になる。 当院で使用しているI型プロテーゼ 皮膚に負担がかからない。ブタ鼻になりにくい。笑ったときに鼻先が自然にあがる。

症例写真
■L型シリコンプロテーゼをI型に入れ替え、耳介軟骨移植した症例写真


(6ヶ月後)


(6ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大