顔の施術について

目の上が窪んでいるいわゆる「窪み目」の人に、二重まぶた埋没法や切開法をすることは可能なのか?

二重まぶた埋没法、ミニ切開法(小切開法、部分切開法)、全切開法希望の患者様のカウンセリングをしていると、稀に極度に目の上が窪んでいる患者様に遭遇します。

極度に目の上が窪んでいると、二重まぶたの手術ができないことがあります

そもそも二重まぶたというのは、目を開けたときに、まぶたの皮膚が二重のラインで折れ曲がり、折れ曲がったラインの上の皮膚が被さることにより形成されます。

極度に目の上が窪んでいると、目を開けても、上まぶたの皮膚がどこも折れ曲がりません。

元々二重だった人でも、極度に痩せたり、加齢によって目の上が窪むと、二重のラインの上に被さるボリュームがなくなるため、皮膚が被さらず、二重ではなくなってしまうことがあります(ガイコツのような窪んだ目になってしまいます)。

そのため、極度に目の上が窪んでいる人に、二重まぶた埋没やミニ切開法、全切開法をして、二重のラインを形成しても、目を開けたときに、二重のラインの上に被さるボリュームがないため、二重まぶたになりません

そのような人には、ヒアルロン酸を注入して、目の上の窪みにボリュームを足すと、二重まぶたになりますが、その場合、ヒアルロン酸は2年くらいで大部分がなくなってしまうので、二重まぶたを維持するためには、定期的にヒアルロン酸を入れ続ける必要があります。

また、極度に目の上が窪んでおらず、夕方になると、まぶたのむくみが引いて、目の上が強く窪むタイプの人もいます

そのような人に、二重まぶた埋没法や切開法をすると、二重まぶたにはなりますが、夕方になると、目の上が窪んで、二重のラインが浅くなったり、二重ではなくなってしまうことがあります(次の日の朝には二重に戻ります)。

また、そのような人は、痩せたり、加齢によって更に目の上が窪むと、二重まぶたではなくなってしまうこともあります(ヒアルロン酸を注入するとまた二重になります)。

〈目の上が窪んでいる人の中には眼瞼下垂の人もいます〉

目の上が窪む原因には、

  • 遺伝的なもの
  • 骨格的なもの
  • 痩せて、目の上の脂肪が萎縮した場合
  • 老化により、目の上の脂肪が萎縮した場合

などがありますが、眼瞼下垂により、目の上が窪むこともあります。

眼瞼下垂になると、まぶたの開きが悪くなり、目と眉の間隔が広くなり、まぶたを開けようとして、無意識に眉を上げようとするので、更に目と眉の距離が広がります。

それが原因で目の上が窪むことがあり、その場合、眼瞼下垂手術をすると、窪みが解消し、二重まぶたになることがあります

ただし、目の上の窪みというのは、1つの原因だけではなく、複数の原因が重なっていることが多いので、窪んでいる原因が眼瞼下垂だけではなく、脂肪のボリュームが足りないこともあれば、二重まぶたにするために、ヒアルロン酸注射も必要になることもあります。

症例写真
■二重まぶた埋没法二針固定でタレ目気味の一重まぶたを目頭側もわずかに幅のある平行型っぽい二重にした症例写真の術前術後画像

Before After(目を開けた状態)
 
After(目を閉じた状態)
(3ヶ月後)

■二重まぶたミニ切開法で幅広めの平行型二重を作った症例写真

Before After(4ヶ月後)

■二重まぶた埋没法と同じラインで全切開法をした症例写真の術前術後画像

Before After(6ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大