顔の施術について

天然の一重まぶたと二重まぶたと奥二重の違い、埋没法や切開法で二重まぶたになる仕組みについて。

天然の一重まぶたと二重まぶたの違いと、埋没法や切開法で二重ができる仕組みについて解説させていただきます。

天然の一重まぶたと二重まぶたの違い

まぶたを開く動作は、まぶたの下部の淵にある瞼板(けんばん)という軟骨の板が、まぶたの上のほうから伸びている筋肉(上眼瞼挙筋とミューラー筋)とくっつき、その筋肉の収縮によって瞼板を引っ張ることで行われています

まぶたの断面の解剖図

筋肉が単純に一カ所で瞼板と接合しているだけのまぶたは、まぶたを開けるときに、まぶたが折れ込まれることがなく開くので、二重にはならず一重まぶたになります。

まぶたを開ける筋肉が瞼板に付着しているのみで、枝分かれして、まぶたの皮膚のほうにしっかりと延びていない場合 まぶたの皮膚は折れ曲がることなくまぶたが開くため、二重にはならず一重になる
一重まぶたのまぶた まぶたの皮膚が折れ曲がらず、一重まぶたになるため、まぶたの皮膚がまつ毛の生え際まで覆い被さり、まぶたの開きはあまり良くない

筋肉が瞼板に接合しているだけでなく、上眼瞼挙筋から伸びる挙筋腱膜が眼輪筋を貫き、皮膚とも接合していると、まぶたを開けるときにその部分の皮膚が引っ張られて折り畳まれるため、二重まぶたになります。

上眼瞼挙筋から移行する挙筋腱膜が枝分かれしてして伸び、まぶたの皮膚に付着しているまぶた まぶたを開くと、挙筋腱膜が付着している皮膚の部分も引っ張られるため、その部分の皮膚が折れ畳まれ、二重になる
二重まぶたのまぶた まぶたを開くと、皮膚が折れ畳まれて持ち上がるため、一重まぶたに比べると皮膚が覆い被さりにくく、その分、まぶたの開きが良くなり、黒目が大きく出る

また、二重まぶたでも、二重のラインが狭いと、まぶたを開けたときに皮膚が折れ込まれても、二重のラインの上の皮膚がまつ毛の生え際まで覆い被さり、二重のラインや幅が見えない、いわゆる奥二重になります。

二重の幅が狭いと、まぶたを開けた状態で、二重のラインの下の皮膚に全て覆い被さり、奥二重になる。それでも、完全な一重まぶたに比べれば、まぶたの開きは良くなる。
狭い二重のライン
奥二重になり、二重のラインは見えないが、完全な一重まぶたに比べればまぶたの開きは良く、黒目の見える面積も大きい

二重のラインがそれほど狭くなくても、まぶたの開きが極端に良いと、目を開けた状態で二重のラインや幅が見えず、奥二重になることがあります

まぶたの開きが良いと、一般的な幅の二重(目を閉じた状態で7mm程度)の二重でも、目を開けた状態で、二重のラインの下の皮膚に皮膚が覆い被さり、奥二重になる
一般的な目を閉じた状態で7mm程度の幅の二重でも、まぶたの開きが非常に良いと、
まぶたを開けた状態で、二重の幅が見えなくなり、奥二重になる

二重まぶたであっても、加齢などによってまぶたの皮膚のたるみが多い場合、目を開けた状態で皮膚が覆い被さり、奥二重になってしまうことがあります

加齢などにより、まぶたの皮膚のたるみが大量に覆い被さると、二重のラインがあっても、まぶたを開けた状態で、皮膚のたるみが覆い被さり、奥二重になってしまう
まぶたの皮膚のたるみが多いまぶた
二重のラインがあっても奥二重になってしまう

埋没法で二重まぶたになる仕組み

埋没法は、ナイロン製の細い糸をまぶたの中に埋め込むことにより、一重まぶたを二重まぶたにしたり、二重まぶたの幅を更に広げたりします。

まぶたの皮膚の表面から瞼板まで貫通させて、ループ状に糸を埋め込んで結ぶため、皮膚と瞼板が連結し、二重のラインができます

埋没法を行い、まぶたの皮膚と瞼板を埋没糸で連結すると、
まぶたを開けると、連結した部分が引き上げられるため、その部分が二重のラインになり、皮膚が折り畳まれ二重になる

切開法と違い、永久的で完全な癒着を起こすわけではないので、年月と共に糸が緩んでいき、二重のラインがなくなってしまうことがあります

まぶたは下のほう(まつ毛側)ほど薄く、上のほう(眉毛側)にいくにつれ厚くなっていきます

そのため、埋没法で幅の狭い二重のラインを作る場合は糸が緩みにくく、幅の広い二重を作る場合は糸が緩みやすく、元に戻りやすいです

まぶたの下のほうは脂肪組織が少なく薄いため、狭い幅のラインで埋没法を行うと、比較的糸が緩みにくく、二重のラインが戻りにくい まぶたの上のほうは脂肪組織が多く、厚いため、広い幅のラインで埋没法を行うと、比較的糸が緩みやすく、二重のラインが戻りやすい

また、糸を抜去すると、皮膚と瞼板の連結がなくなり、二重のラインがなくなることがほとんどです。

切開法で二重まぶたになる仕組み

二重まぶたミニ切開法(部分切開法、小切開法)や全切開法は、新しく作る二重のラインに沿って皮膚を切開し、二重のライン上の皮膚と挙筋腱膜~瞼板前結合組織~瞼板までの間を癒着によって連結させることにより、一重まぶたを二重にしたり、二重まぶたの幅を更に広げたりする方法です

作りたい二重のラインでまぶたの皮膚を切開し、そのライン上の皮膚を挙筋腱膜~瞼板前結合組織~瞼板までの間と癒着によって連結させることにより二重を作る
まぶたを開けると、切開線上の皮膚が一緒に引き上げられ、二重のラインになる

永久的な癒着を起こすため、埋没法のように二重のラインがなくなって元に戻ってしまうことは通常ありません
また、皮膚を切開するので、同時に余分な脂肪を除去することができます。

ミニ切開法(部分切開法、小切開法)の場合は、必要に応じて眼窩内脂肪を除去することができる
全切開法の場合は、必要に応じて眼窩内脂肪やROOFを切除することができる
ミニ切開法でも全切開法でも、切開したラインが癒着により二重になり、埋没法のように、二重のラインが外れて戻ることはない

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大