顔の施術について

平行型二重を末広型二重にするには?

元々平行型二重の人や、二重まぶた切開法や目頭切開で平行型二重を作った人に対して、手術で末広型二重にすることがときどきあります。その場合、目の中央や外側の二重の幅を変えないで末広型にする場合は、蒙古襞形成を行い、蒙古襞をつくれば、ほとんどのケースは可能です。ただし、蒙古襞形成で蒙古襞を作ると、若干目が離れる感じになるので、寄り目で目を離したい人には向いていますが、そうでない方には向いていないことがあります。

蒙古襞形成以外の方法では、二重のラインから下の皮膚を切除して、全体的にあるいは目頭部分だけの二重の幅を狭くすることによって、末広型をつくることがあります。ただし、この方法だけで末広型になるのは、ある程度蒙古襞があり、目頭側の二重の幅が極端に広くない人に限ります。

蒙古襞がない人や極端に目頭側の二重の幅が広い人は、蒙古襞形成あるいは蒙古襞形成+二重の幅を狭くする手術をする必要があります。

因みに、二重の幅を狭くするには、切開法で皮膚を切除すれば可能ですが、埋没法では不可能であることが多いです。

タイプ別:末広型二重の作り方
  • ■寄り目で目を離したい人
    目の中央や外側の二重の幅を変えないで末広型にする場合は、蒙古襞形成を行い、蒙古襞をつくる
  • ■ある程度蒙古襞があり、目頭側の二重の幅が極端に広くない人
    二重のラインから下の皮膚を切除して、全体的にあるいは目頭部分だけの二重の幅を狭くする
  • ■蒙古襞がない人や極端に目頭側の二重の幅が広い人
    蒙古襞形成あるいは蒙古襞形成+二重の幅を狭くする手術を行う

症例写真
■まぶた二重・ミニ切開法(部分切開)


ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大