肌(美容皮膚科)の施術について

元々色黒・地黒(ぢぐろ)の人を美白点滴などで色白にすることは可能なのか?

よくメールのお問い合わせなどで、「私は地黒なのが悩みなんですが、美白点滴などをして色白になることは可能ですか?」と御質問いただきます。私の答えは、「申し訳ありませんが不可能」です。

地黒の人は遺伝的に皮膚のメラニン色素の量が多いため肌が黒いです。美白点滴は皮膚のターンオーバー(新陳代謝)を促進し、シミやくすみを薄くしたりする効果はありますが、元々地黒の人を色白にすることはできません

美白点滴以外の治療でも残念ながら地黒の人を色白にすることはできません。ハイドロキノン軟膏を皮膚に塗り続ければ多少白くなる可能性はありますが、塗るのを止めれば戻るし、刺激のある薬なので、毎日全身に塗り続けるのは現実的ではありません。シミ取りレーザー(Qスイッチレーザー)やフォトフェイシャルなども、シミやくすみを薄くしたりすることはできますが、地黒の人を色白にすることはできません。結論を言うと、地黒の人を色白にすることは現実的に不可能です。しかし、悲しむことはありません。地黒の人は色白の人に比べ様々な利点があります

そもそも皮膚のメラニン色素は、皮膚細胞を紫外線から守る役割を持っているため、地黒の人は色白の人に比べ紫外線のダメージを受けにくいです。実際に有色人種はメラニン色素の少ない白人に比べ、皮膚癌になりにくいというデータもあります。また、地黒の人は元々メラニン色素が多いため、紫外線を浴びてもシミ、ソバカス、くすみが目立ちにくいです。逆に色白の人は紫外線のダメージを受けやすい上に、シミ、ソバカス、くすみが目立ちやすいため、紫外線対策を厳重にしなければなりません。また、黒は膨張色ではないため、肌が黒いと顔が小さく見えたり、腕、脚、ボディラインが細く見えます。ガングロギャル(死語)が日サロで必死になって全身を焼くのは、顔を小さく見せたり、身体を細く見せる目的もあるのだと思います。また、地黒の人の褐色の肌は、色白の人に比べ、健康的に見えることが多いです。

人間は欲の深い生き物なので、他人が持っていて自分が持っていないものを欲しがります。そのため、地黒の人は自分の持っていない色白の肌に憧れることがあります。色白の人は色白の魅力がありますが、褐色の肌の人には褐色の肌の魅力があるので、地黒の人は褐色の肌の美人を目指すのが良いと思います

美白 地黒

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大