特徴


Qスイッチレーザー施術風景

Qスイッチレーザーに使用する機器

レーザー(しみ・あざ)の特徴

年齢とともに、色が濃くなり、数も増えてくるシミ・そばかす。そして化粧品やエステではなかなか改善できないあざ。なんとかしたい色素による問題を、即効で解決したい人におススメなのが、『レーザー治療』です。改善したい色素の状態に合わせて調整できるQスイッチレーザーを用い、メラニン色素だけをピンポイントで破壊。周囲の正常な組織にダメージを与えることなく、シミやあざを確実に取り除く、非常に安全性の高い治療です。
治療は、気になる部分にQスイッチレーザーを照射するだけ。このとき、多少の刺激は感じますが、痛みは輪ゴムで肌を弾いているような程度。照射した部分はかさぶたになり、10日前後で自然に剥がれ、曇りのない白肌が蘇ります。
青・黒・茶褐色と、複雑に色素が絡み合った太田母斑(目の周囲の片側に現れることが多い斑で、思春期以降に発症する場合が多い)にも有効で、3ヶ月~半年程空けて数回照射を繰り返すと、他の皮膚と変わらない状態に近づいていきます。
治療部位は顔だけでなく、手の甲や腕なども可能です。

Qスイッチレーザー施術時のシミの推移

1.レーザーを照射します。

2.照射した直後は白くなります。

3.1週間くらいで黒いかさぶた状になります。

4.きれいなピンク色の肌になります。

5.その後、1~2ヶ月くらい一過性色素沈着を起こすことがあるので、予防的にブリーチングクリームを塗っていただきます。

6.きれいな肌色になります。その後はまたシミにならないように、紫外線予防をしましょう。

ページトップへ戻る

このような方に向いています

シミを薄くしたい(老人性色素斑など) そばかすが気になっている 青あざをなんとかしたい(異所性蒙古斑など) 太田母斑で悩んでいる 扁平母斑で悩んでいる 手のシミが気になる

ページトップへ戻る

症例写真

レーザー(しみ・あざ) シミをレーザーで治療


ページトップへ戻る

施術に関して

施術時間 3~5分
術後の通院 なし
術後の腫れ かさぶた1週間程度(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 可能
入院の必要性 なし
麻酔 クリーム麻酔

ページトップへ戻る

リスク・副作用・合併症について

■皮膚の発赤などについて

照射系治療(ウルセラ、サーマクール、サーマクールアイ、フォトフェイシャル、フォトRF、ポラリス、フラクセル、シミ取りレーザー、Qスイッチレーザー、アレックストライバンテージ、Vbeamレーザー、レーザー脱毛など)のリスク、副作用、合併症に、照射後の皮膚の発赤、ほてりがあります。
全ての人に生じるわけではありませんが、肌が弱い人や敏感肌の人に強いエネルギーで照射した場合に肌が赤くなり、ほてった感じになります。
その場合、照射後に保冷剤で肌を冷やしていただくと数分~数十分程度でほとんど赤みやほてりは引いてしまいます。
また、肌が強い人に関しては、ほとんど赤みやほてりが出ない場合もあります。

ページトップへ戻る

ドクターズボイス

高須英津子医師

これさえなければ…と鏡を見るたびにため息をついてしまう、シミやあざ。複雑に色素が絡み合っている太田母斑のようなあざも、数回のレーザー照射でほとんど他の皮膚と変わらないほどきれいにできます。高須クリニックでは、丁寧な照射で確実に改善していきますので、ぜひ曇りのない美しい素肌を取り戻してください。

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大