目尻切開

細くキツい目を、やさしさ溢れる印象に
顔全体のバランスまで良好に

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

垂れ目形成+目尻切開で目が一回り大きくなり、優しい目元になった症例写真

ビフォー・アフター

Before
After(3ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、つり目で目がややキツく見られるのが悩みでした。
また、目が小さいのも悩んでいらっしゃいました。
この方は、目と目の間隔がそれほど広くないため、目頭切開をすると、キツい目が強調されてしまうことがあるので、目尻切開で目を外側に広げ、同時にたれ目形成をすることになりました。
目尻切開はだいたい1.5mmくらい広げるのが限界なので、MAXまで広げ、たれ目形成は、外反(あかんべーの状態)しないように、約2mm下まぶたの外側を下げました。
たれ目形成と目尻切開を同時に行うと、たれ目形成を単独で行った場合に比べ、たれ目効果が大きくなります。
術後は目が一回り大きくなり、優しい印象の目になりました。

術後の経過

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。
ややつり目気味の目です。
たれ目形成と目尻切開をすることになりました。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。
CPFをタッキングした後、皮膚を約2.5mmの幅で切除し、細かく丁寧に縫合しました。

1週間後

高須幹弥医師からのコメント

1週間後です。
抜糸をしました。
やや内出血がありますが、あと1週間程度で消えます。
翌日からアイメイクができます。

3ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

3ヶ月後です。
ほぼ腫れは引いています。
目が一回り大きくなり、優しい目元になりました。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る