二重まぶた・全切開法

腫れぼったさも同時に解消
涼やかな二重を目指す人に

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

二重まぶた全切開法で、脂肪を除去して、幅が広すぎない自然な末広型二重を作った症例写真の術前術後画像

ビフォー・アフター

Before
After(目を開けた状態)
After(目を閉じた状態)
(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、ほぼ完全な一重まぶたで、まぶたの皮膚が被さることにより、目が細くなっていました。
また、一重まぶたで目が開きにくいため、無意識に眉を上げて目を見開こうとしており、目と眉の距離が長くなっていました。
患者様は、「自分に似合った自然で整形っぽくない二重にしてください」というご要望だったので、二重まぶた全切開法で、あまり二重の幅が広すぎない末広型二重を作ることになりました。
蒙古襞が平均的に張っているので、二重のラインが蒙古襞の中に入るようにまぶたの皮膚を切開し、皮膚の切除は行いませんでした。
目が窪まない程度に眼窩内脂肪を切除し、ROOFは切除しませんでした。
術後は幅が広すぎない自然な末広型二重になり、被さっていた皮膚が上がって目が開きやすくなりました。
また、開いていた目と眉の距離が近くなり、患者様には大変満足していただきました。
二重まぶたの手術をする場合、その人の目の状態により、一番自然で似合う二重のラインというのがあります。
この患者様は、平均的に蒙古襞が張っており、平均的にまぶたの皮膚の厚みがあるため、幅が広すぎない末広型二重が一番自然で似合っていました。
もし、この患者様に平行型二重やもっと幅の広い二重を作った場合、厚ぼったい二重になったり、二重のラインの下の皮膚がぷっくり膨らんで不自然になったり、目を閉じたときや伏し目になったときの傷跡が食い込んで不自然になったりします。

術後の経過

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。
二重まぶた全切開で、この患者に合った自然な二重を作ることになりました。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。
局所麻酔注射などの影響により強く腫れていますが、必ず引くので心配ありません。

1週間後

高須幹弥医師からのコメント

1週間後です。
抜糸をしました。
わずかに内出血がありますが、あと1週間くらいで消えるので心配ありません。

3週間後

高須幹弥医師からのコメント

3週間後です。
大きな腫れは引いていますが、二重のラインの下の皮膚がまだ少しぷっくりしています。

6ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後(目を開けた状態)です。
完全に腫れは引きました。
自然な末広型二重になりました。

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後(目を閉じた状態)です。
ほぼ完全に腫れは引きました。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る