症例写真

お腹回り全体から脂肪吸引し、バストに脂肪注入豊胸した症例写真

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

30代女性の患者様で、バストを大きくしたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、やや肥満体型でした。
肥満体型のわりにはバストは小ぶりで、少し膨らんでいる程度でした。
患者様は、シリコンバッグプロテーゼ豊胸手術やマンマリーヒアル(ヒアルロン酸豊胸)は望んでおらず、脂肪注入豊胸を希望されていました。
二の腕やお尻、太ももにはそれほど皮下脂肪はついていなかったのですが、お腹回り全体には比較的皮下脂肪がついていたので、お腹回り全体から脂肪吸引して、バストに脂肪注入することになりました。
女性特有の柔らかい皮膚の感触が適度に残り、皮膚の表面が凸凹したり、段差が残らない程度に、直径3mm三穴カニューラで、程よく皮下脂肪を残すように、上腹部、下腹部、ウエスト、わき腹、背中、腰から満遍なく脂肪吸引しました。
吸引した脂肪を専用の濾過器でフィルトレーションし、PRPなどの血液由来成長因子を残すように、余分な水分やトリグリセライドを除去した注入用濃縮脂肪を作り、左右のバストに100ccずつ注入しました。
注入する際は、注入した脂肪がしこりにならないように、乳腺下、乳腺組織間、皮下脂肪内に少量ずつ満遍なく、鈍的カニューラで注入しました。
術後6ヶ月の時点には、バストは1カップ弱程度大きくなり、自然な膨らみができました。
また、お腹回りが全体的に細くなって、ウエストがくびれ、スタイルが良くなりました。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

■術後の経過:正面

手術前
手術前です。
お腹回り全体(上腹部、下腹部、ウェスト、わき腹、背中、腰)から脂肪吸引し、バストに脂肪注入することになりました。
手術直後
手術直後です。
脂肪注入したバストも脂肪吸引したお腹回りも腫れていますが、腫れは必ず引くので心配ありません。
1週間後
1週間後です。
脂肪吸引部位と脂肪注入部位の抜糸をしました。
まだ内出血がありますが、あと1週間くらいでほとんど引くので心配ありません。
1ヶ月後
1ヶ月後です。
内出血は完全に引いていますが、バストもお腹回りもまだ少し腫れている状態です。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
バストもお腹回りもほぼ完全に腫れは引き、完成です。

■術後の経過:斜め

手術前
手術前です。
手術直後
手術直後です。
1週間後
1週間後です。
1ヶ月後
1ヶ月後です。
6ヶ月後
6ヶ月後です。

■術後の経過:背面

手術前
手術前です。
手術直後
手術直後です。
1週間後
1週間後です。
1ヶ月後
1ヶ月後です。
6ヶ月後
6ヶ月後です。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大