症例写真

垂れ下がった耳たぶを修正手術した症例写真

ビフォー・アフター
Before After(1ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、生まれつき両耳の耳たぶの付け根が下の方についており、耳の縦幅が長く、耳たぶが垂れ下がって見えるのが悩みでした。
手術は耳たぶの付け根を切開して上に移動させ、耳の縦の幅を短くします。
術式はV-Y縫縮法とZ形成法があるのですが、この方はV-Y縫縮法で行いました。
術後は耳たぶの付け根の位置が上がって綺麗なくびれができ、耳の縦幅も小さくなり、全体的に見てスマートな耳になりました。
耳の形に関する悩みというのは様々あり、悩んでいる方の苦悩は私達が思っている以上に大きなものであることが多いです。
高須クリニックでは可能な限り綺麗な耳を作るように常に努力しております。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
生まれつき両耳の耳たぶの付け根が下についており、垂れ下がって見えます。
手術直後
手術直後です。
手術は局所麻酔で40分くらい(両耳)で終わります。
細い糸で縫合して、1週間後に抜糸します。
1週間後
手術後1週間の抜糸直後です。
傷口は赤いですが、だんだん目立たなくなっていきます。
1ヶ月後
手術後1ヶ月です。
傷の赤みは大分目立たなくなりました。
あと6ヶ月経つと更に赤みが引いて目立たなくなります。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大