症例写真

耳たぶのくびれを手術で作った症例写真

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

30代女性の患者様で、生まれつき耳たぶが引っ張られたように下に伸びて、くびれがないのがお悩みでした。
手術は局所麻酔下にZ法で耳たぶの付け根を作る部分で皮膚を入れ換え、傷を縫合しました。
術後は耳たぶの付け根に程よいくびれができました。
耳たぶの付け根の下に傷が残りますが、時間と共に目立たなくなっていきます。
この方は生まれつきのタイプでしたが、稚拙なフェイスリフト手術を受けた後に、この方と同じように耳たぶが引っ張られたように下に伸びてしまう人もいます。
そのような人に対しては、まだたるみがある人にもう一度フェイスリフトを行うか、この症例と同じようにZ法などを行うことによって、耳たぶのくびれを作ることができます。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
Z法で耳たぶのくびれを作ることになりました。
手術直後
手術直後です。
細い糸で縫合してあります。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
1ヶ月後
1ヶ月後です。
腫れはほとんど引いていますが、多少傷が目立ちます。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
だいぶ傷が目立たなくなりました。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大