症例写真

二重まぶた埋没法をした後、ほぼ同じ幅、同じラインで全切開法をした症例写真の術前術後画像

ビフォー・アフター
Before After(目を開けた状態)
 
  After(目を閉じた状態)
(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、二重まぶた切開法を希望されていました。
この患者様は、数年前に二重まぶた埋没法を受けていましたが、だんだん埋没糸が緩んできて、ラインがはっきりしなくなってきていました。
緩みによって、眠たそうな目になっており、二重の幅の広さに左右差がでていました。
手術は二重まぶた全切開法に準じて行い、埋没法で留めていた位置とほぼ同じラインで切開し、左右差がでないように調節しました。
少しまぶたの脂肪が余分にあったので、眼窩内脂肪を適量切除し、ROOFもわずかに切除しました。
埋め込まれていた埋没法の糸は必要ないので、今後の不安を取り除くためにも全て除去しました。
皮膚の切除はしませんでした。
術後は、目を開けた状態で少し二重の幅が見える程度の自然な二重まぶたになり、左右差もなくなって、はっきりとした印象の末広型二重になりました。
幅の広すぎない二重であるため、まつ毛の生え際に皮膚が被さって隠れることなく、まつ毛の生え際が見える自然な二重です。
埋没法で作った二重のように、糸が緩んで二重のラインがはっきりしなくなったり、幅が狭くなる心配もなくなり、患者様には大変満足していただきました。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
以前に二重まぶた埋没法をしています。
糸が緩んできて、二重のラインがはっきりしなくなり、幅の広さに左右差が出てきました。
埋没法で留めたラインとほぼ同じ位置で二重まぶた全切開法をすることになりました。
手術直後
目を開けた状態
手術直後(目を開けた状態)です。
局所麻酔注射の影響などにより強く腫れていますが、必ず引くので心配ありません。

目を閉じた状態
手術直後(目を閉じた状態)です。
細い青色透明ナイロン糸で縫合しています。
1週間後
目を開けた状態
1週間後(目を開けた状態)です。
抜糸をしました。

目を閉じた状態
1週間後(目を閉じた状態)です。
2週間後
目を開けた状態
2週間後(目を開けた状態)です。
大きな腫れは引いています。

目を閉じた状態
2週間後(目を閉じた状態)です。
まだ傷跡が食い込んで赤いです。
1ヶ月後
目を開けた状態
1ヶ月後(目を開けた状態)です。
だいぶ腫れは引きました。

目を閉じた状態
1ヶ月後(目を閉じた状態)です。
だいぶ傷跡の赤みが目立たなくなってきました。
6ヶ月後
目を開けた状態
6ヶ月後(目を開けた状態)です。
ほぼ完全に腫れは引きました。

目を閉じた状態
6ヶ月後(目を閉じた状態)です。
だいぶ傷跡は目立たなくなりました。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大