顔の施術について

切開法で作った二重や天然の二重は、年をとると必ずまぶたの皮膚がたるんで二重の幅が狭くなるのか?

二重まぶた切開法などの手術希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「整形して二重にしても、どうせ年をとるとまぶたの皮膚が被さって、二重の幅が狭くなりますよねー?」とか、「どうせ年をとって二重の幅が狭くなるなら、そのときのことを見越して、幅広めに作ったほうがいいですよねー?」とか、「二重にしたいんですけど、どうせ年をとって幅が狭くなるなら、若いうちに二重にするんじゃなくて、年をとってから二重にするほうが得なんですか?」と御質問いただきます。

まず、ミニ切開法、全切開法、眼瞼下垂手術、上まぶたたるみ取りなどの手術で作った二重も、天然の二重も、「年をとると、まぶたの皮膚が被さって、二重の幅が狭くなる」というのは、確かに起こりうることですが、誰もが必ず起こることではありません。ある程度以上まぶたに肉厚がある人は、年をとってまぶたが被さって、二重の幅が狭くなることが多いです。

しかし、まぶたに肉厚がなく、目の上が窪み易い人は、年をとると更に目の上が窪むため、二重のラインの上に被さる皮膚が上に上がり、二重の幅が広くなります。また、年をとって太れば、まぶたの肉厚が増して、二重の幅が狭くなることがあり、逆に痩せれば、まぶたの肉厚が薄くなり、二重の幅が広くなることもあります。結局、その人の元のまぶたの状態や、どのように年をとるかによって、二重の幅が広くなることもあれば狭くなることもあるし、ほとんど変わらないこともあるのです。そのため、「将来、年をとってまぶたが被さって幅が狭くなるのを見越して、幅を広めに二重を作る」という考えはお勧めしません。その人がどの様に年をとるかによって、二重の幅が広くなるのか狭くなるのかわからないし、本当の希望の幅よりも広く作ることによって似合わなかったり、不自然になることが多いからです

また、「どうせ年を取って二重の幅が狭くなるのだから、年を取ってから二重の手術をするほうがよい」という考えも間違いです。本当に年を取って二重の幅が狭くなるのかもわからないし、「可愛くなりたい」「カッコよくなりたい」という願望があるのなら、やりたいと思ったときに手術するのが一番良いです。「二重にする」「目を大きくする」「鼻を高くする」などのパーツを変える手術は、「やりたいときにやる」のが原則です(成長期などの特殊な場合はケースバイケースになります)。

手術をして、可愛くなったりカッコよくなって、幸せになったり、人生が変わるのであれば、10年後に手術するよりは今手術をするほうが、早くやったぶんだけ長く人生を楽しむことができます。

症例写真
■眼瞼下垂(がんけんかすい) 目頭切開も施行

(6ヶ月後)

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

■二重まぶた・全切開法 目頭切開も施行

(6ヶ月後)

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

■上まぶたたるみ取り


(2ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大