顔の施術について

二重まぶたミニ切開法や全切開法で、目を閉じたときの傷の食い込みは目立ってしまうことがあるのか?

二重まぶたミニ切開法や全切開法希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「二重まぶた切開法をすると、目を閉じたときの傷の食い込みは目立ちますか?」などとご質問いただきます。

私の答えは、「元々まぶたが薄い人は、幅の狭い二重を作っても、幅の広い二重を作っても、目を閉じたときの傷の食い込みはほとんど生じず、自然で綺麗になります」「元々まぶたが厚い人は、その人に合った幅の狭い二重を作った場合は目を閉じたときの傷の食い込みはほとんど生じず、目立ちませんが、その人に合っていない幅の広い二重を作った場合は、目を閉じたときの傷の食い込みが目立つことが多いです」です。

二重まぶた切開法は、ミニ切開法でも全切開法でも、余分な眼輪筋や瞼板前組織などを切除して、予定の二重のラインの皮膚をその下の組織に癒着させることにより、永久にとれない二重を作るものです。元々まぶたが薄いは、余分な組織を切除して、下の組織に皮膚を癒着させても、癒着した二重のラインの部分と、その周りの皮膚に段差が生じないため、目を閉じたときの傷の食い込みはほとんどなく、綺麗で目立たないです。元々のまぶたが厚い人は、狭い二重を作った場合は、下の方(まつ毛側)の薄い皮膚の下の組織を切除して癒着させるので、周りの皮膚と段差は生じず、目を閉じたときの傷の食い込みは目立ちません。

しかし、幅を広く作った場合は、上の方(眉毛側)の厚い皮膚の下の組織を切除して癒着させるため、切除しなければならない組織の量が多く、目を閉じたときの傷の癒着の食い込みが強くなってしまいます。まぶたが非常に分厚い人に、無理してかなり幅の広い二重を作った場合、切除しなければならない組織の量が非常に多いため、最悪の場合、目を閉じたときの傷だけでなく、傷の下の皮膚まで窪むことがあります。

要するに、同じ医者が手術しても、その人に合った幅で切開法で二重を作った場合は、目を閉じたときの傷はほとんど目立ちませんが、その人に合っていない広い幅で作った場合は、傷が食い込んで目立つことがあるということです

まぶたが厚い人に切開法で幅広い二重を作る場合でも、切除する組織の量を少なくして、癒着を軽くすれば、目を閉じたときの傷が食い込まないようにすることはできますが、その場合、癒着が弱いことにより、はっきりしない二重になったり、二重をラインがなくなって、元に戻ってしまうことになります。

症例写真
■二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

(6ヶ月後)

■二重まぶた・全切開法

(6ヶ月後)

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大