顔の施術について

まぶたの脂肪を取るだけで、元々二重まぶたの人の二重の幅が広がることはあるのか?

よくメールのお問い合わせなどで、「私は元々二重まぶたなのですが、まぶたの脂肪をとったら二重の幅は広がりますか?」「私は二重まぶた切開法で二重をつくったのですが、まぶたの脂肪をとったら二重の幅は広がりますか?」とご質問いただきます。

私の答えは、「元々二重の人も、二重まぶたミニ切開法or全切開法で二重を作った人も、小さな切開で脂肪をとるだけをしても、二重の幅はほとんど広がらないか、広がったとしても気づかない程度の極わずかの変化です」です。

二重まぶた全切開法やミニ切開法をせず、上まぶたの脂肪をとる手術は、まぶたに麻酔の注射をした後、まぶたの皮膚を5~10mm程度切開し、眼窩内脂肪を引っ張り出して切除します。切開した皮膚は細いナイロン糸で縫合し、約1週間後に抜糸します。

この手術は脂肪を除去するだけとはいえ、あくまで皮膚を切開する手術であるので、術後は二重まぶたミニ切開法と同じくらい腫れ、一時的に内出血が生じることもあります。

また、この手術でとれるのは眼窩内脂肪のみです。

まぶたの脂肪による厚みは、
(1)皮下脂肪
(2)眼窩内脂肪
(3)ROOF(眼輪筋下脂肪)
の3つによりますが、この手術では、皮下脂肪やROOFをとることはできません。

まぶたの脂肪による厚みのほとんどは、皮下脂肪とROOFによるものなので、この手術で眼窩内脂肪だけを除去しても、厚いまぶたが薄くなるのは、ほとんどないか、あっても極わずかのことが多いです。

ちなみに、二重まぶた全切開法では、ROOFをしっかりと切除することができます。

元々二重の人も、二重まぶたミニ切開法or全切開法で二重を作った人も、この手術で眼窩内脂肪を切除しても、二重の幅はほとんど広がらないか、広がったとしても変化に気づかない程度の極わずかです。

仮に今ある二重のラインを二重まぶた全切開法に準じた切開をして、眼窩内脂肪とROOFを切除しても、二重の幅はほとんど広がらないか、広がったとしても変化に気づかない程度の極わずかです。

元々二重の人も、二重まぶたミニ切開法or全切開法で二重を作った人も、確実に二重の幅を広げたいのであれば、今ある二重のラインの上で切開して二重を作るか、上眼瞼リフト(眉下切開での上まぶたたるみ取り)をするのが良いです。そうすれば、同時に眼窩内脂肪やROOFを切除することも可能です。

また、元々二重の人は、埋没法である程度二重の幅を広げることも可能です

症例写真
■上眼瞼リフト(眉下切開による上瞼たるみ取り)

(6ヶ月後)

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大