顔の施術について

鼻のシリコンプロテーゼ入れ替え(交換)手術について。術後の腫れ、経過、ダウンタイムなど

高須クリニックにはよく、他院で入れた鼻のシリコンプロテーゼを入れ替えたい、交換したいという方がいらっしゃいます。

入れ替え手術をしたい理由は、
  • 形が気に入っていないから入れ替えしたい
  • 低すぎるので、もっと高いシリコンプロテーゼに入れ替えたい
  • 高すぎるので、もっと低いシリコンプロテーゼに入れ替えたい
  • 細すぎるプロテーゼが入っていて、見た目が不自然なので、自然に見えるようにもう少し太くて横幅のあるプロテーゼに入れ替えてほしい
  • 骨膜下ではなく皮下にプロテーゼを入れられてしまったので、プロテーゼが固定されていなく、触るとグラグラ動くので、ちゃんと骨膜下に入れ直してほしい
  • L型プロテーゼが入っており、鼻先の皮膚が薄くなり、突き破って出てきそうだから、I型プロテーゼに入れ替えorI型プロテーゼ入れ替え+鼻先の耳介軟骨移植がしたい
  • L型プロテーゼを入れたことによって、鼻先が上がって見えるので、I型プロテーゼに入れ替えorI型プロテーゼ入れ替え+鼻先の耳介軟骨移植がしたい
などです。

鼻のプロテーゼ入れ替え手術希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「入れ替えの手術は腫れますか?」「プロテーゼを入れたときより腫れますか?」「ダウンタイムはどれくらいみたらいいですか?」などのご質問をいただきます。

私の答えは、「鼻のシリコンプロテーゼの入れ替え手術は、通常の鼻にシリコンプロテーゼを入れるだけの手術に比べ、手術後の腫れは少なく、ダウンタイムも短いことが多いです」です。

通常の鼻にシリコンプロテーゼを入れる手術は、局所麻酔注射をした後、片方の鼻の穴の中を切開して、鼻骨の手前までは皮下で剥離し、鼻骨の骨膜下を剥離し、骨膜下のポケットにプロテーゼを入れます。そのため、剥離する分だけ組織を切り開くことになるため、多少出血し、術後は腫れることになります。しかし、鼻のシリコンプロテーゼ入れ替え手術は、既に剥離してある範囲を剥離するため、出血量が少なく、通常のプロテーゼを入れるだけの手術に比べ、術後の腫れが少なく、ダウンタウンが短いことが多いです。特に、正しく骨膜下にプロテーゼが入っている場合の入れ替え手術に関しては、剥離する面積も非常に少なくてすみ、2~3日程度で大きな腫れはほとんど引いてしまうことが多いです。

症例写真
■L型シリコンプロテーゼをI型に入れ替え、耳介軟骨移植した症例写真


(6ヶ月後)


(6ヶ月後)


(6ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大