症例写真

他院で鼻に注入されたアクアミドらしき物を手術で除去した症例写真の術前術後画像

ビフォー・アフター
Before After(3ヶ月後)
Before After(3ヶ月後)
Before After(3ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、他院で鼻に注入物を入れ、除去希望で来院されました。
診察させていただいたところ、眉間から鼻根部、鼻背にかけてジェル状の物質が注入されており、横に広がって不自然に変形し、触るとブヨブヨしていました。
患者様本人は、「たしかアクアミドっていうものをいれられたと思う」とおっしゃっていました。
触診した感触では、確かにアクアミドのようなブヨブヨした不自然な感触だったのですが、アクアジェル、バイオアルカミド、エンドプラスト、エンドプロテーゼなどでも同じような感触になることがあるため、注入された物質が何なのかはっきりとはわかりませんでした。
ヒアルロン酸であればヒアルロニダーゼを注射して分解、溶解、吸収させることができるのですが、明らかにヒアルロン酸とは違う感触の注入物であるため、いずれにせよ手術で除去しなければならず、除去手術をすることになりました。
手術は局所麻酔注射し、右の鼻の穴の中を約8mm切開した後、剪刀で皮下を剥離し、エイヒで注入物を掻き出しました。
皮膚の浅い層に注入されている物は完全に取りきれませんでしたが、注入されていた内の8~9割くらいは除去することができました。
術後はほぼ元通りの鼻になり、不自然な印象はなくなりました。
ホームページやブログなどで常に警告していますが、鼻などにアクアミド、アクアジェル、バイオアクアミド、エンドプロテーゼ、エンドプラストなどの永久的な非吸収性注入物は絶対に注入してはいけません。
この患者様のように不自然になってしまう人、注入直後は大丈夫でも将来変形してしまう人が後をたちません。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
来院時
来院時です。
他院でアクアミドらしき注入物を鼻に注射されています。
横に広がって不自然にブヨブヨしています。
手術で除去することになりました。
アクアミド除去手術直後
アクアミド除去手術直後です。
局所麻酔注射などの影響で鼻~まぶたにかけて強く腫れています。
一部内出血も見られます。
1週間後
1週間後です。
内出血はほとんど消えました。
まだ全体的に鼻とまぶたが浮腫んでいます。
3週間後
3週間後です。
ある程度腫れは引きましたが、まだ全体的に鼻とまぶたが腫れています。
3ヶ月後
3ヶ月後です。
だいぶ腫れは引きましたが、まだわずかに鼻とまぶたが腫れています。
腫れに関しては必ず引くので心配ありません。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大