症例写真

他院で入れた曲がっているL型鼻シリコンプロテーゼをI型に入れ替え、耳介軟骨移植もした症例写真

ビフォー・アフター
Before After(修正手術後6ヶ月)
Before After(修正手術後6ヶ月)
Before After(修正手術後6ヶ月)
Before After(修正手術後6ヶ月)
高須幹弥医師からのコメント

  • 入っていたシリコンプロテーゼです。完全なL型ではなく、鼻柱の部分は途中で途切れているタイプのものでした。

30代女性の患者様で、他院で入れた鼻のシリコンプロテーゼの修正手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、L型プロテーゼらしきものが入っており、明らかに斜めにずれて入っていました。
また、L型プロテーゼの折れ曲がっている頂点の部分がかなり頭側(上の方)にきており、不自然なアップノーズになっていました。
その上、プロテーゼは骨膜下ではなく皮下に入っており、指で触るとグラグラ動く状態になっていました。
手術は、L型プロテーゼをI型プロテーゼに入れ替え、鼻先に耳介軟骨移植をすることになりました。
患者様のご希望は、眉間~鼻根部~鼻背の高さは今の高さと変えないようにし、鼻先の形を自然に整えてほしいということでした。
局所麻酔下にL型プロテーゼを抜いたところ、鼻根部の部分は約5mmの厚みがあったので、同じく5mmの厚みのI型プロテーゼを準備し、患者様の鼻の形にフィットするようにその場で作成しました。
眉間の部分にはプロテーゼは入っていなかったので、眉間にはプロテーゼが入らないようにし、また、鼻先にもプロテーゼは入らないようにし、鼻根部~鼻背にかけてのI型プロテーゼを挿入しました。
皮下にポケットがありましたが、新たに骨膜下を剥離して挿入しました。
耳介軟骨移植は、鼻先が自然に斜め下方向に出るように移植しました。
術後は、患者様のご希望通り、元の鼻の形や高さを大きく変えないまま、自然な鼻になりました。
また、骨膜下に入れ直したので、指で触ってもグラグラ動くことはなくなりました。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

■術後の経過:正面

来院時
来院時です。
他院で入れたL型シリコンプロテーゼが明らかに曲がって入っています。
皮下に入っており、指で触るとグラグラ動く状態でした。
I型シリコンプロテーゼに入れ替え、同時に鼻先に耳介軟骨移植をすることになりました。
修正手術直後
修正手術直後です。
局所麻酔注射などの影響で腫れていますが、必ず引くので心配ありません。
1週間後
1週間後です。
大きな腫れは引いていますが、まだわずかな腫れは残っています。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。
鼻筋が真っ直ぐになりました。

■術後の経過:斜め

来院時
来院時です。
修正手術直後
修正手術直後です。
1週間後
1週間後です。
6ヶ月後
6ヶ月後です。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大