症例写真

シリコンバッグプロテーゼ豊胸と乳頭縮小手術を同時に行った症例写真

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

30代女性の患者様で、シリコンバッグプロテーゼによる豊胸手術と乳頭縮小手術を希望されて来院されました。
診察させていただいたところ、元々バストは小さいほうだったと思われますが、妊娠、出産、授乳を繰り返したためか、かなり乳腺と乳房の脂肪が萎縮して、萎んで小さなバストをしており、ほぼ平坦な胸をしてらっしゃいました。
その反面、乳頭は長く伸びきっており、乳首とバストのバランスが非常に悪い状態でした。
非常に痩せている体型であったため、体の余分な皮下脂肪を脂肪吸引してバストに脂肪注入する方法は不可能であったのですが、患者様は最初からシリコンバッグプロテーゼによる豊胸手術を希望されていたため、シリコンバッグプロテーゼ豊胸をすることになりました。
そこそこは大きめのバストにしたいというご要望であったため、205ccのラウンド型ハイプロファイルタイププロテーゼを入れることになりました。
胸の皮膚、皮下脂肪が薄いため、大胸筋下にプロテーゼを入れることになりました。
手術は全身麻酔下に行い、同時に乳頭縮小手術も行いました。
手術後はそこそこ大きめのバストになり、乳頭の形も整い、非常にバランスの良い綺麗な胸になりました。
見た目や触り心地も非常に自然で、患者様には大変満足していただきました。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
妊娠、出産、授乳により、バストが萎んでしまい、乳首が伸びて垂れてしまっています。
大胸筋下にコヒーシブシリコンジェルバッグ 205ccハイプロファイルタイプを入れる豊胸手術と乳頭縮小手術を全身麻酔下に同時に行うことになりました。
手術直後
手術直後です。
局所麻酔の影響もあり、胸全体が腫れていますが、必ず引くので心配ありません。
1週間後
1週間後です。
豊胸手術のわきの傷跡の抜糸をしました。
まだ胸が全体的に腫れがあります。
2週間後
2週間後です。
乳頭縮小手術の全抜糸をしました。
まだ胸全体に腫れが残っています。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。
バストが大きくなった上に乳首の形が整い、全体的にバランスが良くなりました。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大