症例写真

妊娠、出産、授乳の後、萎んで平らになった胸に160ccずつ脂肪注入して膨らませた症例写真

ビフォー・アフター
Before After
高須幹弥医師からのコメント

30代女性の患者様で、妊娠、出産、授乳を繰り返したことによって、萎んで垂れてしまったバストを綺麗にしたいというご要望で来院されました。

診察させていただいたところ、皮下脂肪や乳腺が萎縮した状態になっており、膨らみがなく、ほぼ平らに近いバストになっていました。

患者様は、お尻、太ももなどの下半身の脂肪を取って、胸に脂肪注入したいと考えていらっしゃいました。

下半身を診察させていただいたところ、お尻から太もも全体にかけて、そこそこの皮下脂肪がついており、脂肪吸引である程度の脂肪を取ることが可能であったので、脂肪注入豊胸をすることになりました。

全身麻酔下に、お尻から両側の太もも全体にかけて、皮下脂肪を約1200cc程度吸引し、余分な水分とトリグリセライドなどを濾過したところ、320ccの濃縮されたコンデンスファットを作成することができたので、左右の胸に160ccずつマルチプルインジェクション法で、細かく脂肪注入しました。

術後6ヶ月の時点では、程よく脂肪が生着し、バストに自然な膨らみができました。

この時点で生着した脂肪は半永久的に残るため、患者様には大変満足していただきました。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大