症例写真

下三白眼にタレ目形成(グラマラスライン)を行った症例写真

ビフォー・アフター
Before After(9ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、タレ目形成(グラマラスライン)手術を希望されて来院されました。
診察させていただいたところ、下まぶたのラインのカーブの外側への上がり方がやや急な、つり目が強調された目をしていました。
また、黒目の下の白目が見えている下三白眼でした。
下三白眼は、「犯罪者の目」とも呼ばれ、一般的に陰気で、あまりよくない印象の目です。
稀に女優さんなどで、下三白眼でエキゾチックな魅力な人もいますが、そのような人は、それ以外のパーツやスタイルなどを含め、全体的に奇跡的なバランスで魅力がある場合がほとんどです。
そのため、これ以上下三白眼が悪化しないように、黒目の真下は下げず、黒目の外側のみを下げるように手術することになりました。
手術後は、下三白眼が悪化することなく、黒目の外側が程よく下がり、綺麗なグラマラスラインになりました。
また、つり目が適度に解消し、目が大きくなって、患者様には大変満足していただきました。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
元々下三白眼であり、黒目の下の白目が見えています。
患者様のご希望で、タレ目形成(グラマラスライン)を行うことになりました。
手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射などの影響で腫れていますが、腫れは必ず引くので心配ありません。
余分な皮膚を切除したので、傷を縫合しています。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
内出血はほとんど出てません。
3週間後
3週間後です。
大きな腫れは引いています。
9ヶ月後
9ヶ月後です。
傷跡はほとんどわかりません。
下三白眼が悪化することなく、黒目の外側だけが下がっています。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大