症例写真

40代女性のたるんでいる顔に、頬、顎下の脂肪吸引をした症例写真

ビフォー・アフター
Before After
日下志厳医師からのコメント

40代女性の患者様で、頬の脂肪を取って小顔になりたいというご要望でした。

診察させていただいたところ、年齢相応に顔がたるんでおり、フェイスラインが綺麗ではありませんでした。

また、顔全体に皮下脂肪が付いているため、脂肪の重みにより、余計にたるんでいました。

患者様は、とにかく余分な贅肉を取ってすっきりさせたいというご要望だったので、頬~フェイスライン~顎下の二重顎の部分の皮下脂肪を脂肪吸引することになりました。

耳たぶの付け根と首に約2mmの小さい皮膚切開をし、直径1.6mmの極細カニューラで丁寧に余分な皮下脂肪を吸引しました。

術後は頬~フェイスライン、顎下の余分な贅肉がほどよくなくなったことによって、フェイスラインがシャープになり、小顔になりました。

また、皮膚のたるみの中の皮下脂肪を吸引して除去したことにより、たるみも改善し、患者様には大変満足していただきました。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大