顔の施術について

まつ毛エクステしたまま目元の手術はできるのか?

二重まぶた手術などのカウンセリングのときによく患者様から、「まつ毛エクステが付いた状態で手術はできますか?」と御質問いただきます。

私の答えは、「できます」です。

まつ毛エクステが付いていても、二重まぶた埋没法、切開法、眼瞼下垂手術、目頭切開、目尻切開、タレ目形成、涙袋ヒアルロン酸などどれでも可能であり、できない治療はありません。ただし、エクステを付けて日にちが経っている場合は、手術中に少し取れてしまうことがあるのでご了承ください(涙袋ヒアルロンのときは取れることはまずありません)。

また、二重まぶたの手術などの手術後の腫れを誤魔化すために、敢えて術前にまつ毛エクステを付けてくる患者様がいらっしゃいますが、あまり意味がないのでお勧めしません(腫れを隠す効果はほとんどないと思います)。

手術をする医師の立場からすると、まつ毛エクステが付いている方よりも付いていない方のほうが手術がやり易いので、手術前にわざわざ付けてくるのは意味がありません

ちなみに術後にまつ毛エクステを付けることができるのは、埋没法であれば3日後から、その他の切開する手術は抜糸の翌日から、涙袋ヒアルロン酸は当日から可能です

症例写真
■二重まぶた・埋没法


(1ヶ月後)

■二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

(2ヶ月後)

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

■眼瞼下垂(がんけんかすい)


(8ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大