眼瞼下垂(がんけんかすい)

重たいまぶたの印象を改善し
輝く表情で好感度UP!

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

目頭切開+眼瞼下垂手術で、アイラインを引いても奥二重のようにならない幅のある平行型二重を作った症例写真の術前術後画像

ビフォー・アフター

Before
After(目を開けた状態)
After(カラコンあり)
After(メイクあり)
(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、二重まぶた手術を希望されていました。
診察させていただいたところ、目尻側にわずかに幅が見える程度の奥二重でした。
また、目の横幅が小さく、適度に蒙古襞があり、目と目の間隔も広めでした。
患者様は、「アイラインを引いても奥二重のようにならず、ちゃんと二重の幅が見えるくらいの平行型二重にしたい」というご要望でした。
この患者様のまぶたの開きで、アイラインを引いても奥二重のようにならないくらいの幅で二重を作ると、二重のラインの下の皮膚が睫毛の生え際に被さり、その分、黒目の出る割合が少なくなってしまいます。
そのため、二重まぶた全切開法に準じて幅広の平行型二重を作り、同時に眼瞼下垂手術を行い、上眼瞼挙筋の挙筋腱膜の前転をすることになりました。
また、目を内側に広げ、目の横幅を広げるためと、綺麗な平行型二重を作る目的で、目頭切開もすることになりました。
眼瞼下垂手術をする際、適度に眼窩内脂肪を切除しました。
皮膚切除、ROOF切除は行っていません。
目頭切開はZ法に準じて行い、約1.5mmずつ内側に広げ、内田法(W法)のようにパンチでくりぬいたような丸い目頭ではなく、綺麗に斜め下気味に尖った感じの目頭になるようにしました。
術後は、患者様のご希望通りの、アイラインを引いても奥二重のようにならず、ちゃんと二重の幅が見えて、二重だとわかる目になり、大変満足していただきました。

※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

術後の経過

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。
目頭切開+眼瞼下垂手術をして、平行型二重を作り、アイラインを引いても奥二重のようにならず、ちゃんと幅が見える二重になるようにデザインしました。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。
局所麻酔注射などの影響で強く腫れていますが、必ず引くので心配ありません。

1週間後

高須幹弥医師からのコメント

1週間後です。
抜糸をしました。
内出血はほとんど出ませんでした。
抜糸した次の日からアイメイクすることができます。

1ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

1ヶ月後です。
だいぶ腫れは引きましたが、まだ少し腫れは残っています。

3ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

3ヶ月後です。
かなり腫れは引きましたが、まだわずかに腫れは残っています。

6ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後のメイクなしです。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後のメイクなしカラコンありの状態です。

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後のメイクありの状態です。
メイクは普段しているメイクをご自分でしていただきました。

※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る