刺青(タトゥー)除去

色や大きさによって最適な方法を
広範囲の入れ墨もすっきりきれいに

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

足の小さな入れ墨を剥削手術で除去した症例写真

ビフォー・アフター

Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

30代の女性患者様で、昔入れた足の小さな入れ墨の除去希望で来院されました。
黒色の入れ墨なので、レーザーに反応はするのですが、プロが入れたものなので、濃い色素が深い層にしっかりと入っており、繰り返しレーザー照射しても完全に除去できないと予想されました。また、無理して切除縫縮すると、術後歩いたときに傷が開いてしまう可能性があるので、剥削手術で削ることになりました。
手術は局所麻酔下に、真皮深層まで皮膚を専用のハサミで削り、深部に残った色素にはQスイッチレーザーを照射し、完全に入れ墨を除去しました。
術後6ヶ月の時点では、まだ赤みはありますが、かなり目立たなくなりました。

術後の経過

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。
剥削手術で除去することになりました。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。
生傷になっているので、毎日シャワーで傷を洗っていただき、ワセリン軟膏ガーゼで保護していただきます。

1週間後

高須幹弥医師からのコメント

1週間後です。

2週間後

高須幹弥医師からのコメント

2週間後です。

3週間後

高須幹弥医師からのコメント

3週間後です。
皮膚が張って、表明は乾燥しているので、もう傷の処置をする必要はありません。

2ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

2ヶ月後です。

6ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後です。
だいぶ目立たなくなりました。
年月と共に赤みは引き、更に目立たなくなっていきます。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る