修正のプロが、満足のいくバストにリメイク

美容整形には、高度な技術に加え、美しく仕上げるセンスが必要です。そのため、術後に不満をかかえてしまう方も多くいます。
例えば最近多いのは、ヒアルロン酸注入でバストアップをしたが、凹凸やシコリができてしまったというケース。この場合は、ヒアルロニダーゼというヒアルロン酸を分解する成分を使えば、簡単に元に戻すことができます。
高須クリニックには、経験を積んだ形成外科の専門医や修正手術のプロフェッショナルが多数おります。当院の技術とセンスなら、思い通りのバストに修正することが可能です。

ページトップへ戻る

症例のご紹介

他院で受けた生理食塩水バッグ挿入施術(右側は破裂)の修正 コヒーシブシリコンジェルバッグに入れ替え


高須幹弥医師からのコメント
約10年前に他院で挿入した生理食塩水バッグの片方が破裂。10年前は最先端だった生理食塩バッグですが、中身は水なので触り心地がちゃぷちゃぷと不自然なうえに、ちょっとした衝撃で破損して中身が漏れてしまうのが問題でした。
新たな傷跡を作らないよう、以前と同じワキの部分から手術。両胸とも生理食塩バッグを取り出し、最新のプロテーゼと入れ替えました。気になっていた触り心地も自然になり、左右のバランスも美しく整いました。
当院で使用しているプロテーゼは、万一破損しても形状を記憶。見た目や触り心地も、とても自然に仕上がります。

ページトップへ戻る

他院で受けた手術についてよくあるご相談美容整形外科手術の修正についてよくあるご相談

他院で受けた手術についてのよくあるご相談をまとめました。
思ったほどの効果が出なかった場合や、新たに生まれてしまった悩みを、高須クリニックが解決します。

【プロテーゼ挿入による豊胸の修正】

形や触り心地が気に入りません。もっと自然にできますか?

高須幹弥医師

挿入したプロテーゼバッグを手術で取り出せば元の状態に戻すことができます。ほとんどの場合、入れた所から取り出せるので、新たな傷が増えることはありません。取ってしまうだけだと元に戻ってしまうので嫌だという方は最新のバッグと入れ替えれば、形も触り心地も自然に。ひと回り小さなバッグを選んでおくと、より自然なバストになることが多いですね。
もうプロテーゼはイヤだという場合は、ヒアルロン酸や脂肪注入という方法があります。
新しいバッグの挿入、ヒアルロン酸、脂肪注入、ほとんどの場合いずれも現在のバッグを取り出すのと同時に行うこともできます。但し、現在のバッグがかなり古いタイプの場合は、入れていた部分の組織の状態が悪くなっていることもあるので、少し様子を見てから再手術をするほうが安心でしょう。

バッグの輪郭が浮き出て、整形したのがバレバレ。治せますか?

森本剛医師

痩せていて皮膚の薄い人に、無理して大きなバッグを入れたのが原因でしょう。ひと回り小さなバッグに入れ替えれば、見た目も触り心地も自然になることが多いですよ。

プロテーゼが、飛び出してしまいました。どうすればいいですか?

高須克弥医師

即刻、ご来院ください!早くプロテーゼを取り除かないと、どんどん穴が大きくなって胸が変形してしまったり、感染症を併発してとんでもないことになってしまう恐れがあります。プロテーゼを取った後は、傷を治すお薬で治療を続け、落ち着いたらまずは空いてしまった穴をできるだけ目立たない状態にしていきましょう。
その上で、やはり胸を大きくしたいなら再手術を。けれど、一度穴が空いてしまった人は再度バッグを入れるのは難しいかもしれません。ヒアルロン酸注入や脂肪注入も検討し、できるだけきれいな胸にしていきましょう。

10年前に生理食塩水バッグを挿入しましたが、片方だけしぼんでしまって…。

高須克弥医師

何か衝撃を受けた拍子にバッグが壊れ、中身が流れ出てしまったのでしょう。昔の生理食塩水バッグでは、こういうことがよく起こります。
当院で使用しているコヒーシブシリコンバッグなら、生理食塩水バッグを入れている方は形が崩れることはありません。壊れてしまった方はもちろんですが、この機会に両方とも最新のバッグに入れ替えるのがいいでしょう。

【注入術による豊胸の修正】

ヒアルロン酸注入の豊胸手術をしましたが、すぐに元に戻ってしまいました。

奥田裕章医師

安価な施術をしているところでは、こういう問題がよく起きます。ヒアルロン酸の質によって、効果の期間にはかなりの違いがあるからです。バスト専用のものではなかったり、水でうすめていたり、濃度や硬さなどが粗悪なものを使われてしまったのかもしれませんね。
当院では、バスト専用の高品質なマンマリーヒアルを使用しているので、安心して再施術を受けていただけます。

脂肪注入の豊胸手術をしたが、すぐに元に戻ってしまいました。

日下志厳医師

脂肪の定着率は、注入の方法や医師の技術に大きく左右されます。脂肪を細かく分散せずにまとめて一ヶ所に入れたり、成長因子や脂肪幹細胞を入れずに脂肪だけを注入すると、なかなか思ったようには定着しないのです。
当院では、定着率を最大限にするために、マルチプルインジェクション法という方法で現在の医学レベルでできる限り定着率を上げる方法をしています。まだ脂肪吸引できる場所が残っているなら再手術は可能です。もし脂肪が十分に取れないようなら、ヒアルロン酸注入かプロテーゼ挿入を検討することになりますね。

ヒアルロン酸注入の豊胸手術で、凹凸やしこりに。なめらかなバストになりますか?

日下志厳医師

やわらかなヒアルロン酸なら凹凸やしこりになりにくいので、おそらく硬いものを注入されてしまったのでしょう。また、皮膚が薄い人に大量のヒアルロン酸を入れた場合も、凹凸ができやすくなります。
数ヶ月~数年も経てば凹凸はおさまってくると思われますが、しこりは残ってしまうかもしれません。ヒアルロン酸を分解するヒアルロニダーゼを使えば、数日で目立たなくすることができます。ヒアルロン酸のしこりは人体に影響はありませんが、乳がん検診でがんと間違われないよう、きれいにしておいたほうがいいでしょう。
凹凸としこりの問題が解決したら、再施術を。当院で使用しているのは、やわらかなマンマリーヒアル。皮膚表面がなめらかになるように、丁寧に少しずつ注入していきます。またトラブルが起きるのでは、と心配なら、少なめに入れて様子を見てもいいですね。

【陥没乳頭の修正】

陥没乳頭の手術を受けましたが、すぐに元に戻ってしまいました。

奥田裕章医師

陥没乳頭には、軽度から重症までレベルあり、それによって手術の方法も違ってきます。重度な人は元に戻りやすいのですが、そうならないようしっかり手術をすれば大丈夫なはずなのですが…。
当院では技術力の高い医師が揃っていますので、修正手術で今度こそ、一生ものの美しい乳頭を手に入れてください。

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大