症例写真

他院で目頭切開をした後、片目だけ逆Z法で蒙古襞形成し、左右対称に近づけた症例写真の術前術後画像

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、目頭切開の修正手術希望で、来院されました。
6ヶ月以上前に、他院で両目の目頭切開を受けたとのことでした。
診察させていただいたところ、左目よりも右目のほうが切り込まれており、涙丘(目頭の赤い粘膜の膨らんだ部分)も多く露出しており、左右差が目立っていました。
前医での目頭切開の術式は、傷跡だけを見てもよく分かりませんでした。
Z法なのか、内田法でWの字に切開したつもりなのか、三日月型に皮膚を切除して縫合しただけなのか、不明でした。
ただ、左目に比べ、右目のほうが傷跡が目立っていました。
患者様は、「左目はいいので、右目だけを修正し、左目と同じような下向きの蒙古襞を作って、なるべく左右対称にしてほしい」というご要望だったので、右目のみ蒙古襞形成手術をすることになりました。
手術は逆Z法で行い、前医での目頭切開の傷跡を含めてフラップ(皮弁)にし、下向きの蒙古襞になるように回転させ、固定しました。
フラップのあった部位は中縫いはせず、丁寧に皮膚の表面を縫合しました。
術後は、綺麗に下向きの蒙古襞ができ、ほぼ左右対称の涙丘の見え具合、目の横幅になりました。
また、結果的に、前医での目頭切開の傷跡が目立たなくもなり、患者様には大変満足していただきました。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
他院で両目の目頭切開を受けています。
左右差があるので、右目だけ逆Z法で蒙古襞形成をすることになりました。
手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射の影響で皮膚が白くなっていますが、これは2時間くらいで戻ります。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
抜糸直後は傷跡が赤いですが、赤みは必ず引くので心配ありません。
1ヶ月後
1ヶ月後です。
だいぶ赤みは引きました。
3ヶ月後
3ヶ月後です。
さらに赤みが引きました。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れが引き、完成です。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大