リストカット・根性焼き

社会では不利になる傷跡を
それとは気づかれない状態に

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

傷跡 タバコの火傷跡を手術で修正

ビフォー・アフター

Before After
日下志厳医師からのコメント

18歳の女の子で、就職を前になんとか根性焼きを消す方法がないかと来院されました。タバコの火傷はほぼ2列に並んでおり、この程度の幅なら切って縫うことで1本の傷にできます。ご覧のようにガラスで切ったような傷になり、これなら根性焼きとは気づかれることもありません。その傷どうしたの?と聞かれても「小さいときにガラスで切ったの」と言い訳できますよね。これでもう、就職活動の面接にも自信。後ろめたい気持ちから解放され、笑顔でクリニックを後にされました。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る