特徴

まつ毛の植毛・眉毛の植毛の特徴

目を大きくはっきりと見せてくれる、長く濃いまつ毛。そして、顔立ちの印象を左右するといわれる眉毛。どちらも植毛によって、くっきりと際立てることができます。
植毛手術は、ドナー(採取した毛根つきの毛)を1本1本医療用の針で植えつけるニードル法。移植孔を開ける作業と毛を植えつける作業を同時に行うため、出血が少なく植毛部の傷跡も残りにくいのが特徴です。
術後数週間で植毛した毛がいったん抜け落ち、数ヶ月すると再び生えてきて、次第に長く濃くなっていきます。そして、長く濃いまつ毛や、形の整った眉毛が、半永久的にあなたのものになります。

植毛専門サイト「高須の植毛」もっと詳しく

ページトップへ戻る

このような方に向いています

  • まつ毛が薄く短く、目が強調されない
  • 眉毛が薄く短く、素顔に自信が持てない
  • マスカラやアイブロウの手間を省きたい
     
  • 事故や火傷でまゆ毛が生えてこなくなって
    しまった

ページトップへ戻る

症例のご紹介

まつ毛の植毛


高須敬子医師からのコメント
施術前は、アイラインをひいて目もとをはっきりと見せていた20代女性。アイラインなしでもかわいらしい目もとに、とまつ毛の植毛を行いました。施術後は、自然で豊かな長いまつ毛に。メイクも楽になりますね。

ページトップへ戻る

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 約1時間
術後の通院 1回
術後の腫れ 強い腫れは約1~2週間(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 不可能
入院の必要性 なし
麻酔 点眼麻酔と局所麻酔併用
シャワー 当日より可能

ページトップへ戻る

リスク・副作用・合併症について

■術後の内出血について

二重まぶたミニ切開法、全切開法、眼瞼下垂手術、目頭切開、目尻切開、垂れ目形成、上まぶたたるみ取り、上眼瞼リフト、下まぶたたるみ取り、蒙古襞形成、切開する場合の逆さまつ毛修正手術などのメスを使う目もとの手術のリスク、合併症において最も頻度の高いのは、術後の内出血です。
これらの手術は、二重まぶた埋没法やヒアルロン酸注射などと違い、程度の差はあれ、ほとんどの方に内出血が生じます。
私達医師は、なるべく強い内出血が出ないように丁寧に手術をさせていただきます。
程度の軽い内出血であれば、1週間後にはほとんど消えていますが、運悪く強い内出血が出てしまうと、消えるまで2週間程度かかることがあります。
その場合、術後1週間からアイメイクをすることができるので、ファンデーションやコンシーラーで隠すことができます。
また、なるべく内出血を生じないようにするためには、私達医師が丁寧に手術することはもちろん、患者様が手術中にリラックスして目に力を入れないこと、術後1週間特に最初の3日間くらいは熱いお風呂に長時間浸からないこと、激しい運動はしないこと、お酒を飲みすぎないことなどが重要です。

ページトップへ戻る

ドクターズボイス

高須敬子医師

まつ毛の植毛は、つけまつ毛やエクステンションのわずらわしさから解放してくれます。そして、ほんの少し眉毛を増やすだけで、男性は男らしく、女性はすっぴんでも自信が持てるように。高い技術高須の技術による安心確実な植毛を、たった1度受けるだけで、快適な毎日が始まります。

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大