症例写真

他院で二重まぶた切開法を受けた後、眼瞼下垂手術に準じて修正し、同時に目頭切開も行った症例

ビフォー・アフター
Before After(修正手術後6ヶ月)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、6ヶ月以上前に他院で二重まぶた切開法を受けており、修正手術希望で来院されました。
診察させていただいたところ、まぶたを開ける力に左右差があり、それによって、目を開けた状態での二重の幅に左右差がありました。
この眼瞼下垂の原因が、先天性のものなのか、通常の腱膜性のものなのか、前回の他院での手術からの医原性のものなのかははっきりとしませんでしたが、これを治さなければ非対称は治らない状態でした。
手術は、二重まぶた全切開法に準じ、前回の他院での切開線を切除し、アプローチしました。
また患者様は、目頭切開もしたいというご要望だったので、同時に行うことになりました。
二重のラインから内部を展開し、瞼板の上端を露出し、挙筋腱膜の断端と縫合したところ、開瞼が改善したため、左右均等に開瞼するように調節しました。
瞼板と挙筋腱膜を縫合した部位を拾って皮膚縫合し、新たに二重のラインを作り直しました。
目頭切開はキツい寄り目にならない程度に約1.5mmずつZ法で内側に目を広げました。
術後は二重の幅の左右差が改善し、全体的に目が大きくなり、修正前よりはっきりとした印象の目になりました。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
当院来院時
当院来院時です。
6ヶ月以上前に他院で二重まぶた切開法を受けています。
二重まぶた全切開法に準じて眼瞼下垂手術で修正し、同時に目頭切開もすることになりました。
手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射などの影響もあり、強く腫れていますが、必ず引くので心配ありません。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
わずかに内出血が見られますが、翌日からアイメイクすることができるので、アイメイクをすれば内出血を隠すことができます。
内出血は、あと1週間もすれば、ほぼ完全に消えます。
3週間後
3週間後です。
内出血は完全に消えていますが、まだ腫れはあります。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大