よくある質問

私はよく頬の内側の肉を噛んでしまう癖があるのですが、バッカルファットを手術でとれば、噛まないようになりますか?

高須 幹弥 医師

頬の内側の粘膜をよく噛んでしまうという人は時々いらっしゃいます。
噛んでしまう原因は、歯並びや骨格の問題、しゃべり方や食べ方などの癖、バッカルファットの張り出しなど様々です。
もしもバッカルファットの張り出しだけが原因で粘膜を噛んでしまうのであれば、バッカルファット除去手術をすれば治る可能性があります。
しかし、他のことが原因なら、バッカルファットを除去しても治りません。
頬の内側の粘膜を噛んでしまう原因は、明らかに骨格や歯並びが原因であれば、専門の歯科医が診察すればわかるし、自分自身も気付いている可能性があります。
しかし、原因がわからない場合は、バッカルファットを除去すれば治るかどうかはわかりません。
バッカルファット除去手術は、元々、小顔効果やたるみ予防効果、アンチエイジング効果を期待して行う手術です。
それらの効果を期待して手術を受けるのはよいと思いますが、頬の内側の粘膜を噛まないようにするのだけが目的で手術を受ける場合は、期待に応えられない可能性があります。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大