新型コロナウイルス感染予防対策についての
当院の対応につきまして

施術時間
施術時間

約30分〜

効果
効果

半永久的

効果
効果

くっきり大きな
目元に

目の下のたるみ取りは、主に加齢よって起こる目の下まぶたのたるみ、シワ、クマなどを改善させる手術です。
下のまつ毛の生え際で目の下のたるんだ皮膚を切除して縫い合わせることで、ハリのある肌へと修正していきます。
伸びて膨らんだ脂肪も同時に除去することができるため、より若々しいスッキリとした目元を目指す方や、たるみが特に強い方に向いている手術です。

目の下のたるみ取りはこんな方が向いています。

  1. 目の下がたるんで、老けて見られる
  2. 目の下のクマが目立っている
  3. たるみと同時に目袋も膨らんでいる
  4. 目の下のふくらみがくまのように見られる
  5. 半永久的な効果を望んでいる

目の下のたるみはなぜ起こる?

目の下のたるみは、主に加齢がすすむことで目立つようになりますが、次のような原因で起こっています。

皮膚機能の低下

加齢によって皮膚にハリや弾力がなくなり、ゆるみができることによって皮膚が余ったように見えてしまいます。

筋肉のゆるみ

目の周りに広がる「眼輪筋」という筋肉が衰えることにより、目の下にある脂肪を支えきれなくなり、涙袋が押し出されることによってたるみやクマができたように見えることがあります。

膨らみや凹みが同時にある場合も

目の下のたるみやクマが気になる場合、膨らんだ部分と凹んだ部分が目の下の部分に混在し、皮膚がたるんでいるように見えたり、影ができているように見えます。

他の目の下のたるみ取り手術との比較

たるみを取る手術にはいくつかの治療法がありますが、目の下のたるみ取りは、

  • 皮膚のたるみ具合が強い
  • 同時に涙袋の膨らみもある
  • より目元をすっきりさせたい

といった場合に向いている手術です。
また、一度たるみをとっておくと、将来の加齢による変化でも、たるみが再び出にくいというメリットもあります。
ただし、たるみの状態は人それぞれで、現在の状態やご希望によって別の手術方法や他の手術との組み合わせが最適な場合もあります。
高須クリニックではカウンセリング時に患者様のご希望にあった治療法をご提案させていただきますのでお気軽にご相談ください。

目の下のたるみとり

目頭側から目尻側まで切開し、余分な皮膚と、余っている脂肪を切除します。
脂肪が少なくても、ついている場所を移動させることができ、たるみやクマのように見えないようにすることができるため、抜本的な改善ができます。

目の下の切らない脂肪取り

メスを使わず、炭酸ガスレーザーによって下まぶたの裏側の粘膜(結膜)を小さく切開し、余分な脂肪を切除します。
傷跡がより残りにくく、ダウンタイムも短いメリットがあります。
ただし、皮膚を切除しないため、脂肪だけとっても余分な皮膚が余ってしまい、たるみがかえって目立つ場合があります。
適合するかはカウンセリング時に状態を調べる必要があります。

ヒアルロン酸注入

患者様の中には膨らんだ部分と凹んだ部分が混在している場合もあります。
たるみ取りで膨らんだ部分を切除しても、くぼみが逆に目立つ場合もあるため、同時にヒアルロン酸注入をセットで行うことによって凹んだ部分も解消し、スッキリした目元に改善できる場合があります。

目の下のたるみ取りのリスク

患者様のたるみの状態によって、治療法自体の選び方や、皮膚や脂肪の除去する範囲や量によっては、かえってたるみやクマが目立ったり、とりすぎて窪んだ目に仕上がってしまうこともあります。
最初から手術内容だけを決めるより、あとで後悔しないためにも、担当医と相談しながら手術内容を決めることをおすすめします。
高須クリニックには、デザインセンスの優れた形成外科医のみがカウンセリングから対応致します。
患者様にとって満足できる施術内容をご提案いたしますのでお気軽にご相談ください。

目の下のたるみ取りの手術方法

1. 麻酔を注射する

切開する皮膚、たるみのある範囲全体に、極細の注射針を使って局所麻酔の注射をします。

2. 皮膚を切開する

まつ毛の生え際よりギリギリ下を、目頭側から目尻側まで切開します。
この部分の傷跡は、術後にはほとんどわからなくなります。

3. 余分な脂肪がある場合、除去する

目の下の脂肪が余分に余っていて、たるみの原因になっている場合はその分の脂肪を除去します。

逆に脂肪が余分に余っておらず、下まぶたの下の部分に窪みや溝がある場合は、ハムラ法という術式を用いて脂肪を下に移動させ、窪みや溝がうまるように調整します。
どちらが患者様にとって最適な方法かはカウンセリングや診察で決定します。

4. 余分な皮膚を切除する

余分な皮膚をスーパーカット鋏刀で切除します。
皮膚を切除し過ぎると、術後に外反(粘膜が見えて、アカンベーの状態になること)したり、下三白眼になるなどのリスクがあるため、必要最小限の皮膚切除にとどめます。

5. 眼輪筋弁の吊り上げ固定

必要に応じて眼輪筋弁を作成し、吸収糸(溶ける糸)で眼窩骨膜に縫合固定し、たるみの再発を防ぎます。

6. 皮膚を縫い合わせる

細い青色透明ナイロン糸で丁寧に皮膚縫合し、手術終了です。

実際の施術をドクターが解説

この解説動画、写真解説では手術シーンが含まれます。
気の弱い方、血を見るのが苦手な方は閲覧をご遠慮ください。
高須 幹弥 医師

高須クリニックにて実際に行っている施術の様子を動画もしくは静止画にて私が詳細に解説します。

目の下のたるみ取り手術

目の下のたるみ取りの傷跡や痛み、ダウンタイムは?

痛み

最初の麻酔注射時にチクっとしたわずかな痛みを感じるかもしれませんが、麻酔クリームを塗り、さらに極細の注射針で麻酔するので、それほど強い痛みはありません。

傷跡

約1週間後の抜糸を終えると、傷跡は目立たなくなります。時間の経過とともに、傷跡は下まぶたのラインと同化していくため、ほとんどの方が気にならなくなります。また、目の周りは皮膚が薄い分、傷口の治りがきれいに仕上がります。

ダウンタイム

腫れや内出血は、個人差によって約1~2週間程度で自然と目立たなくなり、完全に腫れが引いて完成するのは、平均すると6ヶ月くらいかかります。

会社や学校などでダウンタイムが取れない方には、片目の手術後に眼帯をして腫れが引いた後にもう片方の目の手術をするといった柔軟な対応も可能です。

高須クリニックの特徴

施術はすべて豊富なキャリアを持った形成外科医が担当。

目の下のたるみ取りは、まつ毛の生え際に限りなく近い部分を切開するため、わずかでもずれると術後の傷跡が目立ってしまいます。
繊細なラインが要求されるため、どんな医師でも簡単にできるわけではありません。
高須クリニックでは、高須幹弥はじめ、すべて豊富なキャリアを積んだ形成外科医のみが担当しています。
形成外科医でない、または経験の浅いドクターが施術をすることはありません。

患者様の症状や希望を最優先したオーダーメイドデザイン。

たるみの程度や、患者様に似合うラインはそれぞれ違い、また手術の内容自体も異なる場合があります。
高須クリニックでは、患者様のご希望を最優先に、たるみの具合や原因をカウンセリングを通じて特定し、最適な治療法をご提案。担当医が納得いくまでじっくりとお付き合いいたします。
型通りの手術をご提案することはございません。

施術料金

目の下のたるみ取り

片目 ¥275,000(税込)
両目 ¥550,000(税込)

【東京、横浜、名古屋、大阪】

目の下のたるみ取りの代表的な症例

片目の上まぶたたるみ取り手術をして二重を作り、左右差を修正した症例

  • Before

  • After(6ヶ月後)

執刀医:武川力 医師

痛み・腫れへの対策

目の下のたるみ取りでは、最初の麻酔の注射でのわずかな痛み以外、手術中に基本的に痛みはありません。
その他、術中、術後に独自の対策を実施しています。

痛みも極力少なく。高須こだわりのトリプル麻酔。

麻酔クリーム
麻酔クリームを塗る様子
  • 点眼麻酔
  • 麻酔クリーム
  • 局所麻酔

のトリプル麻酔で、施術時の痛みを極力取り除く工夫をしています。
また、局所麻酔時に使用する麻酔針もかなり細い30~34G(0.3mm~0.18mm)のものをご用意し、注射時の痛みが少なくなるように努力しています。

質の良い注射針で針の痛みを少なく

一般的に注射針は、より細く、より切れの良いほうが痛みが少なくなっています。高須クリニックでは、細さと切れ味を追及した質の良い注射針を使用し、注射する部位によって使用する針を替え、少しでも患者様の痛みが少なくなるように努力しています。

漢方薬で腫れを早く引かせる

高須クリニックでは、手術後や注射後などの腫れを早く引かせる漢方薬「治打撲一方(ヂダボクイッポウ)」を常備しております。
患部の血行をよくするとともに、腫れや痛みをやわらげる効果があります。

内出血を早く引かせる薬「ケラスキンクリーム」

赤血球中のヘモグロビンに含まれる鉄を排出する作用があるラクトフェリンを配合し、内出血の色を早く消す効果があります。

目の下のたるみ取りのダウンタイム

  • 【手術後】
    入院する必要はなく、手術後そのまま歩いてお帰りいただけますが、車の運転はお控えください。腫れが気になる方は、サングラスをしてお帰り頂ければまったくわかりません。
  • 【抜糸】
    手術日から約1週間後に再び来院していただき、手術で縫合した部分の抜糸を行います。痛みはほとんどありません。
  • 【洗顔】
    手術当日からまぶたも含めお顔を水やぬるま湯で軽く洗って頂けますが、傷跡をできるだけ濡らさないようにしてください。
    24時間後からは洗顔フォームを使用して普通に洗顔して頂いて構いません。
  • 【シャワー・洗髪】
    手術当日からシャワー、洗髪は可能です。
  • 【入浴】
    手術翌日から可能ですが、血流が良くなることによる腫れを避けるため、手術後6日目くらいまでは、熱いお風呂に長時間浸かるのは避け、ぬるま湯に短時間浸かる程度にとどめましょう。
  • 【アイメイク】
    約1週間後の抜糸した翌日から可能です。
    ただし、最初はできるだけまぶたに負担をかけないよう心掛けてください。
  • 【運動】
    手術後7日目以降から軽いランニング程度は可能です。
    それまでは積極的に運動するのはやめておいたほうが無難です。
  • 【コンタクト】
    目の周りに傷があるため、抜糸するまでの1週間は控えてください。
  • 【エステ・マッサージ】
    目の周囲は、14日目くらいから軽くマッサージしていただくことができます。
  • 【アイシング】
    手術後は、目元を適度に冷やしていただくと、冷やさない場合と比べ、腫れが引くのが少し早くなります。
    術後2~3日は、アイスノンなどをタオルなどでくるみ、目元に軽く押さえることを1回数分~数十分を1日数回繰り返していただくことをおすすめします。
  • 【まつ毛エクステ、アイプチなど】
    手術後1ヶ月間くらいは控えることをおすすめします。

目の下のたるみ取りの施術の流れ

当院ではお客様がご納得いくまでカウンセリングを行い、施術後のアフターケアもしっかりとサポートさせていただきます。

目の下のたるみ取りの注意点やリスク

施術時間30~60分程度
術後の通院1回
術後の腫れ強い腫れは約1~2週間(個人差あり)
カウンセリング当日の治療予約に空きがあれば可能
入院の必要性なし
麻酔点眼麻酔とクリーム麻酔と局所麻酔併用

腫れ

抜糸するまでの約1~2週間程度は、強い腫れがあります。
手術直後~手術翌日が腫れのピークであり、その後は徐々に腫れが引いていきます。
抜糸後もまだ多少の腫れは残るため、術前に予定した二重の幅より広くなっています。
さらに時間の経過と共に腫れは引いていき、二重の幅も狭くなっていって、予定の仕上がりとなります。
完全に腫れが引いて完成するのは、平均すると6ヶ月くらいかかります。
※術後の腫れの強さ、腫れが引くまでの期間の長さは個人差があります。

内出血

程度の差はあれ、ほとんどの方に内出血が生じます。
程度の軽い内出血であれば、1週間後の抜糸の頃にはほとんど消えていますが、運悪く強い内出血が出てしまうと、消えるまで2週間程度かかることがあります。
高須クリニックでは、内出血を早く引かせる薬「ケラスキンクリーム」を常備しておりますので、発生した方はお申し出ください。

  • 日にちを空けて片目ずつ手術を受ける場合について

    目の下のたるみ取りなどの目もとの手術をする場合、仕事や学校を休むことができず、日にちを空けて片目ずつ行うことがあります。
    片目ずつ行う場合のリスクとして、両目同時に行うのに比べ、最終的な仕上がりに左右差が生じ易いということがあります。
    目もとというのは、日によって微妙な変化をします。
    その日の体調によっても変化し、朝か夕方かによっても変化するし、体重が1キロ変わるだけでも微妙な変化をします。
    そのため、目もとのコンディションが違う状態で、日にちを空けて片目ずつ手術を行うと、どうしても仕上がりに微妙な左右差が生じてしまうことがあります。
    目もとを含めて、人間の顔は誰でも左右非対称であるため、両目同時に手術を行ったとしても、パソコンで絵を書いたような完全な左右対称にすることはできません。
    しかし、両目同時に手術する場合は、左右の目が同じコンディションであるし、手術のする医師が、左右の目をリアルタイムで比べながら、正確な手術ができるので、術後に生じる左右差を必要最小限に抑えることができます。
    左右対称に強いこだわりのない方は、日にちを空けて片目ずつ手術しても問題ありませんが、左右対称に強いこだわりのある方は、通常通り両目同時に手術をすることをご検討ください。

  • 外反、下三白眼について。

    目の下のたるみ取り手術のリスク、副作用、合併症に、下まぶたの外反、下三白眼があります。
    下まぶたは、横方向(水平方向)と縦方向の緊張のバランスによって、形が保たれています。


    横方向(水平方向)と縦方向の緊張のバランスによって形が保たれている。

    若い頃は下まぶたの靭帯や筋肉(主に眼輪筋)がしっかりしていて、横方向の緊張がありますが、年をとると誰でも靭帯や筋肉が緩んできて、横方向の緊張も緩んできます。
    また、目の下のたるみ取り手術は、下まぶたの皮膚を切除するため、皮膚の切除量が多いと、手術前に比べ、縦方向の緊張が強くなり、下まぶたが下に引っ張られれ力が働くことになります。
    そのため、下まぶたの横方向の緊張が弱い人に対して、目の下のたるみ取り手術で皮膚を切除し過ぎてしまうと、横方向の緊張に縦方向の緊張が勝ってしまい、下まぶたが下に引っ張られれ、下三白眼になったり、更に酷くなると外反してアカンベーの状態になってしまいます。

    下まぶたの皮膚を取りすぎてしまうと、
    下三白眼になって、黒目の下の白目が見えるようになってしまったり、
    酷い場合は、下まぶたが外反して、粘膜が見えるアカンベーの状態になってしまう。

    また、目の下のたるみ取り手術は、皮下組織~眼窩隔膜にかけて瘢痕組織を形成するため、下まぶたの皮膚を切除し過ぎなくても、瘢痕組織によって、縦方向の緊張が強くなり、下まぶたに引っ張られる力が働きます。


    目の下のたるみ取り手術は、皮下組織~眼窩隔膜にかけて瘢痕組織を形成するため(赤線の部分)、瘢痕組織によって、縦方向の緊張が強くなる。

    そのため、下まぶたの横方向の緊張が非常に弱い人は、ほとんど皮膚を切除しなくても、瘢痕組織により下まぶたが引っ張られ、下三白眼になったり、外反してアカンベーの状態になってしまうことがあります。
    特にハムラ法で目の下のたるみ取り手術を行う場合は、眼窩下縁を越えて広い範囲に瘢痕組織ができる上に、眼窩隔膜を下に引っ張って骨膜に固定するため、更に下三白眼や外反のリスクが高くなります。

    特にハムラ法は、眼窩下縁を越えて広い範囲に瘢痕組織ができる上に、眼窩隔膜を下に引っ張って骨膜に固定するため、更に下三白眼や外反のリスクが高くなる。

    手術後6ヶ月間くらいは、特に瘢痕が硬い状態であるため、下三白眼や外反が生じやすく、6ヶ月以上経過すれば改善することもあります。
    もし、改善しなければ、上まぶたの皮膚を切除して下まぶたに皮膚移植して治す修正手術というものもありますが、皮膚が足りないことにより下三白眼や外反が生じている場合はそれで改善しますが、瘢痕により生じている場合は治らないこともあります。

    そういったこともあり、目の下のたるみ取り手術をする場合は、その人の下まぶたの横方向の緊張具合に応じて、皮膚の切除量を調節することが大事であり、あまりにも横方向の緊張が弱い人に対しては、最初から目の下のたるみ取り手術をご提案しない場合もあります。
    目の下のたるみ取り手術ができない場合は、下まぶたの裏側から余分な脂肪を除去する手術や、サーマクールアイFLX目もと専用RF高周波エネルギーシステム、ヒアルロン酸注射、イタリアンリフトファイン吸収糸を使った肌のハリを出す治療などの治療で対応させていただきます。

    下まぶたの横方向の緊張がどれくらいあるかを調べるのは、私(高須幹弥)の場合、術前カウンセリングでの診察持に、スナップバックテストをさせていただきます。
    スナップバックテストというのは、下まぶたの皮膚を指でつまんで引っ張って離すだけの簡単なテストです。
    横方向の緊張がしっかりある人の場合は、勢いよくパチーンと下まぶたが戻るのですが、横方向の緊張が弱い人は、ダラーンとした感じで戻ります。

    スナップバックテスト。
    下まぶたの皮膚を指でつまんで引っ張って、
    離すと、横方向の緊張がしっかりある人の場合は、このように勢いよくパチーンと下まぶたが戻る。
    横方向の緊張が弱い人は、ダラーンとした感じで戻る。
  • 仕上がりにわずかな左右差が生じる可能性について

    下まぶたたるみ取り手術のリスク、副作用に、仕上がりにわずかな左右差が生じる可能性というものがあります。

    そもそも、人間の顔は必ず左右非対称にできています。

    目も必ず非対称にできています。

    眼球のついている位置、まぶたを開ける力、まぶたの厚み、まぶたの皮膚のたるみ具合、脂肪のつき具合、蒙古襞の張り方、つり目具合、タレ目具合、眉の位置、眉から目までの距離など、必ず左右非対称があり、それらにより、元の目は非対称になっています。

    そのため、仮に、完璧に左右対称にデザインし、完璧に左右対称の手術を行ったとしても、元の目の土台の非対称があるため、必ずわずかな非対称は生じてしまうことになります。

    また、手術というのはあくまで、生身の人間の体を生身の人間の手で扱う行為です。

    コンピューターで絵を描くように、完璧に左右対称に仕上げることは現実的、物理的に不可能です。

    我々高須クリニックのドクターは、なるべく左右差が出ないようには最大限の努力はさせていただきますが、上記の理由から、必ずわずかな非対称は生じることになり、コンピューターグラフィックスのような完全なシンメトリーにすることは不可能です。

  • 手術時に下まぶたのまつ毛がカットされることについて

    下まぶたたるみ取り手術のリスク、副作用に、手術時に下まぶたのまつ毛がカットされるということがあります。

    下まぶたたるみ取り手術は、通常、下まぶたの余分な皮膚を切除して縫合します。

    傷跡が目立たないようにまつ毛の生え際のギリギリ下で切開するのですが、メスでその部分を切開する際、下まぶたのまつ毛がメスでカットされることになります。

    そのため、手術直後はまつ毛が1~2mmくらいにカットされた状態になっています。

    しかし、それはさほど気にすることではありません。

    手術して約1週間は傷跡に糸がついていてアイメイクもできないため、まつ毛がカットされて短くなっているどころのことではないし、そもそも下まぶたのまつ毛は生え揃っている状態でも3~5mmくらいしかなく、まつ毛は1日0.1~0.15mm程度伸びるため、個人差はありますが、手術後2~4週間程度でほとんど元のまつ毛の長さまで生え揃うからです。

  • 涙袋に入れたヒアルロン酸がわずかに出ることがある可能性について

    下まぶたたるみ取り手術は、下まぶたのまつ毛の生え際の皮膚を切開する手術であるため、涙袋にヒアルロン酸を注入されている人に対してこの手術を行うと、わずかにヒアルロン酸が出てしまうことがあります。

    ただし、出るとしてもごくわずかのことが多く、それによって特別不都合なことはまずありません。

  • アートメイクが取れる可能性について

    下まぶたたるみ取り手術は、通常、まつ毛の生え際で余分な皮膚を切除するので、下まぶたや目尻の部分にアートメイクが入っている人にこの手術を行うと、アートメイクの入っている皮膚を切除することになることがあります。

  • 手術後の血腫

    下まぶたたるみ取り手術のリスク、副作用に、手術後の血腫があります。

    下まぶたたるみ取り手術は、下まぶたのまつ毛の生え際に沿って皮膚を切開し、内部の処理をした後に皮膚を縫合します。

    手術後は、手術中に使用する局所麻酔液に含まれる血管収縮剤(エピネフリン)や電気止血、圧迫などにより止血されていますが、非常に稀に、手術後に再出血し、血腫が生じることがあります。

    血腫が生じる場合、手術後に血管収縮剤の効果がなくなってくる3~4時間後くらいに生じることが多いですが、手術後24時間以内であれば、血圧が上がることなどによっても生じる可能性があります。

    そのため、手術当日から翌日にかけてはなるべく安静を保つことが重要です。

    万が一血腫が生じた場合は、溜まった血腫の量によっては、血腫を取り除く処置をさせていただくことがあります。

よくあるご質問

1回取ればたるみはもう出ませんか?

森本 剛 医師

森本 剛 医師

時間の経過とともに、多少は加齢によるたるみが出ることもありますが、1回行っておくと、たるみが再び出にくいメリットがあります。今後の老化予防としてもご検討いただきたい手術です。

術後にテープなど貼る事はありますか?

日下志 厳 医師

日下志 厳 医師

当院では、テーピングは原則として不要です。
術後の経過に大きな影響がない場合が多く、貼らないほうが患者様の日常生活において快適と考えております。テープを貼ることでかえって目立ってしまいますので、これを避けたいと考えられる患者様のお気持ちにも配慮しております。

よく、アカンベーをしたような感じになると聞きますが、そのような事はないでしょうか。

奥田 裕章 医師

奥田 裕章 医師

目の下の皮膚を取り除きすぎると、おっしゃるようにアカンベーをしたような状態になることがあります。
そうならないためには経験豊富な医師が適切な手術をすることが重要です。当院の医師は丁寧な診察のうえ、患者様の状態に合わせて適切な皮膚の切除をしますので、心配はございません。

高須クリニックはたるみ取りと脂肪注入をセットで行うことはありますか?

谷 奈保紀 医師

谷 奈保紀 医師

可能ですが、腫れが引いた後の方が段差が分かりやすいので1ヶ月後に脂肪注入をすることをおすすめします。
また、当院では脂肪注入ではなくヒアルロン酸注入がほとんどです。

たるみを切る部分はどのようにデザインしますか?

森本 剛 医師

森本 剛 医師

まつ毛の生え際よりぎりぎり下を目頭側から目尻側まで切開します。涙袋の膨らみが無くならないようにデザインします。

一重のままでたるみ取りだけできますか?

日下志 厳 医師

日下志 厳 医師

可能です。カウンセリングを受けてみることをおすすめいたします。

窪んだ目でもたるみを取ることはできますか?

奥田 裕章 医師

奥田 裕章 医師

可能です。具体的な方法についてはカウンセリング時にご説明させていただきます。

20代でも上まぶたのたるみ取りはできますか?

谷 奈保紀 医師

谷 奈保紀 医師

可能です。よろしければ一度カウンセリングにいらしてください。

ドクターズボイス

高須克弥医師

高須克弥 医師

実年齢より老けて見られたり、疲れていないのに疲れているように見られるのは、とてもイヤなもの。目の下のたるみを取るだけで、一気に美しく元気な印象になります。

当サイトは高須クリニック在籍医師の監修のもとで掲載しております。

2018年6月1日に厚生労働省より施行された医療広告ガイドラインに基づき、
当院の所属医師による監修のもと医療機関として、ウェブサイトを運営しております。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

電話受付時間:9:30〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
診療時間:10:00〜19:00

SNS
オフィシャルアカウント

全国の高須クリニックの
医院一覧