新型コロナウイルス感染予防対策についての
当院の対応につきまして

施術時間
施術時間

20~60分程度

効果
効果

半永久的

メイク
メイク

抜糸後からOK

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)は、二重にしたいラインをわずかに切開することによって、二重まぶたを実現する方法です。
埋没法と違い、将来一重に戻るリスクはなく、効果は半永久的。
また、全切開法と比べ、傷跡も少なく、施術時間や腫れなどのダウンタイムが短いメリットもあります。
まぶたの脂肪も少し取ることもできるため、腫れぼったさが気になる方にもおすすめです。
40年以上に渡って二重整形の実績ある高須クリニックが、理想の二重の実現に向けてお手伝いさせていただきます。

こんなお悩みをお持ちの方へ

  1. まぶたが厚く腫れぼったい
  2. 過去に埋没法をしたが戻ってしまった
  3. 元に戻るのはイヤだが全切開まではしたくない
  4. 腫れが長引くと困る
  5. 幅の広い二重にしたい
  6. 半永久的な効果を望んでいる

ミニ切開法の症例

目頭切開せずに二重まぶたミニ切開法で幅の狭い平行型二重を作った症例写真

  • Before

  • After(6ヶ月後)

ミニ切開法は二重にしようとするヒダの予定線を1~2cm程度切開し、内部処理を行った後、縫い合わせる二重術です。

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

片目 ¥148,500(税込)
両目 ¥275,000(税込)
脂肪切除をする場合や埋没法の糸を抜去する場合の費用も含まれております。

【東京、横浜、名古屋、大阪】

ミニ切開法とは?

ミニ切開法とは、部分切開とも呼ばれる方法です。

  • 二重のラインをデザインする
  • 中心部から一部をメスによって切開する
  • ライン上の皮膚とその下の組織を癒着させる

ことにより二重を作る方法です。
皮膚組織と癒着させるため、糸で留める埋没法に比べ、もとに戻る心配がほとんどありません。

全切開法との違い

高須クリニックでは、同じメスで切開する「全切開法」もご用意しております。
全切開法との違いは切開する長さです。
ミニ切開法の場合、目の横幅の中心部から15~20mm程度切開します。

全切開法は、ほぼまぶたの端から端まで皮膚を切開します。個人差はありますが、目の横幅に合わせて20~30mm程度の切開幅となります。

さらに全切開法では、上まぶたの脂肪(眼窩内脂肪とROOF)も同時に切除することができます。

ミニ切開法のメリット

施術時の痛みの程度や効果の永久性、作れる幅の広さはどちらも変わりませんが、他にはこのような違いがあります。

全切開法 ミニ切開法
手術時間 30~60分程度 20~60分程度
施術時の腫れ 約1~2週間(個人差あり) 約1週間(個人差あり)
腫れぼったさ 脂肪をたくさんとってすっきりすることができる。 脂肪を少しとってすっきりすることができる。

まとめると、ミニ切開法は切開する長さが短いため、手術時間は短く、腫れは少し早く引かせることができます。反面、まぶたの脂肪を多くとることはできないため、

  • まぶたが厚くない
  • まぶたが腫れぼったく見えない
  • ダウンタイムをできるだけ短くしたい

といった方におすすめできる方法です。
また、過去に埋没法を行われた方も同時に可能な限り抜糸を行うことができます。

どちらの方法が向いている?

患者様のご要望が一番ですが、まぶたの状態や作る二重の幅、デザインによって、どちらが向いているか決まる場合が多くなります。
特に腫れぼったさを同時に解消したい、よりはっきりとした平行型二重を作る場合は全切開法が向いている場合もあります。
どの方法が良いのかわからない方は、担当医にお気軽にご相談ください。(どちらも同じ料金にしてあります)。

傷跡はあまり目立ちません

切開施術後の傷跡は、しわと同化するので傷跡がほとんどわからなくなることがほとんどです。
全切開よりミニ切開の方が傷が短いため、若干腫れが少ないですが、「全切開」施術後も、目を閉じても傷跡はあまり目立ちません。
ただし、まぶたが厚い人が幅の広い二重を作った場合、目を閉じたときの傷の食い込みが目立ちやすい傾向があるため、まぶたの状態やご希望の幅によってカウンセリング時にご説明させていただきます。

ミニ切開法と埋没法ではどちらが良い?

高須クリニックの埋没法(クイック二重術)は、特殊な技術と特許取得の極細専用手術糸を使うため、一般的に行われている埋没法より取れにくいことが特徴です。

ただし、まぶたの状態には個人差があるため、二重のラインのできやすさは異なります。
さらに患者様の体質や、ご本人の癖、そして、仕上がりのご希望によっては埋没法では元に戻りやすくなるリスクがあります。
例えば、埋没法はカウンセリング時にスティックで二重ラインを作り、そのラインが長くキープできる方が向いています。

しかし、以下の項目に該当する方は、ミニ切開法、全切開法での施術が向いています。

埋没法をしても元に戻りやすいタイプ

  1. ・まぶたに脂肪がつき腫れぼったい
  2. ・目を開ける力が弱い
  3. ・まぶたの皮膚が厚い
  4. ・アトピーや花粉症などでよく目をこする
  5. ・幅広い二重を望んでいる(二重ラインが目を閉じた状態でまつ毛から7ミリ以上)

ミニ切開法の特徴

施術はすべて豊富なキャリアを
持った形成外科医が担当

施術はすべて豊富なキャリアを持った形成外科医が担当

全切開法の施術は、切開するところが1ミリでもずれると二重の幅は大きく変わります。
そのため患者様の希望通りの繊細なラインに近づけるほど、難易度は上がり、高度な技量が必要になるためどんな医師でもできるわけではありません。
高須クリニックのミニ切開法は高須幹弥はじめ、すべて豊富なキャリアを積んだ形成外科医のみが担当しています。
形成外科医ではない、または経験の浅いドクターが施術をすることはありません。

患者様の希望を最優先した
オーダーメイドデザイン

ひとことで二重といっても、患者様に似合うラインや長さはそれぞれ違います。高須クリニックでは、患者様のご希望を最優先に、綿密なカウンセリングやシミュレーションでオーダーメイドでデザインをご提案。納得いくまでじっくりとお付き合いいたします。
型通りのワンパターンな二重ラインをご提案することはございません。

クオリティが第一だから、
ワンプライスでご提案

高須クリニックでは、二重ラインの違いや痛みの強弱、使用器具によって値段が違う複数のプランや追加料金をご提案することはありません。
どの患者様にも結果、クオリティを考えた最適な施術を第一に考えていますので、ミニ切開法でも全切開法でも同じ料金でご提案しています。

施術料金

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

片目 ¥148,500(税込)
両目 ¥275,000(税込)
脂肪切除をする場合や埋没法の糸を抜去する場合の費用も含まれております。

【東京、横浜、名古屋、大阪】

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税込表示となっております。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

ミニ切開法の代表的な症例

ミニ切開法で幅の狭い平行型二重へ

  • Before

  • After(6ヶ月後)

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

片目 ¥148,500(税込)
両目 ¥275,000(税込)
脂肪切除をする場合や埋没法の糸を抜去する場合の費用も含まれております。

【東京、横浜、名古屋、大阪】

自然な末広型二重へ

  • Before

  • After(メイクなし)

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

片目 ¥148,500(税込)
両目 ¥275,000(税込)
脂肪切除をする場合や埋没法の糸を抜去する場合の費用も含まれております。

【東京、横浜、名古屋、大阪】

幅が広すぎない二重まぶたへ

  • Before

  • After(6ヶ月後)

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

片目 ¥148,500(税込)
両目 ¥275,000(税込)
脂肪切除をする場合や埋没法の糸を抜去する場合の費用も含まれております。

【東京、横浜、名古屋、大阪】

ミニ切開法で幅広めの平行型二重

  • Before

  • After(メイクなし)

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

片目 ¥148,500(税込)
両目 ¥275,000(税込)
脂肪切除をする場合や埋没法の糸を抜去する場合の費用も含まれております。

【東京、横浜、名古屋、大阪】

痛み・腫れへの対策

ミニ切開法では、最初の麻酔の注射でのわずかな痛み以外、手術中に基本的に痛みはありません。
その他、術中、術後に独自の対策を実施しています。

痛みも極力少なく。高須こだわりのトリプル麻酔

麻酔クリーム

麻酔クリーム

麻酔クリームを塗る様子

麻酔クリームを塗る様子

高須クリニックのミニ切開法では、

  • 点眼麻酔
  • 麻酔クリーム
  • 局所麻酔

のトリプル麻酔で、施術時の痛みを極力取り除く工夫をしています。
また、局所麻酔時に使用する麻酔針もかなり細い30~34G(0.3mm~0.18mm)のものをご用意し、注射時の痛みが少なくなるように努力しています。

質の良い注射針で針の痛みを少なく

一般的に注射針は、より細く、より切れの良いほうが痛みが少なくなっています。高須クリニックでは、細さと切れ味を追及した質の良い注射針を使用し、注射する部位によって使用する針を替え、少しでも患者様の痛みが少なくなるように努力しています。

漢方薬で腫れを早く引かせる

高須クリニックでは、手術後や注射後などの腫れを早く引かせる漢方薬「治打撲一方(ヂダボクイッポウ)」を常備しております。
患部の血行をよくするとともに、腫れや痛みをやわらげる効果があります。

内出血を早く引かせる薬「ケラスキンクリーム」

赤血球中のヘモグロビンに含まれる鉄を排出する作用があるラクトフェリンを配合し、内出血の色を早く消す効果があります。

ミニ切開法のダウンタイム

  • 【手術後】
    入院する必要はなく、手術後そのまま歩いてお帰りいただけますが、車の運転はお控えください。腫れが気になる方は、サングラスをしてお帰り頂ければまったくわかりません。
  • 【抜糸】
    手術日から約1週間後に再び来院していただき、手術で縫合した部分の抜糸を行います。痛みはほとんどありません。
  • 【洗顔】
    手術当日からまぶたも含めお顔を水やぬるま湯で軽く洗って頂けますが、傷跡をできるだけ濡らさないようにしてください。
    24時間後からは洗顔フォームを使用して普通に洗顔して頂いて構いません。
  • 【シャワー・洗髪】
    手術当日からシャワー、洗髪は可能です。
  • 【入浴】
    手術翌日から可能ですが、血流が良くなることによる腫れを避けるため、手術後6日目くらいまでは、熱いお風呂に長時間浸かるのは避け、ぬるま湯に短時間浸かる程度にとどめましょう。
  • 【アイメイク】
    約1週間後の抜糸した翌日から可能です。
    ただし、最初はできるだけまぶたに負担をかけないよう心掛けてください。
  • 【運動】
    手術後7日目以降から軽いランニング程度は可能です。
    それまでは積極的に運動するのはやめておいたほうが無難です。
  • 【コンタクト】
    目の周りに傷があるため、抜糸するまでの1週間は控えてください。
  • 【エステ・マッサージ】
    目の周囲は、14日目くらいから軽くマッサージしていただくことができます。
  • 【アイシング】
    手術後は、目元を適度に冷やしていただくと、冷やさない場合と比べ、腫れが引くのが少し早くなります。
    術後2~3日は、アイスノンなどをタオルなどでくるみ、目元に軽く押さえることを1回数分~数十分を1日数回繰り返していただくことをおすすめします。
  • 【まつ毛エクステ、アイプチなど】
    手術後1ヶ月間くらいは控えることをおすすめします。

カウンセリングに徹底してこだわります

患者様が理想とする二重まぶたを手に入れるために、高須クリニックが最も重視しているのは、カウンセリングとシミュレーションです。

特に切開法は、埋没法と違い、一度ラインを作ってしまうと元に戻すことは困難で、切開するところが1ミリでもずれると二重の幅は大きく変わってしまいます。

そのため、担当医師は患者様のなりたいイメージを可能な限り把握しておくことが重要です。

患者様のなりたいイメージを可能な限り把握するため、手術前には必ず患者様のご希望を詳細にお聞きし、一人ひとりの目の形や顔のバランスに合わせて切開する角度や長さをコンピュータでシミュレーション。

目の大きさや形はもちろん、顔全体の仕上がりを施術前にイメージすることができます。

例えば、「このタレントさんのような目にしたい!」と雑誌の写真などを持ってきてくだされば、それを見ながら、じっくりカウンセリングすることも可能です。

可愛らしい印象のくっきり幅広い二重も、正統派美少女風の細めの二重も、出来る限りあなたのイメージ通りに仕上げます。

どんな細かいご要望でもできるだけおっしゃってください。

切開法の施術の流れ

ミニ切開法の注意点やリスク

施術時間20~60分程度
術後の通院1回
術後の腫れ強い腫れは約1週間(個人差あり)
カウンセリング当日の治療予約に空きがあれば可能
入院の必要性なし
麻酔点眼麻酔とクリーム麻酔と局所麻酔併用
シャワー当日より可能
メイク抜糸後より可能
  • 【腫れ】
    抜糸するまでの約1週間程度は、強い腫れがあります。
    手術直後~手術翌日が腫れのピークであり、その後は徐々に腫れが引いていきます。
    抜糸後もまだ多少の腫れは残るため、術前に予定した二重の幅より広くなっています。
    さらに時間の経過と共に腫れは引いていき、二重の幅も狭くなっていって、予定の仕上がりとなります。
    完全に腫れが引いて完成するのは、平均すると6ヶ月くらいかかります。
    ※術後の腫れの強さ、腫れが引くまでの期間の長さは個人差があります。
  • 【内出血】
    程度の差はあれ、ほとんどの方に内出血が生じます。
    程度の軽い内出血であれば、1週間後の抜糸の頃にはほとんど消えていますが、運悪く強い内出血が出てしまうと、消えるまで2週間程度かかることがあります。
    高須クリニックでは、内出血を早く引かせる薬「ケラスキンクリーム」を常備しておりますので、発生した方はお申し出ください。
  • 日にちを空けて片目ずつ手術を受ける場合について

    二重まぶた・ミニ切開法などの目もとの手術をする場合、仕事や学校を休むことができず、日にちを空けて片目ずつ行うことがあります。
    片目ずつ行う場合のリスクとして、両目同時に行うのに比べ、最終的な仕上がりに左右差が生じ易いということがあります。
    目もとというのは、日によって微妙な変化をします。
    その日の体調によっても変化し、朝か夕方かによっても変化するし、体重が1キロ変わるだけでも微妙な変化をします。
    そのため、目もとのコンディションが違う状態で、日にちを空けて片目ずつ手術を行うと、どうしても仕上がりに微妙な左右差が生じてしまうことがあります。
    目もとを含めて、人間の顔は誰でも左右非対称であるため、両目同時に手術を行ったとしても、パソコンで絵を書いたような完全な左右対称にすることはできません。
    しかし、両目同時に手術する場合は、左右の目が同じコンディションであるし、手術のする医師が、左右の目をリアルタイムで比べながら、正確な手術ができるので、術後に生じる左右差を必要最小限に抑えることができます。
    左右対称に強いこだわりのない方は、日にちを空けて片目ずつ手術しても問題ありませんが、左右対称に強いこだわりのある方は、通常通り両目同時に手術をすることをご検討ください。

  • 二重まぶた切開法や眼瞼下垂手術で、元の目に合わないデザインで二重幅を作ったときのリスクについて

    二重まぶた切開法や眼瞼下垂手術で、元の目に合わないデザインで二重幅を作ったときのリスクについて解説させていただきます。

    二重まぶたミニ切開法や全切開法、眼瞼下垂手術で二重を作る場合、まぶたの皮膚を切開し、切開したラインで癒着を作り、永久的な二重のラインを作ることになります。
    そのため、切開して永久的な二重のラインを作るということは、人生における大きな決断をするということになります。
    自分に合っていない不自然な二重で切開した場合、残りの人世を一生不自然な二重で生きていくことになります。
    不自然な二重で切開してしまった場合、ある程度修正手術で自然な二重に近づけることができたとしても、難しく、限界があることが多いし、場合によっては全く修正できないこともあります。
    では、自分に合った自然な二重に切開して作りたい場合、どうしたらいいのでしょうか?
    答えは簡単です。
    高須クリニックのベテランの医者にデザインをお任せください。
    どんな人でも、その人の目に合った一番自然で似合っている二重のラインというものが、必ず一つだけあります。
    それは、二重のラインを作ったとき、黒目が最も大きく露出する二重のラインです。
    そのラインは、目を閉じた状態で7mmくらいのことが多いですが、まぶたを開ける力やまぶたの厚みなどにより個人差があります。
    まぶたを開ける力が弱い人は4mmくらいのこともあり、まぶたを開ける力が強い人は9mmくらいのこともあります。

    目を閉じた状態で7mmくらいの位置で二重のラインを作るのが一番自然で似合っていることが多い
    目が最も大きく露出する二重が一番自然で似合っていることになる

    自分に一番合った自然なラインで二重を作ると、蒙古ひだがある程度発達している典型的な極東アジア人の顔の人は末広型二重になり、蒙古ひだがあまり発達していない顔の人は平行型二重になります。
    日本人の約7割は典型的な極東アジア人の顔をしているので、7割の人は末広型二重が一番自然で似合っている二重であり、残りの3割の人は平行型二重が一番自然で似合っている二重ということになります。

    蒙古ひだがある程度発達している典型的な極東アジア人のまぶたの場合に、一番自然で似合っている二重を作ると、
    目頭側は、蒙古ひだの中に二重のラインが入り込み、末広型二重になる
    蒙古ひだがあまり発達していないまぶたに、一番自然で似合っている二重を作ると、
    目頭側の二重のラインは、蒙古ひだの中に入り込まないため、平行型二重になる

    皆さんが憧れるような可愛いモデルさん、綺麗な女優さん、イケメンアイドルなどの人達は平行型二重である割合が高いです。
    それは、元の顔が、平行型二重が自然で似合っている顔であることが多いからです。

    自分に合っていないラインで二重を作ると不自然になる?

    前述した通り、自分に一番合っている二重のラインで二重を作れば、必ず自然な二重になります。
    まぶたが非常に分厚い人や、まぶたを開ける力が非常に強い人の場合は、その人に一番合っている二重が奥二重っぽくなることも稀にありますが、ほとんどの人はまつ毛の生え際が隠れて見えなくなることはありません。
    傷跡が綺麗に治り、強くくい込んだりすることもありません。
    目を開けた状態でも、くい込みが強くて不自然になることはありません。

    では、自分に一番合っている二重ではない二重を切開して作った場合はどうなるのでしょうか?
    その場合、自分に一番合っている二重よりも幅の狭い二重を作った場合は、幅は狭くはなりますが、不自然になることはありません。
    しかし、自分に一番合っている二重よりも幅を広くしたり、末広型が一番自然で似合っていることになるのに、無理して平行型二重を作った場合は、多少の不自然さが出てくることになります。
    二重の幅に関しては、自分に一番合っている二重の幅から、広げれば広げるだけ不自然さが強くなっていきます。

    以下に、無理して二重の幅を広げた場合、具体的にどのように不自然になるのか解説していきます。

    ①元々分厚いまぶたは、更に分厚さが強調される

    上まぶたは、下のほうは薄いですが、上のほうは厚いです。

    〈まぶたと目の断面図の解剖〉
    上まぶたは、下のほうは薄いが、上のほうは厚くなる

    元のまぶたが厚い人ほどこの傾向が強いです。
    そのため、元のまぶたが厚い人は、なるべく狭い二重にするのが自然に仕上がるのですが(奥二重が一番自然なことも多い)、無理して幅の広い二重を作ると、上のほうの分厚い皮膚が折れ曲がる、厚ぼったさが強調された二重になってしまいます。

    元のまぶたが厚い人に、無理して幅の広い二重を作ると、上のほうの分厚い皮膚が折れ曲がる、厚ぼったさが強調された二重になってしまう

    手術の際に眼窩内脂肪やROOFを除去したり、手術後に小顔専用脂肪溶解注射メソシェイプフェイス小顔専用高濃度脂肪溶解メソカクテルで皮下脂肪などを溶かして、多少まぶたを薄くすることはできるのですが、それでも元々まぶたの薄い人ほど薄くすることはできません。

    患者様の希望で非常に分厚いまぶたに、やや幅の広い平行型二重を作った症例写真

    手術前

    非常に分厚いまぶたの症例。
    患者様の希望で、やや幅の広い平行型二重を作ることになった
    手術後

    全切開法で、蒙古ひだを乗り越えて二重のラインを作り、平行型二重になったが、分厚いまぶたの印象は強くなっている?
    患者様は平行型二重になって満足しているが、本当は奥二重くらいの幅の末広型二重にしたほうが自然で可愛くなったと思われる。

    ②目を閉じた状態や伏し目になったときの傷跡が食い込んで目立ちやすくなる

    厚いまぶたの人に幅広い二重を作る場合、上のほうの分厚いまぶたのところで皮膚を切開して癒着させて二重のラインを作ることになります。
    そうすると、目を閉じた状態や伏し目になった状態での傷跡が食い込んで目立ちやすくなることがあります。

    上のほうの分厚いまぶたのところで皮膚を切開して癒着させて二重のラインを作ることになるので、目を閉じた状態や伏し目になった状態での傷跡が食い込んで目立ちやすくなる

    傷跡が食い込まないように癒着を緩くすると、はっきりしない浅い二重のラインになったり、癒着が取れて二重のラインが外れてしまうことがあります。
    まぶたの分厚い人に幅広い二重を作る場合は、強力な癒着をさせる必要があるのです。
    狭い二重を作る場合は、下のほうの薄いまぶたを切開して癒着させて二重のラインを作るので、傷跡が食い込んで目立つことはありません。

    患者様の希望で分厚いまぶたに、幅広い平行型二重を作った症例写真

    手術前
    分厚いまぶただが、患者様の希望で、幅広い平行型二重を全切開法で作ることになった
    手術後
    メイクなし
    幅広い平行なったが、二重のラインの下の皮膚がぷっくり膨らんで、まつ毛の生え際に覆い被さっている。
    目を閉じた状態 目を閉じると、やや傷跡が食い込んで目立つ?
    メイクあり 本人に普段しているアイメイクをしてもらった。
    アイラインを書いても奥二重のようにならず、二重のラインがはっきりとわかる。
    患者様本人はそれなりに満足している?

    ③元々まぶたの開きの悪い人に幅広い二重を作ると、眠たそうな目になる

    元々まぶたの開きが悪い人に、眼瞼下垂手術を行わずに、二重の手術をして幅広い二重を作ると、ガチャピンやグーフィーのような眠たそうな目になります。
    そのような目の場合、眼瞼下垂手術をするのが良いですが、予算の都合などで二重まぶた切開法だけをする場合は、狭い二重を作るほうがまぶたの開きが悪くならず、あまり眠たそうな目にならないことが多いです。

    まぶたの開きの悪い患者様の希望で、幅広い平行型二重を作った症例写真

    手術前

    元々まぶたの開きが良くないが、患者様の希望で幅広い平行型二重を全切開法で作ることになった
    手術後

    メイクなし
    二重のラインの下の皮膚がぷっくり膨らんで、まつ毛の生え際に覆い被さっているため、手術前の一重の状態のときとまぶたの開きは変わっておらず、眠たそうな目のままである。
    もっと狭いラインで自然な二重を作れば、まつ毛の生え際に覆い被さっている皮膚が持ち上がって、まつ毛の生え際が見えて、まぶたの開きは良くなったであろう。
    目を閉じた状態 無理して幅広い二重を作ったため、目を閉じると、やや傷跡が食い込んで目立つ?

    メイクあり
    本人に普段しているアイメイクをしてもらった。
    はでなメイクをするとそれなりに映えるので、本人はそれなりに満足している。
    しかし、スッピンやナチュラルメイクになると眠たそうな目になり、不自然さは否めない。

    ④目を開けたときのくい込みが強くなって、キツい印象になる

    まぶたの開きが良くて、まぶたが分厚い人に対して、無理して幅の広い二重を作ると、上のほうの分厚い皮膚が強く折れ曲がる二重になり、目を開けたときのくい込みが強くなって、キツい印象になることがあります。

    分厚いまぶたの患者様の希望で、幅広い平行型二重を作った症例写真

    手術前

    分厚いまぶただが、自然な末広型二重であった。患者様の希望で、幅広い平行型二重を全切開法で作ることになった。
    手術後

    メイクなし
    上のほうの分厚い皮膚が強く折れ曲がる二重になり、目を開けたときのくい込みが強くなった?
    キツい印象になってしまったか?
    メイクあり 本人に普段しているアイメイクをしてもらった。
    それなりに満足している?

    ⑤二重のラインの下の皮膚がぷっくりして、まつ毛の生え際に覆い被さり、まつ毛の生え際が隠れて見えなくなる

    まぶたの厚い人に無理して幅の広い二重を作ると、目を開けた状態で、二重のラインの下の皮膚がぷっくり膨らんで、まつ毛の生え際に覆い被さり、まつ毛の生え際が隠れて見えなくなることがあります。

    目を開けた状態で、二重のラインの下の皮膚がぷっくり膨らんで、まつ毛の生え際に覆い被さり、まつ毛の生え際が隠れて見えなくなる

    時々、他院で自分に合っていない幅広い二重を作り、わたしに、「ぷっくりしているところの脂肪を取って、ぷっくりを治してください」と言う方がいますが、ぷっくりは脂肪が原因ではなく、幅広い二重を作ったことにより、二重のラインの下の皮膚が余っていることによるものなので、脂肪を取ってもぷっくりは治りません。
    そう説明すると、「じゃあ、その余っている皮膚を切除して、ぷっくりを改善してください」と言う方がいらっしゃいます。
    確かに、余っている皮膚を切除することができれば、ある程度ぷっくりが改善することになりますが、その場合は二重の幅が狭くなるので、二重の幅は狭くしたくないという方には、それはできないことになります。

    まぶたが厚い患者様の希望で、幅広い平行型二重を作った症例写真

    手術前

    まぶたが厚く、目力が強い症例。
    他院で涙袋に大量にヒアルロン酸を注射して、不自然に膨らんでいる。
    患者様の希望で、全切開法で幅広い平行型二重を作ることになった。
    手術後

    メイクなし
    二重のラインの下の皮膚がぷっくり膨らんで、まつ毛の生え際に覆い被さっている。
    メイクあり 本人に普段しているアイメイクをしてもらった。
    希望した通りの幅広い平行型二重になり、本人はそれなりに満足している。

    ⑥目を開けた状態での二重のラインが、内側(目頭側)と外側(目尻側)で途切れて尻切れトンボのようなラインになる

    無理して幅広い二重を作ると、目を開けた状態での二重のラインが、内側(目頭側)と外側(目尻側)で途切れて、尻切れトンボのようなラインになることがあります。
    内側と外側は中央にくらべ、まぶたを開ける力が弱いので、目を開けた状態で、しっかりと皮膚が折り畳まれないからそうなります。

    無理して極端に幅広い二重を作ると、
    目を開けた状態での二重のラインが、内側(目頭側)と外側(目尻側)で途切れて尻切れトンボのようなラインになる。

    まぶたを開ける力が弱い人ほどこうなりやすいです。
    また、二重の幅を広げれば広げるほでこうなりやすいです。

    既にかなり幅広い二重を作っている患者様の希望で、更に幅広い二重を作った症例写真

    手術前

    既にかなり幅広い二重を全切開法で作っているが、患者様の希望で、切開法で更に二重の幅を広げることになった。
    既に二重のラインの下の皮膚がまつ毛の生え際に覆い被さっている。
    同時にタレ目形成(グラマラスライン)も行った。
    手術後

    メイクなし
    目を開けた状態での二重のラインが、内側(目頭側)と外側(目尻側)で途切れて尻切れトンボのようなラインになった。
    二重のラインの下の皮膚は、更にひどくまつ毛の生え際に覆い被さっている。
    メイクあり 本人に普段しているアイメイクをしてもらった。
    本人は満足している?

    ⑦左右差がでやすい

    その人に合った一番自然で似合っている二重の幅より広いラインで二重を作ったり、末広型が自然で似合っているのに無理して蒙古襞を乗り越えて平行型二重を作ったりすると、仕上がりに左右差がでやすいというリスクがあります。

    元々誰でも左右の顔は非対称にできています。

    目も必ず非対称にできており、眼球のついている位置、まぶたを開ける力、まぶたの厚み、まぶたの皮膚のたるみ具合、脂肪のつき具合、蒙古襞の張り方、つり目具合、タレ目具合、眉の位置、眉から目までの距離など、必ず左右非対称があります。

    そのため、仮に、完璧に左右対称にデザインし、完璧に左右対称の手術を行ったとしても、元の目の土台の非対称があるため、必ずわずかな非対称は生じてしまうことになります。

    また、手術というのはあくまで、生身の人間の体を生身の人間の手で扱う行為です。

    コンピューターで絵を描くように、完璧に左右対称に仕上げることは現実的、物理的に不可能です。

    我々高須クリニックのドクターは、なるべく左右差が出ないようには最大限の努力はさせていただきますが、上記の理由から、必ずわずかな非対称は生じることになり、コンピューターグラフィックスのような完全なシンメトリーにすることは不可能です。

    作る二重の幅が広ければ広いほど、土台の非対称が強調されて目立つようになります。

    そのため、その人に合った一番自然で似合っている二重の幅より広いラインで二重を作ったり、末広型が自然で似合っているのに無理して蒙古襞を乗り越えて平行型二重を作ったりすると、その人に合った一番自然で似合っている二重で手術をするときやそれより狭いラインで手術をするときに比べ、仕上がりに左右差がでやすいというリスクがあります。

    ⑧腫れが長引く、ハムやソーセージのような二重になる

    一般的に二重の手術の術後は、作る予定の二重の幅が腫れることによって更に幅が広くなって腫れが目立ちます。

    その人に一番合っている自然なラインで二重よりも幅の広いラインで二重を作れば、当然腫れは目立つし、長引くことになります。

    特に、まぶたが分厚くて蒙古襞が張っている典型的な日本人の目の人に対して、蒙古襞を乗り越えて無理して平行型二重を作ったり、幅の広い二重を作った場合は、二重のラインの下の皮膚がぷっくり膨らんでまつ毛の生え際に覆い被さり、俗に言う、ハムやソーセージのような二重になりますが、そのハムやソーセージのような二重になる場合は、その部分が腫れによって更に膨らみ、ハムやソーセージのような状態が更に酷くなります。

    その上、ハムやソーセージのような二重を作ると、腫れが引くのに非常に長い時間を要し、長いと、完全に腫れが引くまで2~3年かかることもあります。

    しかし、完全に腫れが引いてもハムやソーセージのような状態は治るわけではありません。

    ハムやソーセージのような二重になりたくない場合は、自分のまぶたに合っていない二重のデザインを医師に要求するのではなく、自分に一番合った自然で似合っている二重のラインを医師に決めてもらうのが良いです。

     

    元の目のデザインに合わない二重を作った症例一覧

    症例①
    末広型二重の患者様の希望で、幅広い平行型二重を作った症例写真

    Before After (メイクなし)
    術前。
    左目が腱膜性眼瞼下垂ではあるが、自然な末広型二重である。
    通常は、今の二重のラインのままで左目の眼瞼下垂手術のみをするのだが、患者様の希望で幅広平行型二重を二重まぶたミニ切開法で作ることになった。
    術後。
    幅広平行型二重になった。
    二重のラインの下の皮膚がぷっくり膨らんでまつ毛の生え際に覆い被さっているため、眠たそうな印象がある。
    左目は下垂の手術はせず、二重を作っただけなので、特に眠たそうな目になっている。
    After (メイクあり)
    患者様に普段しているメイクをしていただいた。
    左目はアイラインを太く引くことにより、まぶたの開きが悪いのを誤魔化してカバーしている。
    メイク映えする目になったので、患者様は満足している。

    症例②
    蒙古ひだが強く張っている末広型二重の患者様の希望で、幅広い平行型二重を作った症例写真

    Before After (メイクなし)
    術前。
    蒙古ひだが強く張っている末広型二重。
    二重自体は自然であるため、二重は弄らず末広型二重のまま目頭切開のみを行うのがよいのかもしれないが、幅広平行型二重を希望された。
    目頭切開と二重まぶたミニ切開法を行うことになった。
    術後。
    幅広平行型二重になった。
    二重のラインの下の皮膚はぷっくり膨らんで、まつ毛の生え際が少し隠れている。
    二重のラインは目頭側も目尻側も途中でやや途切れ気味である。
    After (目を閉じた状態)
    切開線の傷跡はやや食い込みが強い。
    After (メイクあり)
    患者様に普段しているアイメイクをしていただいた。

    症例③
    まぶたの開きがやや悪い奥二重の患者様の希望で、幅広い平行型二重を作った症例写真

    Before After (メイクなし)
    術前。
    まぶたの開きがやや悪い奥二重。
    幅広平行型二重を希望された。
    開きを良くするために、眼瞼下垂手術で行うことになった。
    術後。
    幅広平行型二重になった。
    まぶたの開きは良くなったのだが、二重のラインの下の皮膚がぷっくり膨らんでまつ毛の生え際に覆い被さるため、その分まぶたの開きが悪くなってしまっている。
    After (目を閉じた状態)
    幅が広いため、切開線の傷跡はやや食い込み気味で目立ちやすい。
    After (メイクあり)
    患者様に普段しているアイメイクをしていただいた。

    症例④
    非常に分厚いまぶたで蒙古ひだも強く張っている患者様の希望で、平行型二重を作った症例写真

    Before After (メイクなし)
    術前。
    非常に分厚いまぶたである。
    蒙古ひだも強く張っている。
    目と目の間隔はそれほど離れていない。
    無難に狭い末広型二重を二重まぶた切開法で作るだけが良いのかもしれないが、平行型二重を希望されたので、目頭切開と二重まぶた全切開法を行うことになった。
    術後。
    平行型二重になった。
    上の方の厚い皮膚が折れ曲がる厚ぼったい二重である。
    蒙古ひだの突っ張りを解除したことにより、やや寄り目気味になって、やや外斜視気味になっている。
    After (目を閉じた状態)
    元々厚いまぶたの上の方の厚い部分の皮膚を切開して癒着させたので、切開線の傷跡は食い込み気味である。
    After (メイクあり)
    患者様に普段しているアイメイクをしていただいた。

    症例⑤
    まぶたの開きがあまりよくない末広型二重の患者様の希望で、平行型二重を作った症例写真

    Before After (メイクなし)
    術前。
    まぶたの開きがあまりよくない。
    はっきりしない末広型の二重のラインがある。
    平行型二重を希望されたので、蒙古ひだを乗り上げるように、元の末広型のラインより幅の広い二重のラインを二重まぶた全切開法で作ることになった。
    同時に目頭切開も行った。
    術後。
    平行型二重になった。
    二重のラインの下の皮膚がぷっくり膨らんでまつ毛の生え際に覆い被さるため、やや眠たそうな印象がある。
    After (目を閉じた状態)
    切開線の傷跡はやや食い込み気味であるが、元のまぶたの皮膚はそれほど厚くないため、許容範囲内か。
    After (メイクあり)
    患者様に普段しているアイメイクをしていただいた。
    俗に言う、アイラインを引いても奥二重のようにならず、二重だってわかる二重である。

    症例⑥
    非常にキツいツリ目の末広型二重の患者様の希望で、幅広い平行型二重を作った症例写真

    Before After (メイクなし)
    術前。
    非常にキツいツリ目である。
    狭い末広型二重を二重まぶた全切開法で作るのが無難か?
    患者様は幅広めの平行型二重を希望されたので、目頭切開を行って蒙古ひだの突っ張りを少し解除し、二重まぶた全切開法で蒙古ひだを乗り上げる幅広い二重を作ることになった。
    術後。
    幅広めの平行型二重になった。
    二重のラインの下の皮膚がぷっくり膨らんで、まつ毛の生え際に覆い被さっている。
    After (目を閉じた状態)
    厚いまぶたの上の方の厚い皮膚で切開したため、切開線の傷跡はやや食い込み気味である。
    After (メイクあり)
    患者様に普段しているアイメイクをしていただいた。
    俗に言う、アイラインを引いても奥二重のようにならず、二重だってわかる二重である。
    しっかりとメイクをすればそれなりにいいのかもしれない。

    症例⑦
    非常に分厚いまぶたで狭い末広型二重の患者様の希望で、幅広い平行型二重を作った症例写真

    Before After (メイクなし)
    術前。
    非常に分厚いまぶたである。
    狭い末広型二重であるが、これくらいの二重が一番似合っているであろう。
    今のラインのまま全切開して、ROOFと眼窩内脂肪を切除する程度にしておくのが無難か?
    患者様は幅広平行型二重を希望されたので、二重まぶた全切開法で作ることになった。
    術後。
    幅広平行型二重になった。
    涙袋にヒアルロン酸注射もしている。
    元々分厚いまぶたの上の方の厚い皮膚で二重を作っているので、二重のラインの下の皮膚も分厚い。
    まつ毛の生え際は完全に隠れている。
    After (目を閉じた状態)
    厚いまぶたの上の方の厚い皮膚を切開して癒着させているので、切開線の傷跡は食い込み気味である。
    After (メイクあり)
    患者様に普段しているアイメイクをしていただいた。
    派手なアイメイクをするとそれなりである。

    症例⑧
    まぶたの開きはあまりよくない狭い末広型二重の患者様の希望で、幅広い平行型二重を作った症例写真

    Before After (メイクなし)
    術前。
    まぶたの開きはあまりよくなく、目が窪んでいるのが難点である。
    狭い末広型二重である。
    このような症例は、眼瞼下垂手術をして、狭い末広型二重を作るのが無難か?
    患者様は幅広めの平行型二重を希望されたので、目頭切開と二重まぶた全切開法をすることになった。
    術後。
    幅広めの平行型二重になった。
    まつ毛の生え際は辛うじて見えているが、二重のラインの下の皮膚はぷっくり膨らんでいる。
    After (目を閉じた状態)
    幅の広い位置で切開して癒着させているので、切開線の傷跡はやや食い込み気味である。
    After (メイクあり)
    患者様に普段しているアイメイクをしていただいた。
    俗に言う、アイラインを引いても奥二重のようにならず、二重だってわかる二重である。

    施術料金

    二重まぶた・全切開法

    片目 ¥148,500(税込)
    両目 ¥275,000(税込)
    脂肪切除をする場合や埋没法の糸を抜去する場合の費用も含まれております。

    【東京、横浜、名古屋、大阪】

    二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

    片目 ¥148,500(税込)
    両目 ¥275,000(税込)
    脂肪切除をする場合や埋没法の糸を抜去する場合の費用も含まれております。

    【東京、横浜、名古屋、大阪】

    目頭切開

    片目 ¥148,500(税込)
    両目 ¥275,000(税込)

    【東京、横浜、名古屋、大阪】

  • 仕上がりにわずかな左右差が生じる可能性について

    二重まぶたミニ切開法のリスク、副作用に、仕上がりにわずかな左右差が生じる可能性というものがあります。

    そもそも、人間の顔は必ず左右非対称にできています。

    目も必ず非対称にできています。

    眼球のついている位置、まぶたを開ける力、まぶたの厚み、まぶたの皮膚のたるみ具合、脂肪のつき具合、蒙古襞の張り方、つり目具合、タレ目具合、眉の位置、眉から目までの距離など、必ず左右非対称があり、それらにより、元の目は非対称になっています。

    そのため、仮に、完璧に左右対称にデザインし、完璧に左右対称の手術を行ったとしても、元の目の土台の非対称があるため、必ずわずかな非対称は生じてしまうことになります。

    また、手術というのはあくまで、生身の人間の体を生身の人間の手で扱う行為です。

    コンピューターで絵を描くように、完璧に左右対称に仕上げることは現実的、物理的に不可能です。

    我々高須クリニックのドクターは、なるべく左右差が出ないようには最大限の努力はさせていただきますが、上記の理由から、必ずわずかな非対称は生じることになり、コンピューターグラフィックスのような完全なシンメトリーにすることは不可能です。

  • 仕上がりが完璧に自分の理想の形にならないことがある可能性について

    二重まぶたミニ切開法のリスク、副作用に、仕上がりが完璧に自分の理想の形にならないことがある可能性というものがあります。

    二重まぶたミニ切開法を希望される患者様の中には、二重の幅広、形などのデザインを非常に細かく要望される方がいらっしゃいます。

    中には、憧れの芸能人などの目の写真を見せて、「この人と同じような幅、形の二重にしたい」などのようにおっしゃり、他人と全く同じ目にしようとされる方もいらっしゃいます。

    しかし、手術というのはあくまで、生身の人間の体を生身の人間の手で扱う行為です。

    コンピューターで絵を描くように、何でも自由自在に形を変えることは現実的、物理的に不可能です。

    また、まぶたや目の構造は、人によって千差万別であり、眼球のついている位置、まぶたを開ける力、まぶたの厚み、まぶたの皮膚のたるみ具合、脂肪のつき具合、蒙古襞の張り方、つり目具合、タレ目具合、眉の位置、眉から目までの距離など、必ず解剖学的な個人差があります。

    土台が違うのに、表面的に二重のラインをミニ切開法で作っても、他人と全く同じ目を作ることは、やはり現実的、物理的に不可能です。

    我々高須クリニックのドクターは、なるべく患者様の希望の形に近づくようには最大限の努力はさせていただきますが、上記の理由から、患者様が非常に細かいデザインを要望される場合、完璧にその通りに仕上げるのは不可能である場合が多いです。

  • 二重のラインの癒着がとれる可能性について

    二重まぶたミニ切開法のリスク、副作用に、手術後に二重のラインの癒着が取れる可能性ということがあります。

    二重まぶたミニ切開法は、新たに作る二重のラインに沿って皮膚を切開し、その切開線を挙筋腱膜などに癒着させることにより、半永久的に取れない二重を作る手術です。

    通常は、埋没法のように糸が緩んで二重のラインがとれるなどのことは起こらないのですが、万が一、手術のときの二重のラインの癒着が弱いと、非常に稀に二重のラインがなくなってしまうことがあり得ます。

    もし、二重のラインの癒着がとれてしまったら、再手術をして、再度癒着をさせ、とれない二重を作るようにさせていただきます。

  • 手術後の血腫

    二重まぶたミニ切開法のリスク、副作用に、手術後の血腫があります。

    二重まぶたミニ切開法は、新たに作る二重のラインに沿って皮膚を切開し、内部の処理をした後に皮膚を縫合します。

    手術後は、手術中に使用する局所麻酔液に含まれる血管収縮剤(エピネフリン)や電気止血、圧迫などにより止血されていますが、非常に稀に、手術後に再出血し、血腫が生じることがあります。

    血腫が生じる場合、手術後に血管収縮剤の効果がなくなってくる3~4時間後くらいに生じることが多いですが、手術後24時間以内であれば、血圧が上がることなどによっても生じる可能性があります。

    そのため、手術当日から翌日にかけてはなるべく安静を保つことが重要です。

    万が一血腫が生じた場合は、溜まった血腫の量によっては、血腫を取り除く処置をさせていただくことがあります。

よくあるご質問

ネットに書いてあったんですが、全切開法やミニ切開法(部分切開法、小切開法)で二重まぶたを作っても、時間が経つとだんだん幅が狭くなっていくんですよね?
だから、手術前に二重幅のデザインを決めるとき、幅を広めに設定したほうがいいんですよね?

Array 医師

高須 幹弥 医師

二重まぶた全切開法でもミニ切開法でも、手術の上手な医者が正しい手術をした場合は、通常、手術後6ヶ月経過し、完全に腫れが引いて完成した後に、それ以上二重の幅が狭くなることはありません。

腫れが引いて完成した後、極端に痩せたり太ったりすれば、わずかに二重の幅が広くなったり狭くなったりすることは考えられます。

また、老化により、まぶたの皮膚が被さってきたり、目の上が窪んできたり、老人性眼瞼下垂が進行すれば、二重の幅が狭くなったり広くなったりすることは考えられます。

それらを除けば、正しい手術をした場合に、腫れが引いてから二重の幅が狭くなることはありません。

ただし、手術が上手ではない医者が稚拙な手術をした場合は、切開法であっても、埋没法のように、時間の経過と共に二重の幅が狭くなっていったり、二重のラインそのものがなくなってしまうことがあります。

本当に、二重まぶた切開法をして、完全に腫れが引いた後に二重の幅が狭くなった人がいるのなら、その人は稚拙な手術を受けた可能性があります。

あと考えられるのは、二重まぶた切開法を受けて、腫れていて二重の幅が広い状態のとき、その広い二重を気に入ってしまい、腫れが引いて完成した後に物足りなくなり、手術前に設定したデザインの幅より狭くなったと錯覚している人もいるかもしれません。

あるいは、カウンセリングのときや手術前に二重の幅を決めるとき、医者と患者の間で何らかの行き違いがあったことも考えられます。

重瞼棒で二重のラインを作って鏡で確認するときに、眉毛を上げていたり、鏡を自分の顔の正面ではなく下のほうに構えていたり、普通に目を開けていなくて弱めに目を開けていたりすれば、手術後に腫れが引いて、思ったより二重の幅が狭くなっているということも考えられます。

いずれにせよ、手術の上手な医者が正しい手術をした場合は、6ヶ月以上経過して完全に腫れが引いてから幅が狭くなることは通常ありません。

手術前に重瞼棒で二重のラインを作り、鏡で確認してもらった幅が、完全に腫れが引いて完成したときのラインです。

もし、希望のラインよりも幅の広いラインで設定して手術をすれば、完全に腫れが引いて完成したとき、当然、希望のラインよりも幅の広いラインで完成してしまいます。

手術前に二重のラインを確認するときは、希望のラインで設定すれば大丈夫です。

くれぐれも希望のラインよりも広いラインを要望しないようにしてくださいね。

もともと二重なのですが、さらに二重の幅を広げる手術はできますか?

Array 医師

森本 剛 医師

はい、可能です。末広タイプや幅の狭い平行タイプから、幅の広い平行タイプにするといったことなどができます。埋没法では二重の幅を広くすると元に戻りやすいため、このミニ切開法または全切開法が適しています。まぶたの皮膚や脂肪がさほど厚くなければ、ミニ切開法でよいと思います。二重の幅が広いと華やかな目もとになり、アイメイクも存分に楽しめるので、検討してください。

他院の修正もお気軽にご相談ください

  • 他院で埋没法をやってみたけど、仕上がりに満足行かない
  • 二重のラインが思っていたものと違った
  • 幅やラインを変えたい
  • 年齢に合わせた二重にしたい
  • 埋没法の糸を取りたい(抜糸)
  • このようなご希望のある場合もご相談ください。
    高須クリニックには、経験を積んだ形成外科の専門医や修正手術のプロフェッショナルが多数在籍。
    しっかりとカウンセリングを行い、一人ひとりの状態と希望に合わせて、治療方法をご提案します。

高須の二重整形施術一覧

メスで切らずに早く取れにくい二重まぶたに

二重まぶた・埋没法

片目:¥55,000(税込)※一針固定法

メスを使わず自然な二重に。たった10分程度で完了する、リーズナブルな二重術。日本で初めての開発元として、取れにくい方法で固定します。

よりはっきりわかる半永久二重に

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

片目:¥148,500(税込)

わずかな切開で、二度と元に戻らない二重を。まぶたが厚い方や、埋没法で元に戻ってしまった方に適しています。

二重まぶた・全切開法

片目:¥148,500(税込)

幅の広い二重を望む方や、まぶたが厚く腫れぼったい方に。まぶたの脂肪もすっきり取って、はっきりくっきりとした永久二重に仕上げます。

目が重く見えて開きにくい

眼瞼下垂(デカ目整形)

片目:¥385,000(税込)※通常手術の場合

まぶたの開きを大きくして目の縦幅を広げれば、憧れのデカ目に変身。目を開くときの負担も減るので、目が疲れやすい方もご検討ください。

切れ長の目になりたい

目頭切開

片目:¥148,500(税込)

離れている目を近づけたい方や切れ長の目を望む方に。目頭から上まぶたにかけてかぶさっている皮膚を切開すると、目の横幅が広がって、はっきりとした切れ長の目になります。

目尻切開

片目:¥148,500(税込)

外側に目を大きくして切れ長の目に。目尻を切開することで下まぶたのカーブも緩やかになり、細くキツイ印象の目もやさしいまなざしになります。

目元のたるみを解消したい

サーマクールアイFLX

¥165,000(税込)

“切らないフェイスリフト”とも呼ばれるサーマクールFLX。目もと専用チップが開発されたことによって、目元のたるみ治療が可能になりました。

上まぶたたるみ取り

片目:¥192,500(税込)

加齢とともにたるんできた上まぶたの皮膚を引き上げます。たるみだけを取ることも、この機会に目をはっきりさせることもできます。

眉下リフト(上眼瞼リフト)

片目:¥192,500(税込)

目は加齢による影響が最も出やすい部分。伸びてしまった余分な皮膚を取り除き、一気にすっきりすることで、目の形を変えずにたるみだけを取ることができます。

ブローリフト

¥385,000(税込)

下がった眉をぐっと引き上げれば、上まぶたのたるみも改善。
瞳まで大きく強調され、顔全体が美しく印象的になります。

目の下のたるみ取り

片目:¥275,000(税込)

加齢とともにたるんできた目の下の皮膚を引き上げます。たるみだけを取ることも、この機会に目をはっきりさせることもできます。

腫れぼったさを解消したい

上まぶたの脂肪取り

片目:¥148,500(税込)

無愛想に見られがちだった腫れぼったい目も、すっきりと優しい印象に。腫れぼったい目の原因となる目の上の脂肪をすっきりと取り除きます。

脂肪溶解注射メソシェイプフェイス

片目:¥66,000(税込)

厚く目を覆った上まぶたの皮下脂肪を、イタリアン・メソシェイプ(イタリアンメソセラピー)・脂肪溶解注射ですっきり溶かし、涼しげでやさしい印象の目元へ。

目の下の脂肪取り

片目:¥275,000(税込)

化粧では隠せなかった“目袋”を改善して、美しく。膨らみの原因である脂肪をすっきりと取り除きます。

目の下のクマを解消したい

目の下のクマ治療

1本:¥110,000(税込)※ヒアルロン酸の場合

クマの原因に合わせて、最適な施術を選択。化粧品やエステでは改善されなかったクマも、さまざまな美容医療なら確かな結果を出すことができます。

かわいい目になりたい

垂れ目(パンダ目)形成

ボツリヌストキシン注射

なみだ袋形成

まつ毛

逆さまつ毛修正

まつ毛、眉毛の植毛

まつ毛育毛グラッシュビスタ

他院修正

他院で受けた手術の修正

蒙古ひだ形成・目頭切開後の修正

ヒアルロン酸分解・溶解

当サイトは高須クリニック在籍医師の監修のもとで掲載しております。

2018年6月1日に厚生労働省より施行された医療広告ガイドラインに基づき、
当院の所属医師による監修のもと医療機関として、ウェブサイトを運営しております。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

電話受付時間:9:30〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
診療時間:10:00〜19:00

SNS
オフィシャルアカウント

全国の高須クリニックの
医院一覧