近頃ご相談の多い肝斑(かんぱん)は、両方の頬に左右対称に細かな色素沈着が浮き出るもの。人によっては、あごや額に出ることもあります。改善は難しいといわれてきましたが、さまざまな美容医療を取りそろえた高須クリニックなら大きな実感を。以前のような明るく澄み渡る肌を手に入れてください。

お悩みやご希望は
なんですか?

経験豊富なドクターが
ひとつひとつ
丁寧にお応えします。

  • 年とともに頬の上の色素沈着が目立ってきた

  • あごや額がだんだん黒ずんできた

  • 化粧ではなかなか肝斑を隠し切れない

  • 肝斑のせいで老けて見られる

  • いろいろ試したが改善されなかった

  • 痛みや腫れがなく、肝斑を改善したい

  • 肝斑の改善と同時に、エイジングケアをしたい

肝斑とは?

肝斑とは両方の頬に左右対称の色素沈着が浮き出るものを指します。人によっては、あごや額にできることもあります。
肝斑は比較的広い範囲に輪郭がぼやけた状態で広がっていきます。それにより顔の印象が暗く見えてしまうことがあります。

肝斑の治療法は内服薬(飲み薬)か外用薬(塗り薬)、レーザー治療があります。一般的なレーザーでは治療が困難なので、特殊な照射方法で治療します。原因や状態によって治療法が異なります。

なぜ肝斑ができてしまうのか?

そもそもなぜ肝斑のようなしみができてしまうのでしょうか?

女性ホルモンのバランスが乱れることで肝斑ができると言われています。妊娠や経口避妊薬の服用後に肝斑が発生することが指摘されています。また、肝斑は30-40代の女性に発生しやすく、高齢者ではほとんど発生しません。そのため、女性ホルモンのバランスが肝斑と密接な関係があるとされています。
また、ストレスの影響などでホルモンバランスが乱れると、肝斑がさらに濃くなることもあると言われています。

さらに、紫外線によるメラニンの過剰な発生も肝斑を悪化させる原因と考えられています。紫外線が当たると、表皮の一部を構成しているメラノサイト(色素細胞)でメラニンという色素が発生し、蓄積していきます。メラニンは表皮の一部を構成しているケラチノサイト(表皮細胞)という細胞に受け渡され、紫外線から細胞核を守る働きを果たします。
メラニンはケラチノサイト内に留まり、細胞核を守る働きを果たした後、肌のターンオーバーによって、次第に消えていきます。
しかし、長時間や大量の紫外線を浴びると、肌のターンオーバーに合わせて完全に消えず、滞留してしまいます。これが色素沈着のしみの正体です。

肝斑の種類

肝斑の種類は主に3種類あります。

1. 頬骨に沿ってできた肝斑

頬骨に沿って左右対称に広がった肝斑です。
顔全体の印象が暗く見えやすくなります。

2. あご、額にできた肝斑

あごや額にできた肝斑です。このケースは左右対称の肝斑にならないこともあります。さらに、口周りやこみかみ等にも表れる可能性があります。

3. 広範囲に広がった肝斑

左右対称に広がった肝斑です。日焼けによるしみも併発しているケースもあります。

高須が選ばれるポイント

  1. ①厳選した素材と機器
    美しい仕上がりを目指して、質の良い塗り薬や肌にやさしいケミカルピールなど、すべてを厳選しています。
  2. ②充実のカウンセリング
    じっくり悩みとご希望をうかがうとともに、豊富な症例写真なども提示。その方の肝斑に合わせた、最適な施術をご提案します。
  3. ③専門医が丁寧に施術
    美容皮膚科のプロフェッショナルが、その方の肌状態を考慮しながら丁寧に施術します。

高須クリニックなら
あなたのイメージ通りに!

肝斑治療の施術内容・料金

機器を使う施術法

薬品を使う施術法

針・糸を使う施術法

注射・点滴を使う施術法

肝斑治療の症例写真

AlexTriVantage(アレックストライバンテージ)皮膚良性色素性疾患治療用レーザーを使って肝斑が改善した症例

  • Before

  • After

  • Before

  • After

  • Before

  • After

  • Before

  • After

執刀医:高須英津子 医師

フォトフェイシャルM22IPL(インテンシブパルスライト)AlexTriVantage(アレックストライバンテージ)皮膚良性色素性疾患治療用レーザーを使って肝斑が改善した症例

  • Before

  • After(3ヶ月後)

  • Before

  • After(3ヶ月後)

執刀医:高須英津子 医師

トレチノイン・ハイドロキノンの効果で肝斑が改善された症例

  • Before

  • After

  • Before

  • After

執刀医:高須英津子 医師

イタリアンリフトファイン吸収糸を使った肌のハリを出す治療によって肝斑が改善した症例

  • Before

  • After(6ヶ月後)

  • Before

  • After(6ヶ月後)

執刀医:高須幹弥 医師

AlexTriVantage(アレックストライバンテージ)皮膚良性色素性疾患治療用レーザーレーザー照射でシミ、肝斑、そばかす、あざを改善する施術

AlexTriVantage(アレックストライバンテージ)皮膚良性色素性疾患治療用レーザー

レーザー(肝斑)頬 ¥33,000(税込)
レーザー(しみ1cm×1cm) ¥11,000(税込)※外用薬の料金が別途必要となります
刺青(タトゥー)除去 レーザー(1cm×1cm) ¥11,000(税込)

【銀座高須クリニック、名古屋、大阪】

AlexTriVantage(アレックストライバンテージ)皮膚良性色素性疾患治療用レーザー

フォトフェイシャルM22IPL(インテンシブパルスライト)光照射を行いニキビ・ニキビ跡を改善する施術

フォトフェイシャルM22IPL(インテンシブパルスライト)

顔全体 ¥33,000(税込)

【全院】

顔全体(ナース施術) ¥22,000(税込)
顔全体(ナース施術)3回コース ¥59,400(税込)

【横浜、名古屋、栄、大阪】

アクネモード ¥33,000(税込)

【銀座高須クリニック、横浜、名古屋、栄】

アクネモード(ナース施術) ¥22,000(税込)
アクネモード(ナース施術)3回コース ¥59,400(税込)

【横浜、名古屋、栄】

肝斑モード ¥33,000(税込)

【銀座高須クリニック、横浜、名古屋、栄】

肝斑モード(ナース施術) ¥22,000(税込)
肝斑モード(ナース施術)3回コース ¥59,400(税込)

【横浜、名古屋、栄】

オプション 赤ら顔モード 両頬のみ ¥22,000(税込)

【全院】

フォトフェイシャルM22IPL(インテンシブパルスライト)に加えて、各種イオン導入を施術希望の場合は、イオン導入を通常料金の半額でお受け頂けます。

AlexTriVantage(アレックストライバンテージ)皮膚良性色素性疾患治療用レーザー

レーザー(肝斑)頬 ¥33,000(税込)
レーザー(しみ1cm×1cm) ¥11,000(税込)※外用薬の料金が別途必要となります
刺青(タトゥー)除去 レーザー(1cm×1cm) ¥11,000(税込)

【銀座高須クリニック、名古屋、大阪】

フォトフェイシャルM22IPL(インテンシブパルスライト)

AlexTriVantage(アレックストライバンテージ)皮膚良性色素性疾患治療用レーザー

トレチノイン・ハイドロキノン塗り薬で行う肝斑・ニキビ改善治療

トレチノイン・ハイドロキノン

初回基本価格 ¥45,100(税込)※内服薬の料金は含んでいません
2回目以降 処方された薬代のみ

【全院】

イタリアンリフトファイン吸収糸を使った肌のハリを出す治療溶ける糸を挿入してタルミを引き上げる施術

イタリアンリフトファイン吸収糸を使った肌のハリを出す治療

顔全体(額、コメカミ、目尻、目の下、頬) ¥330,000(税込)
首全体 ¥330,000(税込)
デコルテ ¥330,000(税込)
バスト ¥330,000(税込)
お腹 ¥330,000(税込)
ヒップ ¥330,000(税込)
手の甲 ¥330,000(税込)

【全院】

イタリアンリフトファイン吸収糸を使った肌のハリを出す治療

肝斑治療のよくあるご質問

『肝斑』というしみに悩んでいます。治療方法はありますか?

高須 敬子 医師

高須 敬子 医師

肝斑は、2~3ヶ月の期間、塗り薬をつけて治すトレチノイン治療が最適です。
肝斑は、ホルモンバランスの影響によるしみで、通常のしみ取りのレーザーでは効果がないばかりか、よけいに色を濃くしてしまう事があります。トレチノイン治療は表皮にあるメラニン色素を外に出してしまう働きを持っており、表皮の細胞を活発に増殖させ、メラニン色素の少ない、きれいな新しい皮膚に置き換えます。トレチノイン治療は肝斑や色素沈着、特に色の薄いしみに効果を発揮致します。

最近しみができてしまいました。しみを取る場合はどのような治療になるのでしょうか?

高須 英津子 医師

高須 英津子 医師

しみの治療には、大きさや濃さなどの状態、また患者様のご希望などにより、様々な選択肢があります。例えば薬剤を塗布するケミカルピーリング、光や高周波治療のフォトフェイシャルM22、フォトRF。これらには、しみを改善しながら美肌効果もあります。他にもスキンケア感覚でケアできる塗り薬のトレチノイン治療もあります。また輪郭のはっきりしたしみであればしみとりレーザー治療で改善可能です。

ほほに直径1cmの茶色っぽいしみがあります。消すことは可能ですか?

高須 英津子 医師

高須 英津子 医師

色の薄いものでしたらトレチノイン(塗り薬)治療が有効です。また輪郭のはっきりしたしみであればレーザー治療で改善可能です。フォトフェイシャルM22、フォトRFの光や高周波治療はしみを改善しながら美肌効果もあります。しみには色々な種類があり、その状態を診て医師が最も適した処置を考え、ご提案いたします。

塗り方のコツを教えてください。

高須 英津子 医師

高須 英津子 医師

まず、トレチノインを約2ヶ月、洗顔後の清潔な肌に朝晩2回、忘れずに塗ることが大切です。この時、薄くしたい部分からなるべくはみ出さないようピンポイントで塗ってください。2ヶ月のトレチノイン治療終わったら、約1ヶ月のハイドロキノン治療に入ります。塗り方はトレチノインと同様です。この合計3ヶ月の間、基本的には2週間毎に一度、診察にお越しいただきます。より効果を引き出すために、その方の経過によって薬の濃度などを調節することがあります。

肝斑の治療で、トランサミンとシナールの内服薬を皮膚科で処方してもらっています。自費なので月に4,400円(税込)くらいかかりますが、内服薬は効果がありますか?

高須 英津子 医師

高須 英津子 医師

当院の女医は、トラネキサム酸やシナール、ユベラなどを内服している人が多いです。
飲み続けていると、肝斑をはじめとしたしみが濃くならないだけでなく目立たなくなっていくのを実感しています。出産後に肝斑やしみが出る方も多いので、そうした時期のコントロールとして利用してもいいでしょう。

飲み方としては、夏の間は朝昼晩または朝晩、秋冬は夜だけにするなど、季節と自分の肌の状態を見ながら調整するのが一般的です。春夏の日差しの強いときには、メラニンを作りやすい時期になので、それに対抗していくために飲む量を増やし、秋冬は日差しが弱くなってくるので、夏に何とか濃くしないでいたものを冬はキープしていくというイメージです。
美白に力を入れている女医さんを見ると、冬も朝昼晩しっかり飲んでいる方もいらっしゃるので、真っ白な肌でいたい方は1年を通じて朝昼晩飲んでもいいと思います。

高須クリニックでももちろん自費になりますので、月に4,400円(税込)~5,500円(税込)ほどかかかりますが、美白の内服薬はおすすめです。ぜひ続けてください。

施術方法は200種類以上

どんなお悩みでも
ご相談ください

当サイトは高須クリニック在籍医師の監修のもとで掲載しております。

2018年6月1日に厚生労働省より施行された医療広告ガイドラインに基づき、
当院の所属医師による監修のもと医療機関として、ウェブサイトを運営しております。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

電話受付時間:9:30〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
診療時間:10:00〜19:00

SNS
オフィシャルアカウント

  • 【高須クリニック】LINE公式アカウント

全国の高須クリニックの
医院一覧