頬の赤みや赤ら顔、赤く炎症したニキビ、赤みのあるニキビ跡や赤あざ、さらには赤く盛り上がったケロイド…こうした赤みのある症状に効果を発揮するのが、『Vビーム赤味除去色素レーザー』。赤い色素のみに吸収されるレーザー光を当てる治療です。赤い色素だけに反応することで、赤みの原因となっている余分な毛細血管や色素が除去され、他の皮膚と色調を揃えることができます。
治療は、気になる部分にVビーム赤味除去色素レーザーを照射するだけ。麻酔の必要もなく、わずか5~15分程度で終了します。1回の施術でも赤みが薄くなったのを実感できますが、通常3回以上行うと、他の皮膚と変わらぬようになっていきます。


Vビーム赤味除去色素レーザーに使用する機器

一人ひとりに合わせて、最適ショット

一口に赤みのある症状といっても、原因や状態は人それぞれ。赤みのある部分に、まんべんなくVビーム赤味除去色素レーザーを照射すればいいというものではありません。高須クリニックでは、一人ひとりの状態に合わせて、照射出力や照射位置、ショット回数を調整。効果が実感できる、丁寧な施術を行います。

こんなお悩みをお持ちの方へ

  1. 頬の赤みや赤ら顔(酒皶)を改善したい
  2. 赤く炎症したニキビを治したい
  3. 赤みのあるニキビ跡や赤あざを きれいにしたい
  4. 赤く盛り上がったケロイドを改善したい  
  5. 毛細血管拡張症を改善したい

施術料金

Vビーム赤味除去色素レーザー

1回(500円玉大) ¥30,000

【名古屋、栄】

リスク・副作用・合併症について

Vビーム赤味除去色素レーザーVビーム赤味除去色素レーザー

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

症例のご紹介

Vビーム赤味除去色素レーザー ニキビ跡の赤みを治療

  • Before

  • After

高須 幹弥 医師

担当医からのコメント

高須 幹弥 医師

ニキビ跡による赤みの治療をVビーム赤味除去色素レーザーで行った男性。Vビーム赤味除去色素レーザーは、赤い色素だけに反応し、赤みの原因となっている余分な毛細血管や色素を除去します。1ヶ月おきに数回、Vビーム赤味除去色素レーザーを照射することで、徐々に赤みが消え、目立たなくなってきました。

「Vビーム」 料金 1回(500円玉大) ¥30,000 【名古屋 、栄 】
「Vビーム」 リスク・副作用・合併症 肌のほてり・発赤(照射後/肌が弱い方・敏感肌の方)

小学生・中学生・高校生のニキビ治療~Vビーム&フォとフェイシャルM22コンビネーション~(高須英津子の場合)

小学生・中学生・高校生のニキビ治療について、解説させていただきます。

術式について

当院では小学生・中学生・高校生の患者様のニキビ治療も行っています。
昨今は昔に比べて成長が早いこともあり、小学4年生くらいからニキビに悩まされ、中学受験などを控えていることによるストレスからニキビがひどくなる方もいらっしゃいます。またニキビに悩まれる中学生や高校生、大学生の男性患者様も多いです。
ニキビの赤みは、いまや青春のシンボルなどではなく早めに治療をする時代です。皮膚科で処方された薬を塗布してもなかなか治らないニキビには、フォトフェイシャルM22とVビームによるレーザー治療が効果的です。

地元の皮膚科さんで、外用薬を塗っていてますが、化膿したニキビも散在しています。

化膿しているひどいニキビには、まず面圧処置というニキビの膿を出す処置を行います。処置をした方が、早くニキビが治ります。

その後、フォトフェイシャルM22をアクネモードにして照射を行います。

アクネモードは、ブルーの光が出て、ニキビの細菌の殺菌効果があります。

冷たいジェルを塗ってから、照射します。アクネモードはニキビの細菌の殺菌効果があります。

さらに、面圧処理をした化膿していたニキビの箇所にVビームを照射します。Vビームは血管内のヘモグロビンをターゲットとしたレーザーで、ニキビの赤みを早く改善する効果があります。
ニキビ跡の赤みの範囲が広い場合には、フォトフェイシャルM22の赤み治療モードを照射する場合もあります。照射した部分には赤みが出ますが、翌々日頃には赤みが引いてきます。

症例のご紹介

フォトフェイシャルM22 / Vビーム ニキビの治療

  • Before

  • After

高須 英津子 医師

担当医からのコメント

高須 英津子 医師

これらの治療を1ヶ月毎に3回程度行うとかなりきれいになりますが、新しいニキビができないようにコントロールする必要があり、薬の内服や外用薬も必要となります。ニキビは跡が残りやすいため、早めに治療を行い、ある程度の年齢になりニキビができにくくなるまでコントロールしながら、うまく付き合っていくことが大切です。

「フォトフェイシャルM22」 料金 顔全体 ¥30,000 【全院 】 / 赤ら顔モード 両頬のみ ¥20,000 【全院 】 / アクネモード ¥30,000 【東京 、横浜 、名古屋 、栄 】 / 肝斑モード ¥30,000 【東京 、横浜 、名古屋 、栄 】
※フォトフェイシャルM22に加えて、各種イオン導入を施術希望の場合は、イオン導入を通常料金の半額でお受け頂けます。
「Vビーム」 料金 1回(500円玉大) ¥30,000 【名古屋 、栄 】
「フォトフェイシャルM22」 リスク・副作用・合併症 肌のほてり・発赤(照射後/肌が弱い方・敏感肌の方)
「Vビーム」 リスク・副作用・合併症 肌のほてり・発赤(照射後/肌が弱い方・敏感肌の方)

施術の流れ

当院ではお客様がご納得いくまでカウンセリングを行い、施術後のアフターケアもしっかりとサポートさせていただきます。

術前・術後の注意事項・アフターケア

施術時間 約5~15分
術後の通院 なし
術後の腫れ ほてった感じに赤くなることあり(個人差あり)冷却してから帰宅
カウンセリング当日の治療 予約に空きがあれば可能
入院の必要性 なし
麻酔 なし

リスク・副作用・合併症について

  • 皮膚の発赤などについて

    Vビームのリスク、副作用、合併症に、照射後の皮膚の発赤、ほてりがあります。
    全ての人に生じるわけではありませんが、肌が弱い人や敏感肌の人に強いエネルギーで照射した場合に肌が赤くなり、ほてった感じになります。
    その場合、照射後に保冷剤で肌を冷やしていただくと数分~数十分程度でほとんど赤みやほてりは引いてしまいます。
    また、肌が強い人に関しては、ほとんど赤みやほてりが出ない場合もあります。

ドクターズボイス

高須敬子医師

高須敬子 医師

皮膚の赤みは、なかなか改善するのが難しく、仕方がないと諦めている方も多いようです。けれどもこのVビーム赤味除去色素レーザーなら、透明感のある美しい肌色に。例えは、冬にりんごほっぺになってしまう場合もかなり改善できるので、ぜひ一度、カウンセリングを受けてみてください。

この治療法で用いられる医薬品・医療機器は国内においては薬機法上の承認を受けていません。
入手経路等の明示
*承認を受けていない医薬品・医療機器について「個人輸入において注意すべき医薬品等について」のページをご確認ください。
https://www.yakubutsu.mhlw.go.jp/individualimport/healthhazard/

施術方法は200種類以上

どんなお悩みでも
ご相談ください

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

受付時間:9:30〜22:00(日・祝日は21時まで)
診療時間:10:00〜19:00

全国の高須クリニックの
医院一覧