【施術クリニック】東京、横浜、名古屋、大阪

特徴

副乳の特徴

『副乳(ふくにゅう)』とは、通常左右に1つずつとされる乳房以外に乳頭が存在するもの。人間の進化の過程で消えたはずの乳房が偶然残ってしまったもので、ワキの下や通常の乳房の下などに多く、左右対称に現れることもあります。
副乳には乳頭だけの場合と、乳輪や乳腺まで発達している場合も。こうした状況に合わせて、イボのように突起している副乳を何もなかったようにすっきり取り除くことができます。
取り除く方法は、ほくろやイボと同じ。乳頭だけの小さなもの、通常5mm以下のものは、CO2レーザーを使ったわずか5分ほどの治療できれいに。それ以上の大きさで乳輪や乳腺まである場合も、メスで切除して縫い縮めることで、きれいに切除可能です。

ページトップへ戻る

このような方に向いています

  • 目立つ副乳がある
  • 半永久的な効果を望んでいる

ページトップへ戻る

症例のご紹介

■両わきの巨大な副乳を手術で切除した症例写真
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、両わきにある副乳を気にされて来院されました。
副乳は乳腺と皮下脂肪が発達して、大きく膨らんでおり、乳輪と乳頭もしっかりと存在しました。
手術は局所麻酔下に、乳輪と乳頭を含めて、ぼう垂型に余っている皮膚を切除し、乳腺とその周りの皮下脂肪を除去した後、丁寧に皮膚を縫合しました。
術後は両わきの膨らみと乳輪、乳頭はなくなり、自然になりました。
わきのシワに沿った傷がつきますが、時間の経過と共にシワと同化していき、目立たなくなっていきます。

ページトップへ戻る

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 約5分程度(レーザー治療の場合)
術後の通院 なし
術後の腫れ なし
カウンセリング当日の治療 可能
入院の必要性 なし
麻酔 クリーム麻酔と局所麻酔併用

ページトップへ戻る

ドクターズボイス

高須幹弥医師

自分では気がついていなくても、よく見ると副乳のある人は多いもの。大きくて目立つようなら、この機会にすっきりと取り除いてしまいましょう。美しさにこだわる当院の技術なら、傷跡が目立つこともなくきれいに仕上げられますよ。

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

    ※効果には個人差があります。

    文字サイズ
    小 中 大