新型コロナウイルス感染予防対策についての
当院の対応につきまして

「PRP液」とは何ですか?

高須 英津子 医師

高須 英津子 医師

ご自身の血液から高濃度の血小板血漿を抽出し、老化した皮膚や凹凸のある肌に注入することで、それらを再生(改善)する成分です。
お肌に注入された血小板からは様々な成長因子が放出され、コラーゲンやヒアルロン酸の生産が増加し、しわ改善をはじめ、皮膚に総合的なエイジングケア効果が現れます。お肌のエイジングケア治療の他、薄毛治療にも有効な成分です。

窪んだ目でも可能ですか?

高須 幹弥 医師

高須 幹弥 医師

はい、可能です。ただ二重のラインを出したい方で窪みが深く大きな場合は、二重のラインが出にくいことがあります。その場合は、上まぶたのたるみを取ったあとに窪み部分にヒアルロン酸を注入し、これによって二重のラインを作ることががあります。その方の状態やご希望に合せて、よりご満足いただける仕上がりを目指します。

二重にはしたくないのですが、一重のままでたるみ取りだけできますか?

高須 克弥 医師

高須 克弥 医師

はい、可能です。上まぶたのたるみ取りにはいくつか種類があり、眉毛の下を切開する眉下リフト(上眼瞼リフト)法もしくは奥二重のラインでたるみを取る方法では、現在の一重や奥二重の状態を変えることなく、上まぶたをすっきりさせることができます。お一人おひとりの目の状態やご希望に合わせ、適切な手術法をご提案させていただきます。

腫れはどれ位で完全に引きますか?

清水 弘己 医師

清水 弘己 医師

個人差はありますが、強い腫れは7~10日程度です。医学的に完全に腫れが引いた状態となるのは、約6ヶ月です。個人差はあるにせよ、腫れは日毎に引いていきます。どの段階でご自身が気にならなくなるかということのほうが大きいかもしれません。

手術直後は、他の人から見たら分かりますか?

高須 幹弥 医師

高須 幹弥 医師

上まぶたのたるみ取りは切開手術なので、術後数日はどうしても腫れが出てしまいます。腫れの状態には個人差があり、また相手の観察力など感覚にもよるかと思いますが、近くでじっと目もとを見れば、いつもと違っているのが分かるかもしれません。ですが、眼鏡やつばのある帽子などを利用していただければ、気にならないことが多いです。

余分な脂肪があったら除去してもらえますか?

奥田 裕章 医師

奥田 裕章 医師

たるみに影響する余分な脂肪があった場合、医師の判断で除去させていただきます。ただし、脂肪を取り過ぎるとまぶたがくぼみ、老けた印象になってしまいます。そうならないよう、適切な量を除去いたします。脂肪を取るべきか否か、またどれくらい取るべきか、事前の丁寧な診察で判断し、さらに実際の手術時に調整していきます。

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税込表示となっております。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

当サイトは高須クリニック在籍医師の監修のもとで掲載しております。

2018年6月1日に厚生労働省より施行された医療広告ガイドラインに基づき、
当院の所属医師による監修のもと医療機関として、ウェブサイトを運営しております。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

電話受付時間:9:30〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
診療時間:10:00〜19:00

SNS
オフィシャルアカウント

全国の高須クリニックの
医院一覧