顔の施術について

目尻切開でタレ目を作ることはできるのか?タレ目形成(下眼瞼下制術、グラマラスライン)との違いは?

目のカウンセリングをしているとよく、「目尻切開でタレ目にすることはできますか?」「目尻切開でつり目を治すことはできますか?」などとご質問いただきます。

私の答えは、「目尻切開はタレ目を作るための手術ではありません」「目尻切開でつり目は治りません」です。

目尻切開には色々な手術術式があり、代表的なものは、目尻を水平に切って垂直に縫う横切り縦縫いする方法、目尻をジグザグに切って、目尻を横に広げつつ横に広がった分上下にも広げる方法などがあります。私に関してはどちらの方法も行いますが、一番よく行うのは、内田法に準じて目尻をWの字に切開し、皮膚のフラップをはめ込んで粘膜と縫合し、余分な皮膚を切除して、皮膚を縫合する方法です。この方法だと、ジグザグに切開して余分な皮膚を切除して縫合するため、目尻を横に広げるだけではなく、横に広がった分を上下にも広げ、より目を大きく見せる効果があります。また、フラップをはめ込むので、後戻りして元に戻ってしまうこともなく、傷痕もほとんど目立ちません。

しかし、この方法に関しても、他の方法に関しても、目尻切開ではタレ目を作ることはできないし、つり目を治すこともできません。タレ目希望の患者様やつり目を治したい患者様にはタレ目形成(下眼瞼下制術、グラマラスライン)をおすすめします。タレ目形成(下眼瞼下制術、グラマラスライン)は、下まぶたの外側を下げる手術なので、目尻切開とは異なる効果があります。

また、目尻切開とタレ目形成(下眼瞼下制術、グラマラスライン)の両方を行うと、外側に広がる上に下にも広がるため、相乗効果でよりタレ目っぽく、より目を大きく見せることができます

■目尻切開
目尻を切開して、横幅を広げる施術です。
タレ目を作る、またつり目を治す施術ではありません。

■タレ目形成(下眼瞼下制術、グラマラスライン)
垂れ目やつり目を治すならば、下まぶたの外側を下げる手術「タレ目形成(下眼瞼下制術、グラマラスライン)」が最適です。

垂れ目(パンダ目)形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術)


(1ヶ月後)

⾼須 幹弥 医師

担当医からのコメント

⾼須 幹弥 医師

つり目できつく見られるのが、ずっとコンプレックスでした。少し目尻を下げて垂れ眼にすることで、目もと全体がやさしい印象になりました。
垂れ目の可愛らしさは普遍的なものですが、今は特に人気モデルやタレントに多いタイプ。垂れ目に見えるメイクも流行中です。
垂れ目形成は、若い女性を中心にとても人気の高い施術になっています。

施術料金

垂れ目(パンダ目)形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術)

片目 ¥135,000
両目 ¥250,000

【東京、横浜、名古屋、大阪】

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

受付時間:9:30〜22:00(日・祝日は21時まで)
診療時間:10:00〜19:00