顔の施術について

埋没法で二重を作った後、ミニ切開法や全切開法で二重を作った場合、二重の印象は変わるのか?

よくメールのお問い合わせなどで、「以前に埋没法で二重にしているのですが、今度同じラインで切開したいと思っています。その場合、目の印象は変わりますか?」と御質問いただきます。私の答えは、「ケースバイケースであり、大きく変わることもあれば、ほとんど変わらないこともあります。」です。


まぶたの構造

ミニ切開法や全切開法は、埋没法と違い、眼窩内脂肪やROOFを切除することができます(全切開法では皮膚を切除することもあります)。そのため、まぶたが腫れぼったい人が切開して、眼窩内脂肪やROOFや皮膚を切除した場合は、まぶたがすっきりするため、多少印象が変わることになります。これは、埋没法と同じラインで切開しなくて、幅を広げる場合や狭くする場合でも同じことがいえます。ただし、眼窩内脂肪やROOFや皮膚を切除する必要がない薄いまぶたの人の場合は、この効果はありません。

また埋没法は、手術して腫れが引いてしばらくの間はくっきりとした自然な二重を維持していますが、時間が経って糸が緩んでくると、だんだん弱いラインや浅いラインになってしまいます(特に腫れぼったいまぶたの人や幅広い二重を作った場合に生じます)。そのため、埋没法をして腫れが引いたばかりで、糸が緩んでおらず、くっきりと自然な二重の状態で切開法をした場合は、切開法をした後もくっきりと自然な感じはほとんど変わりません

逆に、埋没法をして時間が経って糸が緩んで、浅いラインや薄いラインになっている人が切開法をした場合は、切開法をすることによってくっきりと自然な二重になります。切開することのメリットは、埋没法で作った二重が時間の経過と共に糸が緩んできて、二重の幅が狭くなったり、ラインが浅くなったり、薄くなっていくのに対して、ミニ切開法や全切開法で作った二重はそのようなことは起こらず、半永久的に綺麗な二重のラインが維持できることにあります。

以上の理由で、まぶたが薄くて脂肪や皮膚を切除する必要がない人が埋没法をして、糸が緩んでいない状態で切開法をした場合は、埋没法の二重と切開法の二重がほとんど変わらないことがありますが、それ以外の場合は、二重の印象が変わることが多いです(結果として、埋没法の二重より切開法の二重のほうが自然で綺麗になることが多いです)。

この記事の監修医情報
平成11年
  1. 藤田医科大学医学部卒業
平成11年
~平成13年
  1. 藤田医科大学麻酔救急科に勤務
  2. 麻酔科標榜医取得
平成13年
  1. 藤田医科大学大学院入学。
    形成外科入局。高須クリニック勤務
平成14年
  1. 群馬県立がんセンター頭頚部外科勤務
平成15年
  1. Ivo Pitanguy Institute Postgraduate Course (Brazil) 研修
平成17年
  1. 単一植毛手術の研究にて医学博士取得
平成19年
  1. 日本形成外科学会専門医取得
  2. 高須クリニック名古屋院院長

※施術方法や施術の流れに関しましては、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税込表示となっております。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

当サイトは高須クリニック在籍医師の監修のもとで掲載しております。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

電話受付時間:9:30〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
診療時間:10:00〜19:00

SNS
オフィシャルアカウント

  • 【高須クリニック】LINE公式アカウント

全国の高須クリニックの
医院一覧