ボディの施術について

バストの脂肪注入豊胸で、たくさん脂肪吸引できるようにするために、手術前に太るのは意味があるのか?

バストの脂肪注入豊胸希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「私は元々痩せていてあまり採る脂肪がないので、手術前に太ったほうがいいですか?」「バストの脂肪注入は、たくさん脂肪吸引で脂肪を採るほうが胸が大きくなるから、手術前に太ってきたほうが得ですよねー?」などのご質問をいただきます。

私の答えは、「バストの脂肪注入をするために、あえて手術前に太るのはあまり意味がないのでおすすめしません」です。

もしも、患者様が、病気やストレスなどによって、一時的に痩せてしまい、平常時よりも体重が落ちているのならば、病気やストレスを克服して、平常時まで体重が戻ってから、脂肪吸引、脂肪注入をするのが望ましいです。しかし、そうではなく、平常時の体重なのに、脂肪注入をするために、あえて手術前に太るのは愚の骨頂です。

確かに、あまり脂肪が採れない人が、手術前に太れば、たくさん脂肪吸引をすることができるようになるため、たくさんバストに脂肪注入をすることができるようになります。ずっとその体重を維持していれば、大きくなったバストも維持することができます。

しかし、また元の体重に戻れば、バストに注入した脂肪細胞に蓄えられている脂肪が少なくなり、脂肪細胞の一つ一つが小さくなって、バストも小さくなってしまいます(手術前の太る前のバストまで小さくなってしまうことはありません)。その場合のバストの大きさは、あえて手術前に太ることをせずに脂肪注入した場合のバストの大きさとほぼ同じくらいになります。

逆に、手術前にあえて太ることをせずにバストの脂肪注入をして、手術後に太った場合は、注入した脂肪細胞の一つ一つが大きくなり、バストも大きくなることになります。ということは、バストの脂肪注入前にあえて太ることは、全く意味がないことになります。むしろ、太ることによって、顔が大きくなったり、皮膚が伸びてたるむなどの弊害もあります。

この記事の監修医情報
平成11年
  1. 藤田医科大学医学部卒業
平成11年
~平成13年
  1. 藤田医科大学麻酔救急科に勤務
  2. 麻酔科標榜医取得
平成13年
  1. 藤田医科大学大学院入学。
    形成外科入局。高須クリニック勤務
平成14年
  1. 群馬県立がんセンター頭頚部外科勤務
平成15年
  1. Ivo Pitanguy Institute Postgraduate Course (Brazil) 研修
平成17年
  1. 単一植毛手術の研究にて医学博士取得
平成19年
  1. 日本形成外科学会専門医取得
  2. 高須クリニック名古屋院院長

※施術方法や施術の流れに関しましては、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税込表示となっております。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

当サイトは高須クリニック在籍医師の監修のもとで掲載しております。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

電話受付時間:9:30〜22:00(日曜・祝日は21:00まで)
診療時間:10:00〜19:00

SNS
オフィシャルアカウント

  • 【高須クリニック】LINE公式アカウント

全国の高須クリニックの
医院一覧