ボディの施術について

バストへの脂肪注入豊胸手術をした後、いつから運動することができるのか?仕事は何日休めばいいのか?

バストへの脂肪注入豊胸手術希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「手術した後、いつから運動していいですか?」「手術をした後、いつからジムに行っていいですか?」「仕事は何日休めばいいですか?」などのご質問をいただきます。

バストの脂肪注入豊胸手術は、二の腕、お腹、ウエスト、背中、お尻、太もも、ふくらはぎなどの余分な皮下脂肪を脂肪吸引し、バストに脂肪注入をします。手術をした後、手術当日から脂肪吸引した部位の抜糸をするまでの約1週間は、短距離を歩いたり、家事をしたり、赤ちゃんを抱っこしたり、事務仕事をする程度のことは可能です。それ以上の激しい運動などをすると、バストや脂肪吸引した部位に負担がかかったり、血行が良くなったりすることにより、腫れや痛みが強くなることがあるので、お控えください。

事務仕事などの軽作業なら手術翌日からでもできるので、事務員やOLの方は手術翌日から出勤して仕事されることもありますが、多少の痛みはあるため、痛みに弱い方は2~3日くらいは休みをとるのが無難です。美容師、理容師、ウエイトレス、居酒屋の店員、看護師、介護士などの仕事も、手術翌日からできることはできますが、やはり2~3日くらい休みをとるのが無難です。約1週間後の抜糸が終わったら、軽い運動から徐々に始めていただいて大丈夫です

軽いウォーキングや、胸周りや吸引した部位以外のエクササイズ、筋力トレーニングなどから徐々に始めていきましょう。ただし、まだ痛みや腫れがある頃なので、運動をして、痛みや腫れが強くなるようでしたら無理はせず、自分の体と相談しながら徐々に体を慣らしていってください。

手術後2週間経過した頃には、痛みや腫れはだいぶ落ち着いているので、胸周りや脂肪吸引した部位のエクササイズや筋力トレーニングも、軽めの動作から始めていただいて大丈夫ですが、痛みや腫れが強くなるようでしたら無理をせず、自分の体と相談しながら徐々に体を慣らしていってください。

手術後4週間経過した頃には、痛みや腫れはかなり治まっているので、もう何をしていただいても結構です。普段通りの運動や、ジムに行って全身エクササイズや、全身の筋力トレーニングをしていただいて大丈夫なので、運動をお楽しみください。

症例写真
■純粋濃縮脂肪注入豊胸 左右180CCずつ


高須幹弥医師からのコメント

30代女性の患者様で、妊娠、出産、授乳を繰り返したことにより萎んで小さくなってしまったバストを大きくしたいというご要望で来院されました。

診察させていただいたところ、バストの皮下脂肪と乳腺は萎縮しており、ほぼ平らに近い胸をしていました。

また、授乳を繰り返したことにより、乳頭が伸びていました。

患者様は、できればヒアルロン酸注射やシリコンバッグプロテーゼによる豊胸手術ではなく、脂肪注入でやりたいとお考えでした。

上半身は痩せ気味でしたが、お尻~太もも全体にはそこそこ皮下脂肪が付いていたので、お尻から太もも全体にかけて脂肪吸引し、バストに脂肪注入することになりました。

同時に乳頭縮小手術をして、全体にバランスの良いバストにすることもできることをお話ししましたが、患者様は、まずは脂肪注入だけして様子をみたいということでした。

余分な水分やトリグリセライドなどの不純物を濾過し、濃縮された状態の脂肪を180ccずつ左右のバストに細かく満遍なく全体的に注入しました。

ほぼ60%近くの脂肪が生着し、手術後6ヶ月の時点では、適度に膨らみのある自然で綺麗なバストになりました。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

ピュアコンデンス脂肪注入豊胸純粋濃縮脂肪注入豊胸

¥300,000※別途脂肪吸引代がかかります 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大