シリコンバッグプロテーゼ豊胸手術(乳腺下法)キャプチャ解説。
~高須幹弥の術式の場合~

これからこの患者様にシリコンバッグプロテーゼによる豊胸手術を行います。

 

ワキの下のシワに添って数cm皮膚を切開し、乳腺下に245ccのラウンドタイプのモデラートプロファイルコヒーシブシリコンジェルバッグプロテーゼを挿入します。

バッグのサイズは、事前の診察とカウンセリングで、患者様のご要望を聞き、話し合って決めました。
手術は全身麻酔で行います。

全身麻酔は麻酔専門医が行います。

手術の執刀は私一人が責任を持って行います。
全身麻酔がかかったので手術を始めていきます。
全身麻酔中は患者様の意識はありません。

最初に、切開するワキの下の皮膚のデザインした部分にエピネフリン(血管収縮剤)入りの局所麻酔液を注射をします。

麻酔で完全に眠っているので、痛みは全くありません。

メスでデザイン通りに皮膚切開します。

傷の長さは入れるプロテーゼの大きさによって変わります。
当然、入れるプロテーゼが小さいほど傷が短く、大きいほど傷が長くなります。
なるべく傷が長くならないように、プロテーゼを入れることができる最小限の傷の長さで行います。

先端が鈍のハサミで、皮下脂肪、腋窩筋膜を切開していきます。

 

光源付きファイバー筋鉤で展開し、大胸筋のエッジを出します。

 

大胸筋の固有筋膜の上を滑らせるようにチュームセントカニューラを挿入します。

 

乳腺下にチュームセント液を注入していきます。

チュームセント液の内容は、薄めた局所麻酔液(リドカイン)、エピネフリン(血管収縮剤)、アルカリ緩衝液(メイロン)、生理食塩水です。

プロテーゼが挿入される範囲より一回り広くチュームセント液を注入し、広げていきます。

全身麻酔はプロポフォールをメインで行っており、プロポフォールには鎮痛作用がないため、しっかりとチュームセントの局所麻酔を効かせることが重要です。
また、チュームセント液の血管収縮剤により、手術中の出血量を抑えることができ、手術後の腫れも抑えることができます。

チュームセント液を片側約500cc注入したら、再び光源付きファイバー筋鉤で展開し、大胸筋のエッジを確認します。

綺麗に大胸筋の固有筋膜が見えます。

次に、大胸筋の固有筋膜上(乳腺下)に指を入れ、乳腺下を剥離していきます。

届く範囲内は可能な限り指で剥離するようにします。
なんだかんだ言って、手で剥離するのが確実です。
指が長くて細い外科医向きの私の手は、乳房下溝まで指が届きます。

指での剥離が終わったら、剥離棒を挿入し、更に剥離を進めていきます。

 

指が届かなかった範囲を含め、プロテーゼが入る範囲をしっかりと的確に剥離します。

 

次に、プロテーゼを挿入するために、ワキの傷の上端と下端を2-0絹糸で縫合します。

 

この縫合をしておくと、プロテーゼを挿入する際、傷に負担がかからず、傷が伸びることはありません。

この縫合をせずに無理してプロテーゼを挿入すると、傷に負担がかかり、傷が伸びて、傷跡が長く残ってしまうことがあります(特に乳腺下法の場合は、傷が上方に伸びて、腕を下ろしても傷跡がわきからはみ出してしまうことがあります)。

筋鉤を挿入します。

助手にしっかりと保持させます。

挿入するプロテーゼは、予定通り、245ccのラウンドタイプのモデラートプロファイルコヒーシブシリコンジェルバッグプロテーゼです。

裏面に規格が書かれています。

わきの傷に負担がかからないように両手で丁寧且つ的確に挿入します。

因みに私はケラーファンネルは使用しません。
ケラーファンネルというのは、プロテーゼを挿入するための専用の筒状の袋のことです。
一時期試験的に使ってみたことはあったのですが、わきからの挿入の場合、特別利点を感じず、普段私が行っている方法のほうがスムーズに短時間でプロテーゼを挿入することができるからです。
ケラーファンネルは使い捨ての商品で、一個当たりも非常に高価であり、患者様の経済的負担も考えて、私は使用しておりません。
手術の技術力があり、経験豊富な美容外科医が手術するのであるならば、ケラーファンネルなどは使用せず、絹糸で傷の上端と下端を縫合してプロテーゼを挿入するのがベストだと、私は考えています。

プロテーゼが挿入されたら、剥がし足りなかった部分を追加で剥離します。

特にプロテーゼを外側縁を指で剥離し、下から立ち上がっている結合組織などを鈍的に分断します。

剥離棒も用いて追加で剥離します。

プロテーゼの下縁や内側縁もしっかりと剥離します。
剥離は、プロテーゼがちょうどすっぽり入るスペース分だけ行います。
剥離が足らないと、プロテーゼが中で折れ曲がって入ってしまい、拘縮、変形の原因になります。
剥離をし過ぎてしまうと、プロテーゼの変位する原因や血腫の原因になります。

右側は綺麗にプロテーゼが挿入されました。

 

左側もプロテーゼが挿入されたので、あとはバイポーラーで止血して、傷を縫合して終了になります。

腋窩からアプローチを行う豊胸手術の場合、止血操作を行うことができるのは、傷の鳥羽口だけです。
プロテーゼの周囲、特に内側縁、下縁の穿通枝は、プロテーゼによる圧迫止血によります。
そのために、プロテーゼ周囲の余分な剥離を行わず、手術後にバストバンドで上からプロテーゼを圧迫固定することが重要になります。

乳腺下法で行う場合、大胸筋下法と違い、傷の鳥羽口周囲には太い動脈や静脈は存在しないことが多いです。

特別出血はなかったため、止血操作をする必要はありませんでした。

あとは傷を縫合して終了になります。

最初に4-0PDSで真皮縫合します。
中縫いは、深いところをがっつりかけたりせず、浅いところを軽くかけて縫合するようにします。
手術後にわきから腕にかけてバンドル状に拘縮することを予防するためです。

2~4針程度行います。

中縫いをかけすぎると、やはり、手術後にわきから腕にかけてバンドル状に拘縮することが起きやすくなります。
必要最小限に行い、あとは外縫いで表面を丁寧に合わせるのが良いです。

真皮縫合が終わりました。

 

6-0青ナイロン糸で皮膚の表面を細かく丁寧に縫合していきます。

 

この縫合糸は約1週間後に抜糸をします。

 

手術が全て終了しました。

乳腺下法の場合、立位や座位でも仰臥位でも、プロテーゼは乳房と一緒に重力によって動くので、仰臥位の状態でも、通常のバストの位置にプロテーゼが存在する形になります。

非常に柔らかく、動きがあり、左右のバストを寄せると綺麗に谷間ができます。

 

全身麻酔から覚め、起き上がっていただきました。

手術直後は局所麻酔液やチュームセント液などの影響もあり、胸全体が腫れています。
高須クリニックのプロポフォールをメインとしたTIVA麻酔は、麻酔を切ると数分程度で目が覚めます。
麻酔から覚めたばかりのときは、局所麻酔液やチュームセントが効いているため、痛みはほとんどありません。

6ヶ月後です。

非常に綺麗で自然なバストに仕上がっています。

柔らかく、よく動く自然なバストになっています。

もちろん、谷間もできます。
男性に揉まれてもバレないと思います。

今回解説した施術の動画一覧

関連コンテンツ

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

受付時間:9:30〜22:00(日・祝日は21時まで)
診療時間:10:00〜19:00