その他の施術について

すそワキガの治療について

すそワキガというのは女性の陰部が臭うことをいい、厳密にいうと、ワキガの人で、陰部も臭う状態のことをいいます。

ワキガの原因は、ワキのアポクリン汗腺とエクリン汗腺の数や量が多く、エクリン汗腺からの汗の分泌が多いため、皮膚の表面の雑菌が繁殖し、雑菌がアポクリン汗腺の分泌物を分解して臭いが発生し、汗によって周囲に臭いを撒き散らすというものです。

ワキガの人は、陰部のアポクリン汗腺とエクリン汗腺の数や量も多いため、ワキと同じように陰部も臭うわけです。こういう方に対しての治療は、ワキと一緒でボツリヌストキシンを注射するのが良いです。ボツリヌストキシンを皮膚に注射すると、おもにエクリン汗腺に強く作用し、汗の分泌を強力に抑えます。汗の分泌が減ると、雑菌の繁殖が抑えられるので、臭いの発生が減るうえに、臭いが撒き散らされることもなくなります

しかし、女性の陰部が臭う原因は、すそワキガだけではなく、膣の内部から腐敗臭の様な生臭い臭いがする方もおり、この原因は膣の内部のある特定の雑菌が常在菌として繁殖していることだといわれていて、臭いの強弱はあれ、だいたい5~10人に1人がこれに当てはまるといわれています。このタイプの方はボツリヌストキシンを注射しても効果はなく、残念なことに、このタイプの臭いに対する有効な治療法は現在のところ開発されていないといわれています

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

受付時間:9:30〜22:00(日・祝日は21時まで)
診療時間:10:00〜19:00