20代 / 男性
  • 施術方法

    二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

    • 症例写真,二重まぶたミニ切開法で自然な末広型を作った男性患者様の症例写真,Before,ba_mini_sekkai42_b.jpg

      Before

    • 症例写真,二重まぶたミニ切開法で自然な末広型を作った男性患者様の症例写真,After(4ヶ月後),ba_mini_sekkai42_b.jpg

      After(4ヶ月後)

    高須幹弥医師からのコメント

    担当医からのコメント

    高須幹弥 医師

    20代男性の患者様で、二重まぶた手術希望で来院されました。
    初対面の人が見て、整形したことが分からないような、自然な二重にしたいというご要望でした。
    また、永久に戻らない二重を希望されていたので、二重まぶたミニ切開法で、目を開けた状態でわずかに二重の幅が見える自然な二重を作ることになりました。
    やや蒙古襞が発達しているため、狭い二重を作ったことにより、目頭側の二重は蒙古襞の中に入り、必然的に末広型の二重になりました。
    ミニ切開法であるため、皮膚の切除はしていません。
    眼窩内脂肪は適度に除去しましたが、ROOFは切除していません。
    術後は、患者様の希望通り、整形したことが分からない、自然で、この患者様に合った二重になりました。
    男性は、女性と異なり、ほとんどの人は化粧をしないので、幅の広い二重を作ると、整形っぽくなってしまうことがあります。
    まだ、蒙古襞が発達している人や、まぶたの厚い人に、無理して平行型二重を作った場合も、整形っぽくなってしまうことが多いです。
    整形していることがバレたくない人は、変な欲は出さず、自分の顔に合った、幅の狭い二重の作るほうが良いことが多いです。

  • 料金

    二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)
    片目 ¥135,000 / 両目 ¥250,000【東京、横浜、名古屋、大阪】

    脂肪切除をする場合や埋没法の糸を抜去する場合の費用も含まれております。

  • リスク・副作用・合併症

    二重まぶた・ミニ切開法(部分切開) まぶたの強い腫れ(術後/個人差があります)内出血(術後)仕上がりの左右差(片目ずつ手術をする場合)不自然な二重(無理に二重の幅を広げた場合)仕上がりのわずかな左右差(完璧なシンメトリーは不可)仕上がりが完璧に自分の理想の形にならないことがある二重のラインの癒着がとれる可能性手術後の血腫

術後の経過

手術前

症例写真,二重まぶたミニ切開法で自然な末広型を作った男性患者様の症例写真,手術前,mainpic_mini_sekkai21a.jpg

手術前です。
二重まぶたミニ切開法で、幅の狭い自然な末広型二重を作ることになりました。

手術直後

症例写真,二重まぶたミニ切開法で自然な末広型を作った男性患者様の症例写真,手術直後,mainpic_mini_sekkai21b.jpg

手術直後です。
麻酔の影響でまぶたが腫れぼったくなっています。

1週間後

症例写真,二重まぶたミニ切開法で自然な末広型を作った男性患者様の症例写真,1週間後,mainpic_mini_sekkai21c.jpg

1週間後です。
抜糸をしました。
少しだけ内出血がありますが、あと1週間くらいでほとんど消えるので心配ありません。

4ヶ月後

症例写真,二重まぶたミニ切開法で自然な末広型を作った男性患者様の症例写真,4ヶ月後,mainpic_mini_sekkai21d.jpg

4ヶ月後です。
大きな腫れは引いています。
自然な末広型二重になりました。

施術方法は200種類以上

どんなお悩みでも
ご相談ください

お問い合わせ

高須クリニックお客様コールセンター

フリーダイヤル

0120-5587-10 0120-5587-35

受付時間:9:30〜22:00(日・祝日は21時まで)
診療時間:10:00〜19:00